季語/暮の春(くれのはる)を使った俳句

俳句例:101句目~

暮の春男がちから出す間なく/鈴木伸一

しづかなる鶏の横顔暮春の訃/香西照雄

氷枕にひたと頭あてゝ暮の春/島田青峰

清水港富士たかすぎて暮の春/飯田蛇笏

画をかいて勧化に報ゆ暮の春/大谷句佛

訪ふ人や訪はるゝ我も暮の春/小杉余子

パリ暮春朝の女神の空濡れし/石原舟月

余命とは暮春に似たり遠眼鏡/中村苑子

喰ひ臥して暮春や額に恋慕角/三橋鷹女

土屋より暮春の月の上りけり/飯田蛇笏

大熊手まだ人波を抜け切れず/鶴原暮春

子等の家泊り歩きに暮春かな/西村公鳳

家並の上大船がゆく暮春かな/石原舟月

何気なく瀬走る魚を見て暮春/飯田龍太

山昏れてよりの親しき誘蛾灯/鶴原暮春

山空のとろりと青き暮春かな/岡田日郎

干潟遠く雲の光れる暮春かな/臼田亞浪

手賀沼の雨に煙れる暮春かな/山田閏子

振り返るたびに春暮の川激す/館岡沙緻

故地旧地めぐり暮春の旅七日/村上杏史

俳句例:121句目~

明治の死暮春一瞬すきとほり/橋本榮治

春暮るる会津に白き山いくつ/岡田日郎

春暮るる屋根裏病舎小窓あけ/石原舟月

春暮るる秩父も奥の皇子の陵/福田蓼汀

春暮れて生簀のなかも白き波/田中灯京

暮春かな帽予忘るる船の中/山田みづえ

桑畑に水音かよふ暮春かな/成瀬桜桃子

機関車庫出て夕月に逢ふ暮春/宮武寒々

水より高きに肉を量りて暮春かな/林桂

水を出て家鴨寄り添ふ暮春かな/安住敦

沼葦に雨のふりこむ暮春かな/石原舟月

泳ぐ友の妖しく青し春暮るゝ/渡辺水巴

退院の途次の暮春の中華蕎麦/高澤良一

無住寺へ帰郷の墓参春暮るる/皆吉爽雨

空林の火に馬ねむる暮春かな/飯田蛇笏

立つひとに暮春の水屋憶昔亭/桂樟蹊子

舞々か暮春になりね花むしろ/椎本才麿

逆潮のひびき鳴門の春暮れつ/臼田亞浪

鉄路暮春大曲りして水際かな/宮武寒々

鏡なす暮春の湖をわたりけり/飯田蛇笏

俳句例:141句目~

陶片に壺の耳ある暮春かな/大岳水一路

髪洗へば暮春なりわが二十代/中山純子

鳥がなく暮春のこころ黙南忌/飯田蛇笏

鴎かけて砂丘の古墳春暮るる/飯田蛇笏

さまざまの情のもつれ暮の春/高浜虚子

ほ句やめし二三子惜め暮の春/野村泊月

旅をへてまた雲に棲む暮春かな/飯田蛇笏

この町のふところ深き暮春かな/石田郷子

この里に命終るべく来て暮春/佐瀬しづ江

岐れゆく道も恋はるる暮春かな/村越化石

春暮るゝ花なき庭の落花かな/池内たけし

そこに佇ちたまへ暮春の目無橋/佐野美智

焔をあげて芥ますます暮春の香/飯田龍太

眼帯の義母妻に似る暮春かな/中戸川朝人

なきがらの近く糞りをる暮春かな/岸田稚

子が妻が花挿し呉るる暮春の卓/下村槐太

子のために暮春の汽車の旅少し/中村汀女

さびしめば鴉もしたし暮の春/鈴木真砂女

止んでゐし雨のまた降る暮春かな/澤草蝶

春暮るる花なき庭の落花かな/池内たけし

俳句例:161句目~

奈良に来て水が流れてゐし暮春/細見綾子

歌がゆかり岩木の山に来し暮春/福田蓼汀

前髪にいつつきしくせ暮の春/大場白水郎

まなじりに点ずる臙脂や暮の春/飯田蛇笏

僧になれば償ふ罪や暮の春/菅原師竹句集

渡りたる橋ふり返る暮春かな/田内安寿加

浦浪に鳰の群れゐる暮春かな/佐野まもる

鵜の尾岬澪之助なき山暮春/阿部みどり女

春暮るる日またぎにこの大南風/木津柳芽

遠き世のことを暮春の瀬の音に/河野静雲

酒饅頭ほんのり焦げて暮春かな/村越化石

海苔巻に暮春を何となく感ず/加倉井秋を

黒繻子に緋鹿子合はす暮春かな/飯田蛇笏

杣の子が雉子笛ならす暮春かな/飯田蛇笏

山寺暮春風呂の煙りに守宮出づ/松村蒼石

長崎道鳥栖に分かるる暮春かな/小川軽舟

相模野の春暮になじむとりけもの/桂信子

杖捨てて手をふる散歩春暮るる/皆吉爽雨

山脈に富士のかくるる暮春かな/飯田蛇笏

雙六の目の分かぬまで春暮るる/筑紫磐井

俳句例:181句目~

面にさす紅の濃ゆきも暮春かな/福田蓼汀

暮春一毛を吹かるる奇なるかな/永田耕衣

淋しさの雲までつづく暮春かな/原コウ子

日暮日暮春やむかしのおもひ哉/蕪村遺稿

大鯉を俎上に見たる暮春かな/大岳水一路

池に浮いて鮒ひら~と春暮るゝ/渡邊水巴

大き暮春われの身近に牛ゐたり/村越化石

夢の世に孔雀散らかす春暮かな/攝津幸彦

暮の春藍の機嫌を気づかひぬ/柴田白葉女

夕日より人歩みくる暮春かな/鷲谷七菜子

人ごゑの水わたりくる暮春かな/勝又一透

田植待つ牛の欠びや暮の春/安斎桜カイ子

円座つみ重ねてありし暮春かな/高野素十

人入つて門のこりたる暮春かな/芝不器男

井戸埋める浄めの塩も暮春かな/河江麗子

蛇使ひ蛇にがしけり暮の春/菅原師竹句集

丁字屋に鰻食べゐる暮春かな/小宮山政子

ペン先の金やはらかき暮春かな/小川軽舟

ゆく水に暮春の墓のうつりけり/飯田蛇笏

鯉跳ねていづこもここも暮春かな/村越化石

タイトルとURLをコピーしました