季語/初明り(はつあかり)を使った俳句

「初明り」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初明り」について

【表記】初明り

【読み方】はつあかり

【ローマ字読み】hatsuakari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初夜明(はつよあけ:hatsuyoake)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初明りを含む俳句例

鶏鳴のめぐる一木初明り/原裕

雪山の初明りして狐罠/小坂順子

柊の一樹を通る初明り/野沢節子

摩天楼硝子音階初明り/仙田洋子

初明りもつとも光る喉仏/齋藤玄

波音の改りたり初明り/高浜年尾

面の眼の穴の常闇初明り/田村了咲

初明りあしたの雪の田に里に/徂春

忽ちに浦の戸毎の初明り/長岡貝郎

わが庵の即ち楠の初明り/星野立子

カーテンの隙一寸の初明り/瀧春一

初明りして金婚を経し一歩/及川貞

一生の今といふ刻初明り/中嶋秀子

除雪車の通りし道に初明り/関秀子

観覧車一席づつの初明り/塩川雄三

舟小屋の柱は丸太初明り/川上季石

明治百又一年の初明り/下村ひろし

礁打つ潮の穂先の初明り/小坂灯村

海という大き胎動初明り/中村正幸

僧列に会ひし石段初明り/石井華風

俳句例:21句目~

黒豆は黒汁びたり初明り/山本紫黄

初明り渚をのばす伊良湖岬/伊藤敬子

初明り火鉢の焔立ち来けり/臼田亞浪

さきがけて鶲の声の初明り/田村木国

初明り病床清瀬も夜明けなむ/及川貞

ちちははも夫も佛や初明り/上野章子

初明り粉乳へ挿す銀の匙/田川飛旅子

初明り覚めし藁コの忍び駒/河合未光

勲章の重さ老躯の初明り/芥川龍之介

乾坤の闇の溶けゆく初明り/伊東宏晃

夜を徹す往診なりし初明り/小島隆保

伎芸天かしげる面に初明り/石川魚子

初明りたてがみ白き三春駒/高木公園

太古より壺は壺形初明り/岩淵喜代子

奥宮の杉生香に立つ初明り/長尾久子

子等成人吾等は閑居初明り/高木晴子

山荘に天窓よりの初明り/青木起美子

岩窟をどよもす浪に初明り/福田蓼汀

六十年寝起きの一間初明り/高澤良一

島びとの潮汲む磯の初明り/宮原双馨

俳句例:41句目~

明星いまだ金色保つ初明り/相馬遷子

枕邊のものゝ形や初明り/鈴木洋々子

湖のひろがりてゆく初明り/佐藤梧林

火の山の裾の障子の初明り/宮坂静生

独居して竹四五本の初明り/野澤節子

紅失せて童女の寝顔初明り/平畑静塔

聖鐘や海へひろがる初明り/朝倉和江

葛飾に残れる松の初明り/能村登四郎

遠国の雪の音きく初明り/殿村莵絲子

金魚田の十字の畦の初明り/木村蕪城

雨戸繰る一枚づつの初明り/高久フミ

初明り何か幸せあるがごと/田中冬二

初明り光の繭のなかにゐて/平井照敏

初明り妻の雑巾大きかり/河野多希女

初明り待つ間の松の真上星/加藤燕雨

うす衣をまとひ三輪山初明り/岡本春人

お城山やうやくそれと初明り/高浜年尾

嗽ぐ水まろくあり初明り/長谷川かな女

初明り神います山聳てりけり/河合未光

生きざまを妻な笑ひそ初明り/水野柿葉

俳句例:61句目~

地球儀をくるりと廻す初明り/永田呂邨

老母と寝る二夜の寝息初明り/安井昌子

保育器に未熟児眠る初明り/佐野たけ子

初明り気比の神水豊かなる/上田恵美子

光るもの波となり来し初明り/稲畑汀子

八ケ岳まづ一峰の初明り/宇都木水晶花

来し方を皆佳しと思ふ初明り/遠藤はつ

縄文の夢の賀毘禮嶺初明り/小松崎爽青

初明かり薔薇園はまだ闇の中/原田青児

国引きの風土記の浜の初明り/岡崎憲正

初明りして胸中のモツアルト/平井照敏

境涯は至福と言はん初明り/浅井青陽子

真名鶴の声こんこんと初明り/白澤良子

初明り港は未だ灯を消さず/五十嵐播水

堰を越す水のとらへし初明り/木下夕爾

富士と我隔つものなき初明り/手島靖一

初明りみたらしの氷たゝく音/高田蝶衣

初明りみづうみ靄をひらきけり/伊藤純

初明りもとより障子明りなす/石川桂郎

初明り山河を前のわが庵/阿部みどり女

俳句例:81句目~

初明り大宍道湖を展べんとす/西本一都

虚子の句の飯野山より初明り/浜川穂仙

衢路にあそべる鳩に初あかり/木津柳芽

初明り妙義を遠の畦に置き/市村究一郎

摩天楼揺れてくるなり初明り/秋本敦子

初明り不条理をもて稿終る/鈴木六林男

魚の夢に青く染まりし初明り/大島雅美

初明りわがステンレス流し台/山根真矢

初明りもろ~のもの浮み出づ/佐藤漾人

初明り書架の背文字の中の金/蓬田紀枝子

焼あとに富士しづまりし初明り/中川宋淵

玄海の潮路の雲に初明り/吉武月二郎句集

竜吐水の音のたかまり初明り/田中みち代

つくばひの氷の上や初明り/阿部みどり女

クレソンの水にはじまる初明り/河合凱夫

三輪山の見ゆる窓より初明り/小澤満佐子

修法の手跏坐にむすんで初明り/荒木東皐

八十路半ば胸の奥まで初明り/水原秋櫻子

影といふものまだ曳かず初明り/鷹羽狩行

初明りかがやける手を子に与ふ/今瀬剛一

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ