季語/蚊帳(かや/かちょう)を使った俳句

「蚊帳」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚊帳」について

【表記】蚊帳

【読み方】かや/かちょう

【ローマ字読み】kaya

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚊袋(かぶくろ:kabukuro)

・古蚊帳(ふるがや:furugaya)

・麻蚊帳(あさがや:asagaya)

・木綿蚊帳(もめんがや:momengaya)

・青蚊帳(あおがや:aogaya)

・白蚊帳(しろかや:shirokaya)

・蚊帳の手(かやのて:kayanote)

・初蚊帳(はつかや:hatsukaya)

・蚊帳の吊り初め(かやのつりはじめ:kayanotsurihajime)

・蚊帳初め(かやはじめ:kayahajime)

・三隅蚊帳(みすみがや:misumigaya)

・近江蚊帳(おうみがや:omigaya)

・奈良蚊帳(ならがや:naragaya)

・蚊帳売(かやうり:kayauri)

・枕蚊帳(まくらがや:makuragaya)

・母衣蚊帳(ほろがや:horogaya)

・面蚊帳(めんがや:mengaya)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蚊帳を含む俳句例

暁の寝姿さむし九月蚊帳/暁台

濾落し朝かほ清し蚊帳の外/几董

古蚊帳に安全燈を枕元/清原枴童

蚊帳を出て物争へる翁かな/太魯

蚊帳の外に片足痒き寐覚哉/久宝

橘や蚊帳に碁を打つ老二人/田福

夕顔や早く蚊帳つる京の家/蕪村

蚊帳にある頭の影が壁に影す/篠原

蚊帳に憂き病も朝夕かな/会津八一

片隅に蚊帳の紅紐海女の昼/桂信子

侘しさの蚊帳に放つ螢哉/寺田寅彦

蚊帳の中の頭歩ける丸さかな/篠原

島山の如青蚊帳に襞のあり/上野泰

尼寺やよき蚊帳たるる宵月夜/蕪村

蚊帳越しの暁の月や海半/羅蘇山人

船宿や蚊帳に罵る夜明方/角田竹冷

蚊帳を出て又障子あり夏の月/丈草

幌蚊帳と灯る電球樹隠れに/三谷昭

人寝ねて蛍飛ぶなり蚊帳の中/子規

青山河蚊帳売人が倒れつつ/安井浩司

俳句例:21句目~

蚊帳越しに梁太き雨夜かな/西山泊雲

霍乱のさめたる父や蚊帳の中/原石鼎

芝に寝ば此風呂敷や枕蚊帳/服部嵐雪

ある筈もなき螢火の蚊帳の中/斎藤玄

蚊帳吊るや雨の軒なる釣忍/島田青峰

蚊帳の風表はしめて縁の人/高濱年尾

貧しさの蚊帳の設も候はず/寺田寅彦

蚊帳吊つて一つ船窓真青なり/中條明

蚊帳青き裏町寺のひと間借/桂樟蹊子

ほし合や寺は坊主の蚊帳隣/内藤丈草

昼蚊帳に雨ふる背戸の立葵/石原舟月

晩婚や蚊帳の縁の紅くして/山口誓子

蚊帳に寝て母在る思ひ風の音/杉本寛

玄関の大きくくらく蚊帳問屋/小澤實

指しやぶる音すき~と白き蚊帳/篠原

光らざるときの螢の蚊帳のぼる/篠原

暁や白帆過ぎ行く蚊帳の外/正岡子規

月のさす蚊帳の一側そそり立つ/篠原

病家族二つの蚊帳を高低に/石田波郷

涼しさや蚊帳の中より和歌の浦/漱石

俳句例:41句目~

蚊帳の月美人の膝を閑却す/尾崎紅葉

白蚊帳の丈山中に目を覚ます/藤井亘

古蚊帳の古さに戻り明けはなる/林翔

合宿に蚊帳より青き山迫る/那須乙郎

枕蚊帳に通ふ風あり針仕事/島田青峰

病人の蚊帳の高きを喜べる/西村雪尾

蚊帳取つて天井高く寝る夜かな/篠原

蒼海の落日とゞく蚊帳かな/杉田久女

駅柵に沿ふ窓昼の蚊帳たるむ/桂信子

風荒き夜の青蚊帳の中に入る/桂信子

青蚊帳の繃帯の足白帆の形/羽部洞然

母の蚊帳豊年の月さし渡り/小林康治

青蚊帳の男や寝ても躍る形/西東三鬼

白き紗に螢を盛るや蚊帳の上/寺田寅彦

蚊帳出づる妻と知りつゝ倖か/杉山岳陽

蚊帳は子のねむり操り帆前船/斉藤夏風

蚊帳はづし友を醫師として迎ふ/及川貞

蚊帳裾を色はみ出たる夏布団/西山泊雲

怒り妻蚊帳に大波立てて出し/櫻井土音

恙ある家人と寝たり蚊帳の果/小澤碧童

俳句例:61句目~

ふる蚊帳の中のあまりに月清し/原石鼎

まつくらな蚊帳の中より父の声/長田等

蚊帳の子に吹く朝風や魂祭/大谷碧雲居

鼠入つて四隅を落す蚊帳かな/正岡子規

見て居りし蚊帳の面を讃嘆す/永田耕衣

新涼の家々蚊帳をつりにけり/増田龍雨

日々に明けて悔なし蚊帳の中/鈴木花蓑

池水の涼しさうつる蚊帳かな/増田龍雨

瘧落てあさがほ清し蚊帳の外/高井几董

わが家の蚊帳に一夜をしまれよ/上村占

あたふたと蚊帳に潜りて嗚呼楽や/翠哉

蚊帳の中の私にまで月の明るく/山頭火

明方の蚊帳風しむは喜雨いたる/及川貞

明易やをさなのごとく蚊帳の中/原石鼎

三十年前に青蚊帳畳み了えき/池田澄子

野に伏せば蚊帳つり草も頼むべし/一茶

いとほしき児の寐汗や枕蚊帳/松下紫人

夜昼や夜は蚊帳のみ頼まるゝ/石塚友二

五尺の子蚊帳の月光抱え寝し/平畑静塔

昼蚊帳に乞食と見れば惟然坊/正岡子規

俳句例:81句目~

癩院の青蚊帳の夜は切なけれ/平畑静塔

夜鴉に空仰がるゝ蚊帳のもと/富田木歩

夢おぼろ寝あけば坐る昼の蚊帳/上村占

母衣蚊帳に蟻匍ふことも憤る/山口誓子

立膝し蚊帳に入り来る女かな/田中冬二

砂川の松見ゆる宿や蚊帳暑し/吉田冬葉

天井の金比羅札や蚊帳名残り/内田百間

天繭を蚊帳かけ守る峡の人/森久保美子

曲屋に青蚊帳吊りて教師なり/岸/のふ

蚊帳に寝て川や亢ぶる音の中/石塚友二

白蚊帳の雑草園に寝ねしこと/田村了咲

奥山に売られて古りし蚊帳かな/原石鼎

初蚊帳のしみ~青き逢瀬かな/日野草城

燈を消せば蚊帳を空気の流れそむ/篠原

朝涼の蚊帳はづさるゝ湖畔宿/高濱年尾

蚊帳釣草逞うなる四月かな/大須賀乙字

ごほ~と咳きて庵主蚊帳より/清原枴童

熱低く暁の豪雨を蚊帳にきく/中尾白雨

さす月もあな冷じの九月蚊帳/高井几董

蚊帳つるや雨一日の西明り/金尾梅の門

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ