季語/雪しろ(ゆきしろ)を使った俳句

「雪しろ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪しろ」について

【表記】雪しろ

【読み方】ゆきしろ

【ローマ字読み】yukishiro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪汁(ゆきしる:yukishiru)

・雪濁り(ゆきにごり:yukinigori)

・雪しろ水(ゆきしろみず:yukishiromizu)

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雪しろを含む俳句例

雪汁や蛤いかす場のすみ/木白

川音す雪代岩皿にのせ/森澄雄

山多き吾妻川の雪濁り/上村占

婆が杖二進一休雪濁り/岸田稚

立山の雨の雪代山女かな/福島勲

心行く雪代川に棒流れ/成田千空

町中を通ふ用水雪濁/窪田日草男

川口に小蒸汽入るゝ雪濁り/禅雲

雪代や父子の絆浅からず/長田等

雪代の猛るに花見櫓かな/辻桃子

雪汁や一尺鮫は雑と糶る/石川桂郎

畦焼いて雪代水を田に分つ/森澄雄

月の出を雪しろ岩箸の尖/佐野美智

馬立ちて利根の雪代石曇る/森澄雄

雪汁の底ゆく音や雪の坂/会津八一

雪汁のぬくみいそげよ苔の花/智月

雪代の汀の顔を暮れしめず/岸田稚

除雪婦の細帯に雪濁るなり/林薫子

布団干す真下雪代川走り/石田勝彦

あざやけき雪代鱒を祭膳/藤田湘子

俳句例:21句目~

雪代に水芭蕉萌え蘆芽ぐむ/瀧春一

渡舟場に常夜燈あり雪濁り/西本一都

刃物町雪しろ風をきらめかせ/多佳史

十勝川雪しろ水に蝉しぐれ/石原舟月

白山の雪しろ濁りとよむかな/飴山實

雪しろを流れ去りゆく雪女/柴田奈美

痺れたる唇のままなる雪濁/折井眞琴

青天に昼月雪しろ山女釣る/野澤節子

かうかうと雪代が目に眠られず/楸邨

夏氷河よりの雪代流れ急/小原菁々子

幼くて雪代山女反りにけり/黒田杏子

暁紅を経て雪代の溢れけり/村越化石

石青し雪代山女影ながれ/水原秋櫻子

雪代の激ちのかかる狐小屋/宮坂静生

雪代に戸開けて女映りをり/高野素十

雪代に暮れて火を噴く楮竃/加藤春彦

雪代のさざめける耳持ち帰る/岸田稚

大海を染めて大河の雪濁り/篠田悦子

雪代や川原の湯壷越え奔る/和田祥子

雪代や海近ければ急がざる/石塚友二

俳句例:41句目~

雪代山女湖底の村の上泳ぐ/宮津昭彦

雪汁か若狭の水のつめたさよ/玄/梅

雪汁の大岡川は瀞なせり/川島彷徨子

吊籠に目眩む利根の雪濁/小林黒石礁

大川に小川落ち合ふ雪濁り/矢田挿雲

九十九折雪しろ棚田光り合ふ/西村公鳳

雪代や虹が音して育ちをり/加藤知世子

雪代の軒あたたかき雪飛べり/氏家夕方

枝張りの影落す雪汁になりぬ/小澤碧童

葉萸のちらばつてゐる雪代田/永方裕子

簗場越す雪代水の盛り上がり/右城暮石

甲府平指す雪代のうねりかな/岡田貞峰

渓揺らす風の雪代山女かな/石地まゆみ

雪汁を舐め尽くしたる畦火かな/岸田稚

いつまでも雪濁りして北の簗/松下芳子

かわかわと鴉にゆるぶ雪濁り/巌谷小波

雪代や湯治暮しの夜をこめて/桑田青虎

雪代や眉をあぐればひそみ音に/岸田稚

榛の木の根株をゑぐる雪代川/細見綾子

世のことを雪代山女焼きつゝも/飴山實

俳句例:61句目~

湧く水の上にうかぶや雪濁り/松瀬青々

一僧に会ひしのみ雪代激し/石田阿畏子

雪濁り焼野のすゑに来りけり/松瀬青々

雪代のかげりやすきをおもひとす/岸田稚

雪代やいち夜にうごく鮭番屋/白澤よし子

雪代の煌とありけり妣のくに/大須賀浅芳

雪代の比良を出できし濁りなり/大石悦子

泡たてゝ雪代の水脈日に滾る/川島彷徨子

雪代のひかりあまさず暮るるなり/岸田稚

雪代に座敷わらしが乗つていく/宮慶一郎

ちりぢりに雪代山女釣りにけり/古舘曹人

雪しろ川さびさびと鳶急ぐなり/山田みづえ

風猛る池畔雪汁きらびやか/飛鳥田れい無公

雪汁のあひとなりして澄めるあり/川島彷徨子

雪汁のながれ行ききらびやかなり/飛鳥田れい無公

雪汁のかゝる地びたに和尚顔/一茶/文化元年甲子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ