季語/キャンプを使った俳句

「キャンプ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「キャンプ」について

【表記】キャンプ

【読み方】きゃんぷ

【ローマ字読み】kyampu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・キャンプ村(きゃんぷむら:kyampumura)

・キャンプファイヤー(きゃんぷふぁいやー:kyampufuaiya)

・キャンピング(きゃんぴんぐ:kyampingu)

・天幕(テント:tento)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

キャンプを含む俳句例

幕営の少女炊事に没頭す/内藤吐天

山中のテントむしばむ星の数/内野修

雨音の高くテントの明るさよ/後藤章

日の肩のテント帰りて男臭/都筑智子

大テント招魂祭の椅子並ぶ/小路紫峡

崖羊歯に合唱ランプ寄せ集め/飴山實

一人用テントを張りて岩釣/茨木和生

坑口に水接待のテントかな/梅崎魁陽

夕立のまへの木騒にテント張る/篠原

頭影テントをなかば占めうごく/篠原

眉白や朝餉の匂ふキャンプ村/樟真弓

霧しづく柱をつたふキャンプかな/篠原

食卓の少し傾くキャンピング/中野孤城

女ばかりの幕営に兜虫飼はる/内藤吐天

露更けぬテント四人の無言界/岡田貞峰

一斉に灯が消ゆ英語キャンプ村/伊藤径

テント張る磯の釣鐘岩のかげ/高澤良一

鰯雲遠くキヤンプのもの洗ふ/岸風三楼

青淵の磧に一人キャンプせり/右城暮石

バンガロー退屈な雨降つてをり/新田充穂

俳句例:21句目~

活発に飛びまはる蝶キヤンプ解く/森田峠

山崩れせし磧にてキャンプ張る/右城暮石

バンガロー一軒づつの朝が来る/坊城中子

キヤンプの水汲む急流の水選び/右城暮石

牧夫われキヤンプの子等に物語/依田秋葭

葉さやぎの来てはテントを膨らめぬ/篠原

片栗の花咲き閉ざすキャンプ場/吉井竹志

キャンプの火上れる空の穂高岳/加藤楸邨

幕営の灯はかゝぐれど無人島/佐野まもる

牛引いて里人通るキャンプ村/佐藤寥々子

川原石背中に痛きキャンプかな/堀/勇夫

幕営の山靴ほたるぶくろ挿す/中戸川朝人

キャンプの水汲む急流の水選び/右城暮石

梓川瀬音たかまるキャンプかな/加藤楸邨

漆の木何より恐れキヤンプの娘/桑田青虎

幕営して流れの急なところ汲む/津田清子

キャンプして森の匂ひの髪洗ふ/前川紅楼

巌に置くキャンプの胡瓜青々と/橋本鶏二

キヤンプの灯淡き暈もつ遠雪崩/渡辺立男

湖の向かうのキャンプ村眠る/村中/美代

俳句例:41句目~

テント割り無傷の朝を流し込む/伊藤敬子

キャンプ張る男言葉を投げ合ひて/岡本眸

キャンプ容れ山は深さを失ひぬ/津田清子

青春の昏さキャンプの燈を消して/津田清子

うすみどりわれらのテント尖り立てり/篠原

バンガローひとつひとつに違ふ空/黒沢孝子

このあたり巣箱多しとキヤンプ張る/森田峠

バンガロー絵茣蓙一枚敷けるのみ/桑田詠子

すぐきまる炊事当番キャンプ張る/宮林斐子

せせらぎに水櫛使ふキャンプかな/西村和子

バンガロー隣といふも葛がくれ/鳥居ひろし

捕虫網立てかけテント撓みをり/中戸川朝人

母の日のテント継ぎ足す花舗の軒/山野宏子

炎天にテントを組むは死にたるか/藤田湘子

葬の列撓め容れたる梅雨テント/平井さち子

キャンプの子蝶をまとへる水運び/橋本榮治

蟋蟀が鳴くいま張りしテントにて/茨木和生

キャンプの火あがれる空の穂高岳/加藤楸邨

象亀のやうなテントもキャンプ場/高澤良一

黍畑に月出て赭しキャンプの唄/星野麦丘人

俳句例:61句目~

キャンプの灯扇びらきに谿うづめ/岡田貞峰

キャンプの荷一番上にギターのせ/下村梅子

キャンプ出て暁の尾根ともし行く/田中静竜

キャンプ出て月に髪梳く少女らし/岡田日郎

キャンプ寝て太白西に落ちゆけり/山口誓子

キャンプ張る杭は杭もて叩かるる/神山幸子

キャンプ村子供が醤油借りにくる/木田千女

キャンプ村素足にて物借りにくる/辻田克巳

キヤンプの子大王崎の濤を描く/鈴鹿野風呂

キヤンプ出て月に髪梳く少女らし/岡田日郎

キヤンプ張る浜昼顔も入れて張る/岸風三樓

倒れ木にキャンプの朝のもの刻む/皆吉爽雨

岩の上にロープ干しあるキャンプかな/篠原

岬端は太初の青ぞキャンプの火/岩瀬/木蘭

島かげに雨のキャンプを張る若さ/山田弘子

島にはやキヤンプの一つ湖畔余花/皆吉爽雨

年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯/太田蓁樹

急流の此処でキャンプの重荷解く/宮里流史

日輪濡れキャンプ少女の鏡濡れ/殿村莵絲子

森と言ふ森を独占してキャンプ/佐藤冨士夫

俳句例:81句目~

火取虫キャンプの暗き灯にも来る/塩川雄三

男たち朝のキャンプを突つ切つて/行方克巳

稲妻を浴びゐてキャンプ隙間なし/内藤吐天

象亀のやうなテントもキャンプ場/高澤良一

迎火をキヤンプの外に焚くもあり/鈴木花蓑

隣人も夕餉の早きキャンプかな/笹本カホル

蜑の子等見てゐる浜にキャンプ張る/西尾虹人

ほとゝぎすテントを出でて仰ぎけり/野村泊月

キャンプ更け残り火を消す山の雨/坂本山秀朗

さそり棲む火の山の島キャンプ張る/安井政郎

大合歓の闇ゆるぎなしキヤンプの火/亀井糸游

寝不足の顔がぞろぞろキャンプより/猪子青芽

わらいあいキャンプの灰の溜りけり/四ツ谷龍

温泉町出てそこに湖畔のキヤンプ村/高濱年尾

キャンプの色を青過ぎると思ふ齢/加倉井秋を

キャンプの杭打ち込む力見守られ/橋本美代子

キャンプ更け雲にとどろく浄土川/望月たかし

キャンプの火生業の火とちがう彩/堀之内長一

黄鶲に一つのキャンプ夜を待つも/望月たかし

キヤンプの灯流れの荒きところにも/右城暮石

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ