季語/青田(あおた)を使った俳句

「青田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青田」について

【表記】青田

【読み方】あおた

【ローマ字読み】aota

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青田面(あおたのも:aotanomo)

・青田風(あおたかぜ:aotakaze)

・青田波(あおたなみ:aotanami)

・青田道(あおたみち:aotamichi)

・青田時(あおたどき:aotadoki)

・青田売(あおたうり:aotauri)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

青田を含む俳句例

青田より水の高さや蓴沼/虚子

涼風や青田の上の雲の影/許六

宵闇の里や青田の水廻り/巴水

磐梯の水や光や青田風/高澤良一

故山また造成禿青田中/皆吉爽雨

芦鳴らし来て縹渺の青田風/林翔

青田かな大暗黒の畳かな/佃悦夫

除草機を通す青田の青櫛目/羽公

隧道を出でゝ十里の青田哉/斜汀

園児等は流動木に青田風/新純子

飛び習ふ青田の上や燕の子/麦水

山々を低く覚ゆる青田かな/蕪村

宙をふむ人や青田の水車/正岡子規

青田青くする辛抱の水ぐるま/静塔

涯しなき青田炎天白濁す/相馬遷子

青田道村の燕もここらまで/大串章

脊戸の不二青田の風の吹過る/一茶

一切を忘る満目青田にて/山口誓子

青田原若き警官出勤す/和田耕三郎

一面に石灰ふりし青田哉/寺田寅彦

俳句例:21句目~

二日目も青田青山与謝郡/今瀬剛一

山鳩よ世襲の青田鉄錆水/津田清子

俄か雲隣る青田の色まさり/及川貞

信濃川大き青田を曲流す/山口誓子

窓々や青田見めぐる羅漢堂/泉鏡花

斑鳩の双塔へだつ青田風/山口順子

先生の月の句遺る青田道/京極杞陽

青田より光湧き出づ朝曇/相馬遷子

草津より湖や青田や姥ケ餅/森澄雄

青りんご青田青風岩木山/高澤良一

土佐は今二番苗代青田中/高濱年尾

空と山画然として青田風/原コウ子

風はしり青田に広さ加はるも/清子

なつかしき津守も遠き青田哉/蕪村

夕ぐれや藪も青田も雨のあと/播水

青田風机上には稿半ばにて/及川貞

青田風山門を入り松風に/川村紫陽

青田風吹く斑鳩の裏鬼門/橋本榮治

朝起の顔ふきさます青田かな/惟然

闇中に青田浮ぶや一螢火/相馬遷子

俳句例:41句目~

みちのくの青田に降りる山の雲/稚

大雨の濡して過ぎし青田哉/谷活東

大青田一点白き農夫かな/丸田美年

女来て青田の風の中に立つ/皆吉司

開拓の地や直情の青田風/東野礼子

通り過ぐ青砥の里の青田哉/小澤碧童

峠から一川糸に青田かな/東洋城千句

川藪に夕靄下りし青田かな/西山泊雲

逆波もまた青くして青田風/川村草生

楽しさや青田に涼む水の音/松尾芭蕉

お祭の三島の道の青田かな/野村喜舟

榜示杭に道の分るゝ青田哉/寺田寅彦

迷ひ蝉家筒抜けてまた青田/茨木晶子

縦横に空が映りし青田かな/高木晴子

疑ひもなき豊作の青田照り/右城暮石

農薬の霧押し返す強青田/百合山羽公

母の床のつめたき敷布青田村/中拓夫

新道や青田をはすに一文字/寺田寅彦

鷭鳴いて青田茫々湖かこむ/堀口星眠

そこから青田のよい湯かげん/山頭火

俳句例:61句目~

驟雨くる青田きちきち雀とぶ/中拓夫

農婦らの声透明に青田の夜/西村公鳳

青田風癩者ちかづく鈴の音/江里昭彦

青田風吹く一村の大藁屋/吉光/久馬

青田風吹き込む三番札所寺/高澤良一

青田風不便承知で移り来て/松尾緑富

みちのくの青田晩年感兆す/辻田克巳

谷風や青田をまはる庵の客/内藤丈草

青田青し明治大正昭和経て/津田清子

むら~と黒煙立ち濃き青田/久米正雄

青田貫く一本の道月照らす/臼田亞浪

千枚の青田渚になだれ入る/佐藤春夫

井田をなせり越後の大青田/山口誓子

合羽着て父煙り去る青田道/石塚友二

青田中信濃の踏切唄ふごとし/大串章

雨煙る青田に鷺を点じけり/今泉貞鳳

雨の中風すぢしるき青田かな/龍之介

朝の籠の鳥あらあらし青田風/中拓夫

花菖蒲青田の水が流れ寄る/西本一都

一点の偽りもなく青田あり/山口誓子

俳句例:81句目~

青田出て色失へり余り水/篠田悌二郎

土間ぬけて遠山へ去る青田風/桂信子

月山は霧籠め朝の青田の香/高澤良一

一枚の青田は風の交叉点/加藤あけみ

陸中の青田青田に眼の展け/高澤良一

落柿舎や青田の風を筋向ひ/椎橋清翠

青田まで走つてゆきし少年期/皆吉司

清浄と男鹿の青田に注ぐ雨/高澤良一

青田中大師の甍据わるかな/野村喜舟

村遠く赤き旗立つ青田かな/会津八一

目路の果青田の果の秋の雲/原コウ子

大垣や青田の中に川が見ゆ/関塚康夫

大粒の雨降る青田母の故郷/成田千空

青田にゐて鼓膜の中の昼花火/中拓夫

青田波行くは遊行か笠一つ/平田君代

仏にはふれず青田を帰りけり/原田喬

白き蝶青田を翔けて翅汚る/相馬遷子

白鷺が降りて沈みし青田波/浜田漁子

月遅き青田外れの端山かな/籾山柑子

望郷や青田を走る風見えて/米澤治子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ