古城を使用した俳句

古城に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

古城を含む俳句例

古城や菫花咲く石の間/正岡子規

石組みの粗き古城や猫柳/土屋増美

小諸なる古城に摘みて濃き菫/正雄

古城の石かけ崩す寒さ哉/正岡子規

古城は北に聳えて天の川/内藤鳴雪

古城や茨ぐろなるきりぎりす/鬼貫

古城を前にひかへて初霞/正岡子規

屹立の古城の下に滝流れ/渡部よね

弘前の古城に夏の月高し/山口霞牛

囀に古城の塔の時計かな/池内友次郎

山川を古城の襟として涼し/西本一都

雲早し古城の濠に蓮芽吹く/高井北杜

熱き酒あり古城あり十三夜/山田弘子

葡萄畑枯るる古城に登りけり/杉本寛

椎落葉古城に登るすがり綱/鈴木正代

古城のもる人なしに茨かな/正岡子規

中世のままに古城や三日月/熊丸鎮子

松蝉や信濃の山に古城古寺/福田蓼汀

撒水車去りて古城の石畳/山村千恵子

古城趾の冬日真赤に四郎の忌/原菊翁

俳句例:21句目~

同行四人仰ぐ古城の青胡桃/松下晴耕

咲き登る凌霄甲府古城の図/中楯貞女

嵐ふく古城の花に津軽富士/飯田蛇笏

古城の守る人なしに茨咲く/正岡子規

古城やいくさのあとの朧月/正岡子規

古城史を勿忘草の野に遺す/山田弘子

霜くすべ古城の十里十方へ/飯田龍太

かの古城葡萄黄葉の丘を統べ/山本歩禅

伝説も古城も梅雨の水嵩に/稲垣きくの

八月の水ゆたかなる古城の地/飯田龍太

冬の山僧院ありて古城あり/大峯あきら

古城になゐふる春の日中かな/正岡子規

古城址は大きからねど秋の風/高浜虚子

四郎忌の古城趾椿血と燃えて/林秀一郎

干草の匂ひの中の古城かな/片山由美子

年暮るる古城灯すこともなし/福田蓼汀

朧夜の古城ほとりの泊りかな/山田弘子

林檎もぐドイツ古城を眼前に/秋吉智子

照り昃るロココの古城春の雲/山本歩禅

瑞牆山古城のごとし柳絮飛ぶ/岡田日郎

俳句例:41句目~

秋かぜや時に古城にのぼる人/佐藤春夫

草笛を吹けと古城の草萌ゆる/桜木俊晃

煖炉燃ゆ古城めく館中心部/成瀬正とし

蔦すがる古城の石の野面積み/千田一路

蝉咽ぶ他郷信濃の古城址に/中村草田男

雨くらし古城がつたふ雛道具/大島民郎

いと小さき上田の古城麦の秋/福田蓼汀

静雲忌近し古城に遊びけり/有働清一郎

黄落や古城めぐりの二頭立て/船越和香

万緑やラインに絵巻のごと古城/関森勝夫

やや寒の古城象るステーキ店/中戸川朝人

古城址を埋めて樹海ほととぎす/香月道子

古城址に立つ行乞や涅槃西風/小路智壽子

倒影の古城乱してかいつぶり/平井さち子

暮春しづかな古城の端に友の家/飯田龍太

人去りし古城満月引きよせる/城/たかし

崖買わん古城も買わん五月なり/中島斌雄

桐の実鳴る古城の牢の空すこし/小池文子

真冬日の古城のほかは海である/高橋比呂子

やまぐにの古城にあそぶ余寒かな/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

古城址や十薬採りの降りてくる/小原菁々子

古城出てパラソル一つ咲かせけり/中村明子

枯蓮や学舎は古城さながらに/竹下しづの女

かりがねや古城にねむるワイン樽/木下ローズ

鴫突のうたゝ眼にある古城かな/長谷川零餘子

ラグビー叱咤の声はね返す古城郭/鍵和田ゆう子

ラ/マンチャの荒野の古城の今日の泊り遠く夜は寄す沈む日ののち/近藤芳美

タイトルとURLをコピーしました