季語/鍬始(くわはじめ)を使った俳句

「鍬始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鍬始」について

【表記】鍬始

【読み方】くわはじめ

【ローマ字読み】kuwahajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鍬初(くわぞめ:kuwazome)

・大鍬初(おおくわぞめ:okuwazome)

・田打正月(たうちしょうがつ:tauchishogatsu)

・作初(つくりぞめ:tsukurizome)

・鋤初(すきぞめ:sukizome_)

・堀初(ほりぞめ:horizome)

・初田打(はつたうち:hatsutauchi)

・初鍬入(はつくわいれ:hatsukuwaire)

・お鍬立(おくわたて:okuwatate)

・農立(のうたて:notate)

・農始(のうはじめ:nohajime_)

季節による分類

・「く」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鍬始を含む俳句例

山の辺の畠傾く鍬初/河本和

人より先鳩畝啄く鍬始/林昌華

山々の雪飛白なす鍬始/藤井亘

大山へ一拍二拍鍬始/金川晁山

二坪の菜園なれど鍬始/秋山英子

瀧の水汲み夕暮の鍬始/田中裕明

火の島のすがた全し鋤始/小林愛

鍬始め段々畑の老夫婦/三浦音和

鍬初や神農の後八千載/臼井丁川

眼のはしに鶴の歩める鍬始/林徹

鋤初や鍬大将の門の前/内藤丈草

蒼海の空に畠あり鍬始め/河野静雲

凍土に酒匂ひけり鍬初/渡部杜羊子

鍬初や雪の上なる供物/小野甲子園

天は晴れ地は湿ふや鍬始/子規句集

女手の一畝ばかり鍬始/渋谷まさゑ

鍬始不老の天をうち仰ぎ/堀口星眠

仏立つ畦に火かけて鍬始/冨山青沂

鍬始浅間ケ岳に雲かゝる/村上鬼城

山畑や明日を信じて鍬始/中川康子

俳句例:21句目~

遠き田の氷まぶしや鍬始/吉岡句城

王子趾にも一札や鍬初/坂東/紀仙

鋤初の雨ふりいでし幣かな/飯田蛇笏

雪中に神酒の匂ひや鍬始め/高室呉龍

大灘に日矢いくたびも鍬始/斎藤梅子

雪に挿す榊のみどり鍬始め/古市枯声

筑波嶺を日の渡りゐる鍬始/湯浅康右

鍬始太初の光り身に降りて/大月芳雨

鍬初や畑を三鍬田を三打ち/武石女羊

ひんがしへ大鳥流れ鍬始/大峯あきら

アメリカの若き大地に鍬始/本田楓月

書に倦みて己にかへる鍬始/高田自然

初鶏に鋤鍬ばらの控へたり/石井露月

山畑や雪に打ち込む鍬始/高橋淡路女

寸青き麦めでたしや鍬初め/岡本松浜

そのかみの貝掘りあてつ鍬始/芝不器男

にぎやかに寒がり出でぬ鍬始/山本村家

一帆のせりあがりたる鍬始/大木あまり

嫁を得し跡取りの鍬始めかな/植木緑愁

子を負ひてのけぞる谷の鍬始/三嶋隆英

俳句例:41句目~

日を洩らす吉野の雲や鍬始/加藤三七子

鍬初め野蒜の匂ひ立ちにけり/小原弘幹

門畑や打ちつ馴れたる鍬初/広江八重桜

打ち返し水にじむまで鍬初/廣江八重櫻

鍬始めいつより兄の父がわり/高橋鷹史

神々のたたかひし野に鍬始/大峯あきら

鍬始地下足袋の跡ふんわりと/香西照雄

鍬始島の寸土をまもり来て/田原那智雨

鍬始畝傍さへぎるもののなし/茂里正治

風の子が駆けすぎしより鍬始/石川桂郎

手の荒れて鳴らぬ拍手鍬始/杉崎句入道

これよりの余生いくばく鍬初/三好仙里

そそくさと打ちてすみしよ鍬始/赤松子

鍬始め一と打ちごとの土の色/矢口由起枝

つねのごと暮れてもどりぬ鍬始/亀井糸游

しきたりのあかつき闇へ鍬始/長谷川素逝

いつの間に終りてゐしや鍬始/鷲谷七菜子

鍬始め地下足袋の跡ふんわりと/香西照雄

手なぞこに乗るほどの富士鍬始/中野詩紅

あめつちの地のあるかぎり鍬始/鷹羽狩行

俳句例:61句目~

鍬初のもどりの芹や一とにぎり/大橋櫻坡子

鍬初めに出てゐるたつた一人かな/阿波野青畝

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ