季語/鵙(もず)を使った俳句

「鵙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鵙」について

【表記】鵙

【読み方】もず

【ローマ字読み】mozu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鵙の高音(もずのたかね:mozunotakane)

・鵙日和(もずびより:mozubiyori)

・鵙の晴(もずのはれ:mozunohare)

・百舌鳥(もず:mozu_)

・伯労鳥(もず:mozu__)

・赤鵙(あかもず:akamozu)

・児鵙(ちごもず:chigomozu)

・大鵙(おおもず:omozu)

・虎鵙(とらもず:toramozu)

季節による分類

・「も」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鵙を含む俳句例

水仙や鵙の草莖花咲ぬ/蕪村

初鵙の領月明の浸しきる/原裕

雀より鵙が近しや熱の中/空華

初鵙の巷に太き眉上げし/原裕

荒鵙の白鵙にして椢原/原石鼎

百姓の掌厚し鵙猛る/飯村周子

鴉鳶鵙鵯の声初句会/松根久雄

藪の面に夕鵙猛り現れぬ/播水

鵙の宮遊ぶ村童皆跣足/橋本鶏二

鵙猛り快きもの身を奔る/瀧春一

汐風の中より鵙の高音かな/惟然

堂囲む高梢に鵙寛永寺/高澤良一

爽涼の鵙姿より声荒し/須並一衛

絶対安静眦に鵙の天/橋本多佳子

鵙に鵙重なり頭上激しをり/原裕

蝙蝠傘の裡鮮しや鵙の雨/桂信子

鵙啼くや夕日の残る杉の末/也有

物申す鵙は単刀直入に/高澤良一

我声を蹴て飛鵙や夕日かげ/嵐方

朝鵙や吾健康の顔洗ふ/羽村佳川

俳句例:21句目~

愛憎の炎我にも鵙猛る/柴田奈美

酒蔵に酒米届く鵙日和/根岸善雄

胸丸く尾を切立て鵙とまる/篠原

鉞に裂く木ねばしや鵙の声/石鼎

夕鵙や民宿弥七くさし/古舘曹人

稚鵙に泡沫の雲ただよへり/原裕

鵙鳴けり工場金属音の中/桂信子

逆上の鵙の癇癪玉破裂/高澤良一

焼跡の鵙や藜の風の果/小林康治

鵙高音雁来紅は黄をのこす/鷹女

山茶花に囮鵙く日の夕かな/言水

鵙啼くや訪へば夕づく二尊院/八束

永き日の鵙とまる木を右左/上村占

恬淡かはた貪慾か鵙と我/栗生純夫

鵙の来て一荒見ゆる野山かな/蓼太

鵙叫び富士の横雲東す/佐野青陽人

熊路野は滝四十八鵙日和/細川加賀

鵙の昼何せば心やすまらむ/桂信子

鏡中に鵙きく概ねひとりにて/房子

鉞に裂く木ねばしや鵙の聲/原石鼎

俳句例:41句目~

鉛筆を削り終れば鵙来たる/森田峠

鵙の贄罪贖ふに似て十字/下村梅子

初鵙や殺生石は眠り居り/河野静雲

落日に鵙絶叫す吾子還せ/福田蓼汀

初鵙や水は色なき石の上/加藤楸邨

一休寺藪の奥より鵙の声/江崎利子

拳固く握る遣影や鵙高音/館岡沙緻

鵙の贄大粒の雨降り始む/井上康明

鵙の贄即神仏のごと乾ぶ/佐野克男

言はず語らずの掟や鵙の贄/長田等

鵙の主罪贖ふに似て十字/下村梅子

夕鵙の雀のまねをして去りぬ/青邨

此森もとかく過けり鵙おとし/蕪村

注射器に騰る鮮血鵙黙せ/野澤節子

薮に立つ欅三本鵙の秋/松本たかし

異邦人妻の小春と鵙の墓/巌谷小波

一行の聖句を書けば鵙の声/長田等

桶の中坐れる亡者鵙高音/河野静雲

柏槇の茂み宿りの雨の鵙/高澤良一

枳殻に鵙の手仕事鵙の贄/高澤良一

俳句例:61句目~

幾度磨ぐ草刈鎌や鵙の聲/内田百間

中空に槻の落葉と鵙の声/山谷春潮

本日の記事何々ぞ朝の鵙/高澤良一

帷子は日々にすさまじ鵙の声/史邦

鵙なくや雲の切目の蒼き天/上村占

鵙なくや雑木の中の古社/子規句集

朝鵙や神在祭の列につく/巌谷小波

我が心今決しけり鵙高音/高浜虚子

朝鵙や尚これよりの露葎/中村汀女

新婚の一夜泊りて今年鵙/和知喜八

斧光り薪割けて飛ぶ鵙叫ぶ/上野泰

遠山や池も遥かの鵙日和/石川桂郎

竹垣に鵙の早贄遠峰澄む/塚原麦生

鵙の贄罪贖ふに似て十字/下村梅子

鵙高音学校つとに始りぬ/芝不器男

鵙の贄大粒の雨降り始む/井上康明

鵙の贄即神仏のごと乾ぶ/佐野克男

鵙なくや大工飯食ふ下屋敷/泉鏡花

空港の爆音ざらし鵙の贄/西川雅文

テロ続報二転三転鵙日和/高澤良一

俳句例:81句目~

言はず語らずの掟や鵙の贄/長田等

空港の爆音ざらし鵙の贄/西川雅文

短編を好む齢や鵙のこゑ/鈴木貞雄

鵙日和寺の障子の両開き/宇陀草子

鵙鋭声身の空白を貫ける/大橋敦子

湧水へ鵙一声を放ちけり/舘岡沙緻

演習の野中の杉や鵙の声/子規句集

枳殻に鵙の手仕事鵙の贄/高澤良一

雨の鵙隣へ移る諍ひごゑ/高澤良一

帷子は日々にすさまじ鵙の声/史邦

名刹の参道長し鵙の贄/斉藤美智子

百姓は小腰夏鵙草に鳴く/木村蕪城

中空に槻の落葉と鵙の声/山谷春潮

ある朝の鵙ききしより日々の鵙/敦

鵙聞きて雨の一乗下り松/高澤良一

寮庭に祭文を読む天の鵙/宮武寒々

禁煙の夫初鵙を仰ぎをり/中村明子

一行の聖句を書けば鵙の声/長田等

一休寺藪の奥より鵙の声/江崎利子

鶏頭の一団明るき鵙の圏/伊藤京子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ