季語/雪踏(ゆきふみ)を使った俳句

「雪踏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪踏」について

【表記】雪踏

【読み方】ゆきふみ

【ローマ字読み】yukifumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・踏俵(ふみだわら:fumidawara)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪踏を含む俳句例

雪踏も神に仕ふる男かな/高野素十

山駅の晴雪踏みて転轍手/西島麦南

名月や雪踏み分けて石の音/千代尼

葬送や雪踏み役の五六人/細川加賀

雪踏んで光源氏の猫帰る/大木あまり

しがらみの雪踏みちらす鵆かな/りん

雪踏みて母に賀を言ふ奥丹波/杉本寛

涅槃雪踏み最澄の山に在り/山田松寿

雪踏まれ坊より坊へ路通ず/岡田日郎

遺されて母が雪踏む雪明り/飯田龍太

七福神詣の一歩雪踏んで/能村登四郎

雪踏の我をときどき訝しむ/鈴木伸一

六月の雪踏まれずにある峠/山田弘子

黄昏や雪踏まれある枯木中/萩原麦草

几帳面に雪踏み女盛りかな/池田三郎

立春や雪踏み通ふ月明り/金尾梅の門

鷹飛ぶや峰の雪踏む旅の者/石井露月

雪踏の駅長鼻を赤くして/佐瀬しづ江

虚子の墓立子の墓へ雪踏んで/星野椿

新の雪踏み来て宋代禅講座/高澤良一

俳句例:21句目~

雪踏みて乾ける落葉現はれぬ/高浜虚子

きしきしと雪踏み山の音起す/高橋沢子

雪踏みの無言につづく深雪空/松村蒼石

雪踏や道曲ること子の別れ/新谷ひろし

雪踏を先にたてたる野辺送り/田村杉雨

雪踏んで氷の音の別れかな/加藤知世子

雪踏んで靴くろ~と獄吏かな/飯田蛇笏

初大師雪踏み固めおきにけり/舘野翔鶴

左義長の竹組む根雪踏み固め/吉澤卯一

幾度も雪踏みをして客迎ふ/瀬戸きよ子

文弥祭雪踏む旅となりにけり/橋本榮治

祈りたき程の朝焼け雪踏めば/亀谷麗水

釈一茶そこまでの雪踏まれあり/下田稔

裏飛騨は春蚕支度も雪踏みて/河北斜陽

雪踏まれありて一茶の土蔵見ゆ/森田峠

雪沓に雪踏めば鳴るうれしさよ/上村占

雪解けて雪踏の音の嬉しさよ/正岡子規

雪踏に従いて柩の橇曳けり/大橋櫻坡子

がしと雪踏みしめ見入る水芭蕉/高澤良一

づかづかと雪踏み出でて芥捨つ/吉野義子

俳句例:41句目~

ひとすぢの雪踏みてあり平泉寺/和田祥子

雪踏みしあとの革靴底きよら/田川飛旅子

雪踏に出づや海鳴身をつつむ/村上しゆら

林道の処女雪踏絵のごとくあり/関森勝夫

雪踏みを終へやはらかき土不踏/相沢透石

雪踏めば胎の子も聞く雪の声/佐藤美恵子

松ケ根の雪踏み去ぬる禮者かな/富田木歩

菊の香にさすが山路の雪踏かな/服部嵐雪

雪踏みの足裏にある星座かな/水野真由美

雪踏んで娘を托すべき家訪へり/奈良文夫

雪踏んで来てみ佛のかくまぢか/細川加賀

神楽巫女うす雪踏みて出仕しぬ/西島麦南

雪踏んで雪より低く寝まりけり/吉田鴻司

献香や雪踏んで身のひきしまり/川村紫陽

みみしひて叡山の雪踏みすすむ/伊藤敬子

黒木御所雪踏み訪ひし跡もなし/桑田青虎

はだら雪踏みて来し温泉に朧なり/林原耒井

七福神雪踏みかため詣でけり/佐々木勇三郎

雪踏みてふるさとはまた遠くなる/木村蕪城

雪踏みて来し山小屋にランプ燃ゆ/岡田日郎

俳句例:61句目~

雪踏みに幼なごころは縷のごとし/松村蒼石

雪踏みのつけたる道に出でにけり/前田普羅

雪踏のふり返る枯木中となりぬ/河東碧梧桐

雪踏めば蝶生まるべし母在るべし/青木薔子

はだれ雪踏み立つや雁はるかなり/水原秋桜子

雪踏むや落葉松の芽をてのひらに/佐野青陽人

足もとの雪踏みかためジャムプ見る/高濱年尾

凍雪踏みもしまひとなりし帰雁かな/金尾梅の門

残る雪踏んて来にけり草の友/枯檜庵句集/大曲駒村

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ