季語/金縷梅(まんさく)を使った俳句

「金縷梅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「金縷梅」について

【表記】金縷梅

【読み方】まんさく

【ローマ字読み】mansaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・銀縷梅(ぎんろばい:ginrobai)

季節による分類

・「ま」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

金縷梅を含む俳句例

金縷梅や杣炭焼は祭顔/前田普羅

金縷梅の花咲く下の川普請/田中冬二

金縷梅や帽を目深に中学生/川崎展宏

好日の古刹金縷梅明かりかな/立川猿子

まんさくと見て陶窯へ磴高し/石川桂郎

まんさくや谺返しに水の音/岸野千鶴子

まんさくの花咲く下は川普請/田中冬二

まんさくに四通八達風のみち/高澤良一

まんさくや春の寒さの別れ際/籾山梓月

金縷梅や職得て髪を短くす/伊藤いと子

金縷梅やのつたりと出て雲氷る/中拓夫

まんさくや麓をさらに長歩き/猪俣千代子

まんさくの貴船の奥へ下校の子/山本洋子

まんさくの隙間だらけの花愛す/高澤良一

まんさくに三人連れの二人寄る/小西久子

まんさくに夕べのいろや小海線/大嶽青児

まんさくに山の明るさ貰ひけり/船水ゆき

山茱萸は咲きまんさくは綻びぬ/鈴木貞雄

金縷梅に毫も匂ひのなかりけり/飯島晴子

金縷梅の黄色は中華菓子のいろ/高澤良一

俳句例:21句目~

まんさくや一重瞼のいとこたち/柚木紀子

まんさくや油土塀は昏れてゐて/中川禮子

まんさくやまた雪となる吉野越/笹井武志

まんさくに水激しくて村しづか/飯田龍太

まんさくや岩松採りの巌くさび/西本一都

まんさくの咲いてころころ水の音/赤松子

まんさくや峡人はまだ外に出でず/森澄雄

まんさくや極楽寺坂なだらかに/吉田未灰

まんさくや町よりつゞく雪の嶺/相馬遷子

まんさくの花びら縒を解きたる/仁尾正文

きのふ今日まんさくの黄に適ふ空/山田弘子

まんさくが赤く黄色く咲きにけり/林紀之助

まんさくにみちのくを恋ふ師弟かな/森田峠

まんさくに昼の風向きかはりけり/高澤良一

まんさくや前生の暗ン臍の緒に/小檜山繁子

まんさくに風めざめけり雑木山/行方寅次郎

まんさくも挿しまゐらせて針供養/荒井正隆

まんさくや昼をほとびて雪の山/上田五千石

まんさくや竹曳く牛のあそびをる/関戸靖子

まんさくのカイゼル髯の風そろと/高澤良一

俳句例:41句目~

まんさくの一枝余さず山日和/宇佐美ふき子

まんさくの咲きて冷たさ幹にあり/太田土男

紅まんさく霧のしたびに火を蔵す/栗生純夫

淡白や金縷梅見にゆく山住まい/森下草城子

まんさくの花瀬しぶきにこぼれずや/森田峠

吉兆の糸を繰り出す花まんさく/佐藤美恵子

まんさくや笑みて歯欠けの山童/上田五千石

まんさくやひたすら濡るゝ崖の傷/草間時彦

まんさくは薄日の力溜めて咲く/柴田白葉女

まんさくや雪に変はりし山の雨/つじ加代子

金縷梅の折口白し墓地を行く/阿部みどり女

まんさくやかへりみて誰も居らぬ路/瀧春一

まんさくや水いそがしきひとところ/岸田稚

金縷梅や留守居のごとき昼餉して/手塚美佐

まんさくや赤子のやうな日が昇り/鷲谷七菜子

まんさくの枯葉落さず咲きにけり/長崎小夜子

まんさく咲きしか想いは簡単になる/金子皆子

まんさくやこどもの涙うすみどり/星野麥丘人

まんさくややうやくペンが箸が持て/奥谷郁代

曳馬野にこのごろ減りし花まんさく/伊藤敬子

俳句例:61句目~

言葉ほぐるるごと金縷梅の花ひらく/鈴木貞雄

まんさくに滝のねむりのさめにけり/加藤楸邨

まんさくのよぢるる花に虻生まる/八木林之介

まんさくや人のかたちは火のかたち/森田緑郎

まんさくはまだ餅を負い田を越えて/和知喜八

金縷梅やふくらみはやき女のこゑ/小松崎爽青

金縷梅や太きウエスト笑ひ合ふ/鍵和田ゆう子

まんさくやおぼここけしの眼の潤み/姉崎/昭

まんさくは煙りのごとし近よりても/細見綾子

まんさくは印度舞踊の手のかたち/穂苅富美子

雪崩あとの岩青し金縷梅の花つけて/内藤吐天

雪嶺の襞しんしん蒼し金縷梅咲く/加藤知世子

雪撓ひしてゐて金縷梅咲きにけり/加藤知世子

風の空まんさく人を立たしむる/阿部みどり女

まんさくの黄のなみなみと暮れにけり/古館曹人

まんさくは鬼の振りむいてゆきし花/岩淵喜代子

まんさくのぬくもりほどでよろしいの/直江裕子

まんさくや日照雨いつしか土砂降りに/岡田日郎

まんさくの淡き雪嶺にかざし見て/阿部みどり女

まんさくのすつかり咲いてしまひけり/片山由美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ