季語/入梅(にゅうばい)を使った俳句

「入梅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「入梅」について

【表記】入梅

【読み方】にゅうばい

【ローマ字読み】nyubai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅雨に入る(つゆにいる:tsuyuniiru)

・梅雨入り(ついり:tsuiri)

・梅雨はじまる(つゆはじまる:tsuyuhajimaru)

・梅雨の気配(つゆのけはい:tsuyunokehai)

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

入梅を含む俳句例

入梅や蟹かけ歩く大座敷/一茶

入梅や小沼古沼手長鰕/野村喜舟

入梅や富山の薬壁に掛け/野村喜舟

入梅や紫かけし青紫陽花/鈴木花蓑

入梅の強火に鰍焼かれけり/宮武寒々

入梅や発禁句集未だ成らず/三橋敏雄

今年は時序の正しき入梅かな/高浜虚子

入梅が先か湧きくる蚊が先か/高澤良一

入梅の握りてぬくき銭を受く/宮武寒々

入梅や墓さむげなる竹のつゆ/飯田蛇笏

入梅のひま鼻とほさるゝ小牛哉/加舎白雄

入梅や刈らずにありて葉山吹/楠目橙黄子

入梅を告ぐオムレツの黄なる朝/山田弘子

島にあがる魚美しき入梅かな/大峯あきら

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ