季語/能初(のうはじめ)を使った俳句

「能初」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「能初」について

【表記】能初

【読み方】のうはじめ

【ローマ字読み】nohajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初能(はつのう:hatsuno)

・舞台始(ぶたいはじめ:butaihajime)

・御能始(おのうはじめ:onouhajime)

季節による分類

・「の」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

能初を含む俳句例

能始観世屋敷に大鼓/長山順子

能初め鉾神の坐す荒筵/巌谷小波

能始め鉾神の座す荒莚/巌谷小波

面箱に太夫正座や能始/大川千里

初能の鏡の間より調べ笛/岩崎眉乃

息ながき男のこゑや能始/伊藤道明

笛方のしづ~と出や能始/鈴木芳如

美しく狂うてみせし能始/百瀬美津

能始著たる面は彌勒打/松本たかし

鼓座のいかれる肩や能始/下田童観

初能の稚児神妙に大地踏み/太田権六

初能や松笠見ゆる橋掛り/佐野青陽人

初能や神を誘ふ燭あかり/竹内喜代子

初島へ向ふ水脈あり能始/田川飛旅子

幕に立つシテに切火や能始/金井綺羅

息吸うて謡ひ出でたる能始/岩田由美

息長く呼び掛け出でて能始/三村純也

白洲ある古き舞台の能始/松本たかし

素袍著て楽屋込みをり能始/佐野ヽ石

初能の鶴の大砲皆舞ヘリ/長谷川かな女

俳句例:21句目~

初能やしめ緒はらりと鼓置く/西堀貞子

お能始の一笛澄めるお幕ぬち/原田岐水

潮鳴りのときをり高し能始め/小澤克己

初能や帰還兵大五郎笛の座に/佐野青陽人

初能や朝より碧落たまはれり/小枝秀穂女

翁立ちて初能の皷冷々たり/長谷川かな女

打ちつけし根つきの松や能始/小林幸太郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ