季語/夏桑(なつぐわ)を使った俳句

「夏桑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏桑」について

【表記】夏桑

【読み方】なつぐわ

【ローマ字読み】natsuguwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏桑を含む俳句例

夏桑の中の灯明や御山口/長船

夏桑にいざ鎌倉の道残り/森田峠

夏桑に河曲り村曲りをり/山崎寥村

夏桑や赤彦の墓畑上に/田上さき子

桑照りに山坂照りに郵便夫/森澄雄

夏桑に渡り廊ある湯治宿/波多野爽波

夏桑に錚々と雨甲斐に入る/井沢正江

夏桑に雨来る音の別れぎは/木村蕪城

夏桑や日は南中の武甲山/光信喜美子

夏桑や甲斐の山々裾急に/市川東子房

夏桑や裾をあらはに蔵王山/池田秀水

母との別れ五月満月桑照らし/有働亨

夏桑に寺まづ見えて宿に入る/木村蕪城

夏桑に雨の降り来し馬籠かな/井上史葉

夏桑の一枚の葉もよごれなし/河口游子

夏桑の上に手を振る別れかな/大隈草生

御召列車過ぐ夏桑に巡査立ち/館岡沙緻

土蔵に青嶺の群るる桑照りぬ/桂樟蹊子

夏桑に沿ひいきなりの汽笛かな/永方裕子

夏桑に石地を来たるてふてふよ/田中裕明

俳句例:21句目~

夏桑に破れすたれし飼屋かな/松本たかし

高嶺の黙男突つ立ち夏桑つむ/加藤知世子

桑照りの近江に祖母の墓ひとつ/関戸靖子

夏桑のしんしんたるは摘みがたし/栗生純夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ