季語/熊(くま)を使った俳句

俳句例:101句目~

月の輪の消えし月の輪熊に冬/吉田紫乃

熊の前大きな父でありたしよ/横溝養三

風呂吹や火棚に吊す熊の肝/菅原多つを

熊除の鈴のかがやく通草山/福田甲子雄

昨日獲て秋日に干せり熊の皮/相馬遷子

熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む/山口誓子

角砂糖一個に羆たち上がる/伊藤いと子

熊食ふて壺のごとくに黙しけり/平川堯

熊撃たる谺一つで終りけり/伊藤しげじ

武蔵野の尾花に入るか大白熊/椎本才麿

雪の上に魂なき熊や神事すむ/山口誓子

熊罠にかゝりし旗の上りけり/井谷百杉

北極熊棒立ちの涼ふりかぶる/高澤良一

熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む/山口誓子

稲妻や生血したたるつるし熊/正岡子規

鎖襦袢着て美少女は熊突きに/星野石雀

熊撃ちに鹿撃ち道を譲りけり/鶴田玲子

熊舞台一歩は雪を踏むように/対馬康子

冬の日にのけぞる檻の羆かな/太田鴻村

熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む/山口誓子

俳句例:121句目~

熊除けの鈴のきてゆく吾亦紅/和知喜八

稲妻や生血したたるつるし熊/正岡子規

熊撃の庭に仔熊を飼ひゐたり/根岸善雄

熊の皮はたと爪ある余寒かな/坂根と志

熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む/山口誓子

熊出づる夕崩せし白豆腐/長谷川かな女

緋椿に雪を忘れし羆座す/長谷川かな女

熊除の鈴打ち鳴らし下校の子/大島鋸山

熊祭酋長どかと主座にあり/工藤いはほ

凶年を悲しむ鹿や熊を撃つ/百合山羽公

熊の仔のあはれ氷片齧るなる/酒井鱒吉

昨日獲て秋日に干せり熊の皮/相馬遷子

熊穴に入りて始まる村おこし/高橋悦男

熊出れば出た時の事山女釣る/原田柿青

贄の熊ころがり遊び祭まだ/久保田一九

熊の出た話わるいけど愉快/宇多喜代子

熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む/山口誓子

熊ノ湯の湯元ここなり蕗の中/高澤良一

熊ノ湯に入るも一興若葉どき/高澤良一

熊祭雪を染めたることかなし/上牧芳堂

俳句例:141句目~

凶年を悲しむ鹿や熊を撃つ/百合山羽公

熊罠や今夜あたりと思ひけり/依田明倫

熊撃ちに行くとふ微笑髯の中/遠山陽子

熊のよな犬飼うてあり雪の宿/吉田冬葉

熊の前大きな父でありたしよ/横溝養三

熊がでて仕事にならぬ杣飯場/田島緑繁

秋寂びて鎖の熊が眠りをり/加藤知世子

共に秋思人見て檻の熊動く/松原地蔵尊

黍畑に月の輪熊の遊びをり/福田甲子雄

熊の前大きな父でありたしよ/横溝養三

熊の穴見に行く人や残る雪/赤田千久佐

雪の上に魂なき熊や神事すむ/山口誓子

手負熊つひに人家を襲ひしと/上牧芳堂

雪の上に魂なき熊や神事すむ/山口誓子

橡の実の熊好む色してゐたり/右城暮石

熊突や爪かけられし古布子/松根東洋城

雪の上に魂なき熊や神事すむ/山口誓子

熊となり海豹となる夏の雲/法本フミ女

風に幣鳴ればよろこび贄の熊/鎌田薄氷

海のもの山のものとも熊の肝/堀米秋良

俳句例:161句目~

節分や寒気の熊と温気の象/秋元不死男

湖の際に木椅子かがやく熊祭/加藤青女

根切りして折れて飛ぶ枝熊祭/関沢/明

風呂吹や火棚に吊す熊の肝/菅原多つを

熊楠のデスマスクなり大西日/中川禮子

熊の舌鉄柵舐める避暑あつし/殿村莵絲子

穴に入る熊になりたく思ひをり/高木晴子

熊彫の一つ端午を熾んにす/長谷川かな女

熊突が小屋にある時の眼鏡かな/小杉余子

校庭を熊が眺めてゐたりちふ/相生垣瓜人

ひとり煮て熊鍋妻子なかりけり/石川桂郎

熊撃のはにかんでゐる春炉かな/茨木和生

鮭簗のあたりうろつく熊ならず/高澤良一

パンジーの仔熊の顔に似たりけり/森田峠

穴に入る熊になりたく思ひをり/高木晴子

山が荒れ熊が荒れつつ秋終る/相生垣瓜人

ふつ切れぬ一些事檻の熊へ佇つ/奈良文夫

身の闇に降る雪嘗めて檻の熊/金箱戈止夫

鯉こくを食うべて熊の話など/瀧澤伊代次

羆立ちあがりて四温日和なる/伊藤いと子

俳句例:181句目~

みちのくは底知れぬ国大熊生く/佐藤鬼房

パンジーの仔熊の顔に似たりけり/森田峠

檻洗ふ間も熊の仔はもの食めり/田村了咲

校庭を熊が眺めてゐたりちふ/相生垣瓜人

土間暗し吊りたる熊に突当り/白岩てい子

祀らるる熊に月の輪くつきりと/羽生大雪

源太村熊撃ちはみな頭のでかき/満田光生

焚火の輪子の加はれば子の話/熊切三千丸

熊四手の冬芽の側に枯るる果穂/高澤良一

縄跳びをしながらゆけば熊の檻/岸本尚毅

熊まつり木の枝つゑに老婆来る/土屋巴浪

校庭を熊が眺めてゐたりちふ/相生垣瓜人

贄熊に嗅ぎよる犬を箭で叱る/水野波陣洞

熊撃ちし猟夫に一日客絶えず/黒坂紫陽子

土間暗し吊りたる熊に突当り/白岩てい子

熊出づと言布令の灯が村はしる/沼澤石次

与太云って熊の出さうな道下る/高澤良一

荒寥と熊の湯ちかき鳥かぶと/水原秋櫻子

さびた咲き霧の渦まく熊おとし/澤田緑生

すり傷にママの魔法や野に遊び/熊丸淑子

タイトルとURLをコピーしました