季語/茅舎忌(ぼうしゃき)を使った俳句

「茅舎忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茅舎忌」について

【表記】茅舎忌

【読み方】ぼうしゃき

【ローマ字読み】boshaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

茅舎忌を含む俳句例

茅舎忌の噴水の辺に手を濯ぐ/中田剛

茅舎忌の坊主頭を振り返る/嶋田麻紀

茅舎忌や百合の青蕾脈走り/岩崎健一

茅舎忌や瞼にのこる杖地蔵/河野静雲

茅舎忌や絵筆洗ひし水に紅/大堀柊花

茅舎忌や板を叩く雨しきり/磯崎美枝

茅舎忌を祗園囃の中にゐし/加古宗也

長杖の茅舎瞼に茅舎の忌/小原菁々子

傘ほして茅舎忌の風わづかなり/中田剛

石一つ夜に入りけり茅舎の忌/伊藤敬子

茅舎忌の夕虹蟇をかゞやかす/西島麦南

夏草のよよと暮れゆく茅舎の忌/飯田龍太

夕蝉のこゑ沁みとほり茅舎の忌/宮下翠舟

百合白し母と茅舎の忌日けふ/川端紀美子

茅舎のこと三言四言や茅舎の忌/高浜虚子

茅舎忌のげに掴み取る瓜のわた/安井浩司

茅舎忌の朝日を凝らす芋の露/冨田みのる

茅舎忌の空ただ暑く昏れてけり/大井戸辿

茅舎忌の近づく夜々の青葉木菟/升谷一灯

茅舎忌や汗の面を拭くばかり/八木林之介

俳句例:21句目~

茅舎忌や芋の葉は露育てつつ/肥田埜勝美

童顔の永久にあはれや茅舎の忌/松本たかし

茅舎忌の使ひて白きちりれんげ/中尾寿美子

茅舎忌の払暁さめてゐたりけり/柴田白葉女

茅舎忌のありあけの月消えがてに/柴田白葉女

茅舎忌の朝開きたる百合一花/高野素十「雪片」

茅舎忌の身近なみどり箱パセリ/井伊直子「文字に彩」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ