季語/夏近し(なつちかし)を使った俳句

「夏近し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏近し」について

【表記】夏近し

【読み方】なつちかし

【ローマ字読み】natsuchikashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏隣る(なつどなる:natsudonaru)

・夏隣(なつどなり:natsudonari)

・夏近む(なつちかむ:natsuchikamu)

・近き夏(ちかきなつ:chikakinatsu)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

夏近しを含む俳句例

樹上より子の脚二本夏隣/林翔

夏近し眠らず夜の大欅/松澤昭

老幹を雨光り落つ夏隣/岡本眸

甲州や悉く夏近き山/古屋夢拙

長安に落雷早し夏隣/渡辺波空

夏近し雲取山に雲湧けば/轡田進

夏近し朝顔形の白き雲/京極杞陽

蝶に舌花に蜜あり夏隣/藤田湘子

樹の上の星の感触夏隣/小澤克己

竹林を抽く大欅夏近し/細田寿郎

盤石をぬく燈台や夏近し/原石鼎

跳ね上る鯉の掛軸夏隣/大森松枝

襖絵の風神雷神夏近し/藤井寿江子

物の香の立つや厨の夏隣/巌谷小波

夏隣る早瀬の石を家づとに/瀧春一

葡萄作りは皆若者よ夏近し/瀧春一

我郷や三山二水夏近し/長野十二星

回転ドア軽々と出る夏近し/堀政尋

桟橋に散る船虫や夏近し/籾山柑子

夏近き島に女の籠る家/宇多喜代子

俳句例:21句目~

旅人の墓に飯供き夏近し/角川源義

夏近き禁裡の雲に啼く鴉/飯田蛇笏

夏近き近江の空や麻の雨/村上鬼城

夏隣妻の廚に日のなごり/木津柳芽

茶畑の月夜にはかに夏隣/小巻豆城

小包の紐切る音も夏近し/高澤良一

夏隣る幾むらさめや楢林/西島麦南

盛そばの浅き器や夏隣/八幡より子

辣韮の露彩なして夏近き/飯田蛇笏

ペリカンの嘴幅広し夏近し/森山英子

三味習ふ磯家の夜や夏近し/中島月笠

五分保つ苗代水も夏近し/広江八重桜

劉生の道の画ばかり夏近し/高澤良一

夏近う蛙の殖える門田かな/会津八一

夏近き吊手拭のそよぎかな/内藤鳴雪

夏近き泡盛といふ花が咲く/渡辺波空

夏近き雨が降るなり土管口/菖蒲あや

夏近く良平の絵の佐渡航路/高澤良一

夏近しその口たばへ花の風/松尾芭蕉

夏近し家を囲める幹の影/片山由美子

俳句例:41句目~

夏近し澗水に散る竹の花/廣江八重櫻

夏近し父の着尺の縞こまか/永田耕衣

夏近し荵に水をやりしより/高浜虚子

夏近し野球部のみな丸坊主/橋本榮治

夏近し黒髪切って身重の娘/佐藤耶重

夏近や廚修理も水の排泄/松根東洋城

夏隣る丁字の花に占も見る/内田百間

夏隣る浅蜊の舌の餌痺れに/内田百間

夜々遅く水使ふ音夏近し/石田阿畏子

轢死またひとりの歴史夏隣/櫂未知子

校庭に犬吠ゆるなり夏近く/内田百間

椎の木のもと鋤き込むや夏隣/岸田稚

海近く住み潮の香に夏近し/稲畑汀子

烏賊干して焼津の港夏近し/田中冬二

百島の一島そこに夏近し/松根東洋城

かき揚のからりと揚がり夏隣/岸田稚

ひとりづつ既決箱へと夏隣/櫂未知子

鉄塔の列を正して夏近し/大月智恵子

まな板を橋と掴みて夏近し/依光陽子

須磨寺に水経をこそ夏隣/山田みづえ

俳句例:61句目~

顔も膝も蔦の羅漢や夏近き/渡辺水巴

夏ちかき樗のかげの搾乳舎/西島麥南

夏ちかき禁裡の雲に啼く鴉/飯田蛇笏

神々を咫尺の俳話夏ちかむ/宮武寒々

海沿ひに自転車つらね夏隣/岡部名保子

草冷えの手足づたひに夏隣り/原子公平

夏近し短めに切る吾子の髪/村中千穂子

煮るものに大湖の蝦や夏近し/飯田蛇笏

夏近し橋より見えて橋二つ/大岳水一路

夏近く葎のしづくこぼれけり/松瀬青々

夏近し講道館に灯の入りて/石田あき子

旧藩邸木の香水の香夏近し/柴田白葉女

暮れて来て植う草花や夏隣/金尾梅の門

夏近し二の腕軽く機を織り/安達実生子

芹の茎夏近き風に倒れたり/岡本癖三酔

解夏近し詩偈亦百を数へけり/喜谷六花

山の子の声みどりなる夏隣/小坂優美子

遠き声音近き言葉や夏近づく/成田千空

夏近し真白に蔵を塗り替へて/松本美簾

大き夏近づく幹を抱きやれば/村越化石

俳句例:81句目~

夏近し澗水に浮く刎釣瓶/長谷川零餘子

夏ちかき晩餐の花器水満てり/石原舟月

母の挿木生きし広葉や夏隣/大谷碧雲居

夏ちかし髪膚の寝汗拭ひ得ず/石橋秀野

水つかふ音耳もとに夏近し/柴田白葉女

夏近し夢の切れ目が生き活きと/河野南畦

夏近し不死男の海に子を遺らむ/石川桂郎

米の在り処みその置場よ夏隣/稲垣きくの

夏近くある雨後の木のささくれに/中田剛

菜の花の咲き咲き伸びて夏近く/会津八一

供花の水こまめに替へて夏隣/矢口由起枝

まながひを離れぬ蝶や夏隣/久保田万太郎

手紙かくや蔦に灯を置く夏隣/大谷碧雲居

夏近しまなかひつくる蝶一つ/久保田万太郎

気怠さのミルク飲み干し夏近き/藤原たかを

白鳥に撒く餌ひかりて夏近し/久保田万太郎

夏近し焼くるとよりは烹ゆる肉/久保田万太郎

つぎくるゝ茶のすぐ冷えて夏近し/久保田万太郎

草ひけばお指に風や夏ちかし/『定本石橋秀野句文集』

皿程の青桐の葉や夏近し/稿本虚子句集/高濱虚子/今村一聲編

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ