季語/雪(ゆき)を使った俳句

「雪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪」について

【表記】雪

【読み方】ゆき

【ローマ字読み】yuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・六花(むつのはな:mutsunohana)

・雪の花(ゆきのはな:yukinohana_)

・雪華(せっか:sekka_)

・雪片(せっぺん:seppen)

・粉雪(こなゆき:konayuki)

・積雪(せきせつ:sekisetsu)

・根雪(ねゆき:neyuki)

・新雪(しんせつ:shinsetsu)

・しまり雪(しまりゆき:shimariyuki)

・ざらめ雪(ざらめゆき:zarameyuki)

・湿雪(しっせつ:shissetsu)

・べと雪(べとゆき:betoyuki)

・雪紐(ゆきひも:yukihimo)

・筒雪(つつゆき:tsutsuyuki)

・冠雪(かむりゆき:kamuriyuki)

・雪冠(ゆきかむり:yukikamuri)

・雪庇(せっぴ:seppi)

・水雪(みずゆき:mizuyuki)

・細雪(ささめゆき:sasameyuki)

・餅雪(もちゆき:mochiyuki)

・小米雪(こごめゆき:kogomeyuki)

・衾雪(ふすまゆき:fusumayuki)

・雪風(ゆきかぜ:yukikaze)

・雪明(ゆきあかり:yukiakari)

・雪の声(ゆきのこえ:yukinokoe)

・大雪(おおゆき:oyuki)

・小雪(こゆき:koyuki)

・深雪(みゆき:miyuki)

・雪月夜(ゆきづきよ:yukizukiyo)

・雪晴(ゆきばれ:yukibare)

・雪景色(ゆきげしき:yukigeshiki)

・暮雪(ぼせつ:bosetsu)

・雪国(ゆきぐに:yukiguni)

・深雪晴(みゆきばれ:miyukibare)

・雪後の天(せつごのてん:setsugonoten)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪を含む俳句例

細雪一茶の国の夕間暮/裕

魚食うて口腥し昼の雪/成美

雪国の大蕣の咲にけり/一茶

雪国や膕に透く一静脈/林桂

雪国へ帰る人あり冬籠/田福

山に雪降迚耳の鳴にけり/一茶

菊月や外山は雪の上日和/一茶

金箔師鯉師の深雪暮かな/林桂

六花清く崩れし掌/稲畑廣太郎

雪曇身の上を啼く烏かな/丈草

下京や雪積む上の夜の雨/凡兆

囀りや宿雪の上を水流れ/八束

遠き鴨蜑の早寝に雪積り/林翔

寒鮒の籠も秤も粉雪かな/龍雨

川上に雪降る夜の火消壺/広治

帰去来山国へ雪国へ/橋本榮治

蒼海に果つ雪国の雪岬/大橋敦子

葬の雪の上誰が転びしや/岸田稚

飾り臼南の窓の雪明り/村上一央

雪曇りして一日の表裏見す/原裕

俳句例:21句目~

湖に群衆の如く雪降れり/上野泰

修行者に此杖やらん夜の雪/むめ

日本曹洞第一道場深雪晴/上村占

通る雲雪片こぼす猫柳/遠藤梧逸

花の中雪片こほる椿かな/中田剛

炭竈や雪の上行夕煙り/松岡青蘿

風神の膝に力の雪明り/古館曹人

死ぬる夜の雪降りつもる/山頭火

山吹や根雪の上の飛騨の径/普羅

飄客の束ね髪なり雪景色/小澤實

転轍の孤影に飛雪集中す/三谷昭

水滴を待つ硯あり雪曇/石川桂郎

乞食の事いふて寝る夜の雪/李由

自転車の翳に鳩ゐる雪国よ/林桂

おらが世は臼の谺ぞ夜の雪/一茶

美しき日和になりぬ雪の上/太祇

非目前深雪の杉の立話/和知喜八

飾り臼南の窓の雪明り/村上一央

蝋燭のうすき匂ひや窓の雪/素牛

雪国や青日輪の炎垂れ/近藤一鴻

俳句例:41句目~

開山の昔を今や深雪寺/尾崎迷堂

夥かに炭こぼしけり雪の上/銀獅

切張りの隙は有けり窓の雪/調鶴

降れ粉雪後段は庭の杉楊枝/元求

隧道の中も勾配雪国は/茨木和生

輪飾や鏡中雪の降りしきる/龍雨

はつ雪の降出す此や昼時分/傘下

夜晴れて朝又降る深雪かな/虚子

掌の山の一つに雪降らす/松澤昭

丸窓の雪に灯ともる実南天/九郎

片膝をついて深雪や凍死人/紅実

降る雪に金の卵を想ひゐる/林桂

下窓の雪が明りのばくち哉/一茶

秩父路の臍や雪積む観世音/原裕

墓の上雪夜の潮流れをり/岸田稚

雪国の桜の花は小粒哉/正岡子規

松島は薄雪平泉は深雪/田村了咲

駅の名の峠と呼ぶや雪の声/寅彦

小便所の油火にちる粉雪哉/一茶

雪国の細月の縁朱に燃え/上村占

俳句例:61句目~

小便の数もつもるや夜の雪/貞室

雪の上に白き雪降る廓址/有働亨

山荘に飯噴く匂ひ細雪/伊藤敬子

雪国の駅は洞窟目が並び/三谷昭

積雪に夕空碧み雲の風/飯田蛇笏

北斎の海に雪降る涅槃かな/春樹

雪の上ぽつたり来たり鶯が/茅舎

雪国や人若やぎて盲縞/橋石和栲

粉雪の篝火に降る寒詣/長谷川櫂

雪国や土間の小すみの葱畠/一茶

粉雪や朝より熱き女の身/森澄雄

もう帰らん茶釜の下の秋の暮/雪色

根雪ふみ新雪にぬれ旅の町/及川貞

根雪まで灯届かず授乳室/中澤康人

蛎船の障子細目や夜の雪/三宅孤軒

熊突の夫婦帰らず夜の雪/名倉梧月

梅さくや赤土壁の小雪隠/広瀬惟然

漆にはうるしを重ね夜の雪/管タメ

わが母郷雪国の海蒼き町/大橋敦子

樽さげて酒屋おこさん夜の雪/二柳

俳句例:81句目~

椿姫の耳に囁く粉雪かな/仙田洋子

積雪の籠城や女を人質に/藤森成吉

楽書も訴へに満つ雪明り/中島斌男

戸まどひや呉竹くゞる夜の雪/西望

西方も粉雪の眉毛充満す/永田耕衣

夜の雪晴れて薮木の光りかな/浪化

雪月夜裸婦の屍伏し~て/渡邊水巴

夜の雪だまつて通る人もあり/一茶

一切を断ち雪国の重襖/鷲谷七菜子

橙や遠山はまだ雪降らず/角川春樹

一撞一礼飛雪に年を畏みぬ/森澄雄

一文字に雁去る朝の雪曇/石塚友二

雷鳥や霧海の底の雪明り/大森桐明

一筋の深雪の径の追儺寺/梧桐青吾

水青し土橋の上に積る雪/夏目漱石

ねむれざる瞼の裏に雪降らす/楸邨

降り積る雪より白し波の花/浦幸雪

鶯の畳さはりや雪のうへ/立花北枝

蹇に縋り寝の子よ雪明り/小林康治

炭竃や雪のうへ行く夕けぶり/青蘿

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ