季語/長閑(のどか)を使った俳句

「長閑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「長閑」について

【表記】長閑

【読み方】のどか

【ローマ字読み】nodoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・のどけさ(のどけさ:nodokesa)

・のどけし(のどけし:nodokeshi)

・のどやか(のどやか:nodoyaka)

・のどらか(のどらか:nodoraka)

・のどろか(のどろか:nodoroka)

・駘蕩(たいとう:taito)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

長閑を含む俳句例

のどけしや港の昼の生肴/荷兮

久方の光長閑し鏡研/幸田露伴

長閑さや鼠のなめる角田川/一茶

久方の光のどけし鏡研/幸田露伴

のどかさよ鶴の齢を六七羽/越人

長閑さや出支度すれば女客/素丸

春風をあふぎ駘蕩象の耳/山口青邨

山蛙聞き駘蕩として長湯/高澤良一

長閑さや柳の下の洗ひ臼/井上井月

長閑さや浅間のけぶり昼の月/一茶

闇かりに長閑けき春や城の六/几圭

漕ぎつれて語る小船や海長閑/抱魚

長閑なる雲見て居るや丘の上/至青

入海の藍に長閑な霞かな/鈴木余生

蝶長閑馬に蹄鉄打つ門を/中川四明

のどかさの風鐸空に壊れをり/爽雨

駘蕩と纜たるまざるはなし/檜紀代

のどかさや早き月日を忘れたる/太祗

長閑さや雲の上なる雲動き/川瀬一貫

蝸牛の角がなければ長閑哉/寺田寅彦

俳句例:21句目~

蝸牛は角があつても長閑哉/寺田寅彦

長閑さや男は遊ぶ島の風/石島雉子郎

のどかさや白帆過ぎ行く垣の外/子規

のどけさや机の前の太柱/大橋櫻坡子

襖絵の酒呑童子のどけしや/角川源義

亀は歩み兎は眠る長閑かな/尾崎紅葉

長閑さに無沙汰の神社廻りけり/太祇

長閑さや日向の独活に蟻上下/原月舟

長閑さの餘りを水の埃かな/井上井月

大佛のうしろ姿も長閑なり/正岡子規

長閑さは障子のそなたこなた哉/月居

長閑さや垣の外行く薬売り/夏目漱石

のどかさや鞄寄せある岩畳/森田公司

長閑さや早き月日を忘れたる/炭太祇

鳥影に吠えたつ小犬畑長閑/西山泊雲

挨拶を訛り長閑なガイド嬢/高澤良一

いわし雲忽ちうすれ春駘蕩/松村蒼石

四間道に駘蕩花の風わたる/伊藤敬子

室の花駘蕩として患者あり/久米正雄

琴の音に鶴の歩の長閑さよ/田村西男

俳句例:41句目~

駘蕩と伸びちぢみして虫柱/井沢正江

古寺の古文書もなく長閑なり/高浜虚子

長閑さの牛従へてまだ娶らず/太田土男

のどけさや雛子の中の馬の顔/中川宋淵

長閑さの人に読ましむ鐘の銘/石井露月

長閑さや雉子が鳴けば鶏も/大場白水郎

のどかさや艇吊りたる艦の空/飯田蛇笏

人形も馬もうごかぬ長閑さよ/夏目漱石

勧めよる人力車など奈良長閑/野村泊月

長閑さや鯛を見込みの昼旅籠/井上井月

駘蕩や木偶の坊にはまだ遠し/平吹史子

尿噴く赤子も長閑か潮噴く貝/香西照雄

届きたる柴に花咲く長閑かな/下村槐太

山寺の古文書も無く長閑なり/高浜虚子

のどかさに風を忘れし風見鶏/菅谷文代

明天子上にある野の長閑なる/夏目漱石

長閑さを語る石屋と大工かな/中村楽天

駘蕩と流木寄らず去らずかな/北川英子

長閑さや鶴の踏み破る田の氷/井上井月

駘蕩として鹿の目の長まつげ/八染藍子

俳句例:61句目~

のどかさや内海川の如くなり/正岡子規

長閑さに気の草臥る眼鏡かな/井上井月

のどけしや石ころ残す一夜城/石川桂郎

長閑さや障子の穴に海見えて/正岡子規

枝道としらずのどけし歩一歩/加藤郁乎

弾ひとつ壁刺ししのみ長閑なる/片山桃史

長閑さや白馬寺みちにでく芝居/荒井正隆

耳遠き夫婦いよいよ長閑なり/山口いさを

口笛吹けば蜂居ずなりぬ塀長閑/西山泊雲

谷なりに落込む松の長閑かな/大場白水郎

長閑さやハイドロゾアを御机/松根東洋城

長閑さや暮れて枯草ふくらめる/渡辺水巴

長閑さや干潟の沖の波がしら/大場白水郎

食拝む蝦夷にも長閑はつざくら/浜田酒堂

長閑さや脹れた腹をもてあます/尾崎紅葉

長閑さの果は曇つて仕舞ひけり/星野麦人

のどかさは泥の中行く清水かな/藤野古白

のどかさや杖ついて庭を徘徊す/正岡子規

長閑さのはては曇りぬ離れ礁/豊長みのる

長閑さに落もさだめぬおち葉哉/高井几董

俳句例:81句目~

のどけしや忿怒消えたる磨崖仏/大橋敦子

ついて来る人を感じて長閑なり/高濱虚子

ものの影波ははこばず長閑なり/伊丹丈蘭

いつまでも手を振る島の人長閑/椎野房子

子規筆記幾何学の本のどけしや/高澤良一

朝の間の予定なき旅のどけしや/稲畑汀子

嫁長閑か犬に牽かれて義母見舞/香西照雄

長閑なる日和と顔に画いてあり/高澤良一

鯛網の辺を過ぎたれば長閑なり/佐野まもる

長閑すぎて虚雷きくなり山の湖/大須賀乙字

一銭貰うて湯銭五厘の昔長閑けし/高澤良一

長閑さの日帰り湯治したりけり/石島雉子郎

長閑にもあしたの見ゆれ万華鏡/千代田葛彦

長閑なるものに又なき命かな/久保田万太郎

ほ句も好き洗濯も好き主婦長閑/高田つや女

のどけしや平たく生きて平たき句/高澤良一

のどけさは五家宝噛みしあとの皃/高澤良一

鼻欠けて長閑に広し壬生の面/菅原師竹句集

長閑さにひとりうそふく音は鶴か/尾崎紅葉

牛の歩み春駘蕩のそのあゆみ/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ