季語/柳の芽(やなぎのめ)を使った俳句

「柳の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柳の芽」について

【表記】柳の芽

【読み方】やなぎのめ

【ローマ字読み】yanaginome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芽柳(めやなぎ:meyanagi)

・芽ばり柳(めばりやなぎ:mebariyanagi)

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

柳の芽を含む俳句例

眼は遊ぶ男の炊事柳の芽/林翔

柳の芽粒々と枝細々と/米谷孝

町中に三の丸跡柳の芽/館岡沙緻

芽柳の旋律のいま高き波/西谷孝

濠柳芽吹き毎日新聞社/高澤良一

二重橋交番脇の柳の芽/高澤良一

後楽の母芽柳の簾中に/香西照雉

芽柳や今も軍鶏飼ふ佃島/土屋恒代

県庁の柳芽をふく廣小路/寺田寅彦

雪よりも水の動かず柳の芽/神蔵器

遊び場の女出てをり柳の芽/上村占

芽柳や市ケ谷堀の音楽師/斉藤夏風

小波や芽柳凪ぎし余り風/鈴木花蓑

芽柳に新幹線の風を呼ぶ/石垣久良

怠りの一週過ぎぬ柳の芽/相馬遷子

送別の詩柳の芽固くして/中山純子

芽柳を感じ深夜に米量る/平畑静塔

芽柳や配流の道の畦十字/河合凱夫

芽柳に肩車して来りけり/永井龍男

柳川は芽柳に又時雨来る/高濱年尾

俳句例:21句目~

芽柳や鰡の影差す運河べり/角田太一

芽柳をぬけ来る風の歩道橋/平林孝子

芽柳に遊ぶ鳥まだ寒げなり/上島鬼貫

重き風来て軽き風芽柳に/後藤比奈夫

芽柳のゆれ八方に風四方に/松本三余

芽柳の微風サラリーマンの昼/塙告冬

谷地柳芽吹く一帯の雪解水/内藤吐天

芽柳の水に綾ある日となりぬ/上村占

芽柳の触れゐる鰻供養の碑/花田由子

芽柳の風が遊ぶや鏡花みち/小西久子

芽柳の高きに垂るる糸短か/清崎敏郎

柳の芽弁天さまを素描せり/渡辺恭子

芽柳は水の光の上に垂れ/成瀬正とし

芽柳や友禅ひかりつゝ流れ/岸風三楼

水嵩の一夜に増しぬ柳の芽/那須乙郎

芽柳や明治の鉄の橋架けて/石塚友二

白山のまだ眠りをる柳の芽/細川加賀

空汚れ街の澄む日や柳の芽/京極杞陽

舟宿に江戸の川絵図柳の芽/山田凉子

芽柳や木橋の架かる民芸店/下山宏子

俳句例:41句目~

芽柳につかまってゐる雀かな/栗島弘

芽柳に曲線といふ風のあり/三須虹秋

ほつかりと黄ばみ出でたり柳の芽/曉台

芽柳の奥たのもしき風情かな/上島鬼貫

芽柳のセエヌ瞬く夜や逢ひし/小池文子

ここに来て天気足踏み柳の芽/高澤良一

さくばくと芽柳の風吹き余る/松村蒼石

退屈なガソリンガール柳の芽/富安風生

雲寒く眼につらなりて柳の芽/太田鴻村

クレーンの動き始めし柳の芽/行方克巳

芽柳の浅黄萌黄を風の梳く/阪尻勢津子

思ひ出は芽柳に花見しごとく/松村蒼石

日雇らのゝしられをり柳の芽/岩田昌寿

芽柳の記憶の町となりにけり/稲畑汀子

芽柳の夢見るための眠りかな/野澤節子

芽柳の街来て空也最中かな/山崎ひさを

良きことの大方は些事柳の芽/高橋悦男

芽柳に汽車の笑つてよりうごく/松澤昭

芽柳へ近寄りてゆくみな老後/中西舗土

芽柳の枝のひまひまさへ揃ふ/皆吉爽雨

俳句例:61句目~

銀行がここにありしか柳の芽/永井龍男

集団就職やがて汚れる柳の芽/鈴木石夫

雨にそひ雨のふりそひ柳の芽/皆吉爽雨

芽柳のしだるる意志のありそめし/汀子

芽柳や傘さし上げてすれ違ふ/満田春日

風に揺れ瀬音に揺れて柳の芽/松添博子

芽柳の水にとどきし二三すじ/瀧村水峯

芽柳や泥まみれなる馬車駐まる/遠藤梧逸

芽柳や片脚鳥居のこのバランス/横山白虹

芽柳の曇り居る日にたれさがる/高木晴子

芽柳をあふぎてつひに縋れなし/皆吉爽雨

芽柳もゆれ吾が心定まらず/飯泉/たつ子

芽柳のながれて風のまゝにあり/鈴木花蓑

いま触れし風か芽柳きらきらす/平子公一

夜空より垂るゝ芽柳バスを待つ/鳴沢花軒

柳の芽突然の訃を信じえず/久保田万太郎

疎にありて風にもつれぬ柳の芽/稲畑汀子

芽柳に風の木となる夜のあたり/藤本桜子

芽柳に風やはらかき水都かな/伊藤いと子

芽柳や加太の入江は汚れたり/五十嵐播水

俳句例:81句目~

高きよりはじまる垂れ枝柳の芽/皆吉爽雨

刻々と待つ御誕生柳芽吹く/長谷川かな女

柳芽をふきて又一日はたびら雪/松岡青蘿

柳芽を吹いて四条のはたごかな/夏目漱石

芽柳や水の真菰は枯れしまゝ/水原秋桜子

柳芽ぶけり町の裏手の四手網/松崎鉄之介

西湖微風やうやう柳の芽の噴ける/高澤良一

スプレーの一吹き柳芽ぐみけり/佐藤みちゑ

あれも駄目これも駄目な日柳の芽/加藤覚範

きのふよりけふのあしたの柳の芽/長谷川双

芽柳のおのれを包みはじめたる/野見山朱鳥

芽柳に焦都やはらぎそめむとす/阿波野青畝

ひとすぢの垂れしあはさの柳の芽/長谷川素逝

柳の芽雨またしろきものまじへ/久保田万太郎

いまはたゞ柳芽ぐむを待つばかり/久保田万太郎

辛うじて芽やなぎ水にとゞきけり/久保田万太郎

柳芽悲し九年まえ僕は轉向書に忠誠申しあぐ/橋本夢道

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ