季語/霙(みぞれ)を使った俳句

俳句例:201句目~

頭巾くれし妹がりゆく夜霙ふる/高井几董

見るたびに干足袋うごく霙なか/谷野予志

茶の間まだ帰宅そろはず霙降る/亀井糸游

上州に入るいきなりの春みぞれ/矢島久栄

鶴翼をかざせばはしる霙かな/富澤赤黄男

みぞるるや地辷りつのる千枚田/堀田正久

みぞるるや朝の餌につく籠雲雀/松村蒼石

みぞるゝとたちまち暗し恐山/五所平之助

みぞるゝやとぎれ~に葬の人/石島雉子郎

みぞるゝや戸ざすに白き夜の芝/渡辺水巴

さすらひに用なき鍵ぞ春みぞれ/佐藤鬼房

みぞるゝや留守の裏戸の炭二俵/野村泊月

霙るゝや子をかばひゆく軒づたひ/星野立子

霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる/石原八束

霙るゝや一つづゝ出す蕪蒸し/長谷川かな女

みぞれ中君を待たしたよふぐ鍋へ/橋本夢道

みぞれ過ぐ音の抜けゆく真夜の壷/加藤耕子

霙来し父の背に子よよぢのぼれ/大岳水一路

朝みぞれ夕みぞれとてさやぐ木よ/細谷源二

門に積む菜に降り溜まる霙かな/松本たかし

俳句例:221句目~

霙るるや子をかばひゆく軒づたひ/星野立子

霙着て冬の案山子となりつくす/新谷ひろし

硝子戸に日影うすれしが霙れ来し/島田青峰

べむべむと串海鼠もにえず霙かな/中村史邦

よろよろと枯れたる蓮に霙れけり/日野草城

夕霙明日の芝居のたのしみに/阿部みどり女

みぞるるや雑炊に身はあたたまる/飯田蛇笏

子規の句碑が霙童子となりにけり/江里昭彦

みぞるるや加賀の女の加賀ことば/山本健吉

屋根過ぐは霙と覚め鼻つまりゐぬ/原田種茅

鉱山暮るゝことの早くて霙れけり/岸風三楼

志野ならめ霙の街にひそめるは/相生垣瓜人

淋しさの底ぬけてふるみぞれかな/内藤丈草

霙るるや暁の列車を切りはなす/斎藤佳代子

さいはての如し霙るゝあやめの芽/殿村莵絲子

わが腹にひびく夜霙眠りたし/飛鳥田れい無公

みぞれるといふこゑありて霙れけり/高澤良一

みぞれ声こころにしみるこよひかも/飯田蛇笏

夕みぞれ干満珠寺のむかしかな/久保田万太郎

春みぞれ手に受けている渡り漁夫/筒井フサ子

俳句例:241句目~

春みぞれ逢へばかなしきことばかり/井上春美

霙れゆくは草鞋の音か夜のしらむ/金尾梅の門

霙るる槇最後のおもひ逢ひにゆく/鈴木しづ子

葱掘りのくづほるゝごと霙れけり/金尾梅の門

みぞるゝや弔旗コーヒー店をかくし/岸風三楼

貯炭場へきりもみ霙るあやめの芽/殿村莵絲子

霙るゝや垢離すみて粥にあたゝまる/高田蝶衣

みぞるゝや茶屋に灯りし吊燈籠/阿部みどり女

みぞるゝやたゞ一めんの日本海/久保田万太郎

みぞるるや髪は喪のいろ梳きに梳く/八牧美喜子

霙るる露路を笑み交し往き来するなり/大橋裸木

霙たまるふしぎにたつやうすあかり/飛鳥田れい無公

霙るる阿蘇行かねば行けずと水噴きをり/加藤知世子

みぞるゝや切身の赤き魚の棚/守水老遺稿/寺野守水老

霙るゝや砂深々と踏むしばし/泰山俳句集/中村泰山、岩谷山梔子編

とほき日の母が帯解く音きこゆ北陸本線みぞれ降りをり/辺見じゅん

タイトルとURLをコピーしました