季語/遅春(ちしゅん)を使った俳句

「遅春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「遅春」について

【表記】遅春

【読み方】ちしゅん

【ローマ字読み】chishun

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春遅し(はるおそし:haruososhi)

・遅き春(おそきはる:osokiharu)

・春遅々(はるちち:haruchichi)

・おそ春(おそはる:osoharu)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

遅春を含む俳句例

春遅し泉の末の倒れ木も/石田波郷

春遅々と一禽ゐ鳴く旱雲寺/橋本榮治

春遅々と毛布の中の空気さへ/辻桃子

この村の瀬音に春の遅れをり/亀井糸游

大阪の水辺の春の遅々として/高濱年尾

悠久といふ時をふと春遅々と/正田稲洋

春遅し山田につゞく萸ばやし/井原西鶴

病む母の軽き寝息や春遅々と/石川栄枝

藻がらみの白魚に春遅きかな/中村苑子

鬼は外我が家に春の遅きかな/角川源義

春遅々とたためる傘の滴れり/蓬田紀枝子

栗鼠の尾の土牢を掃き春遅し/大木あまり

竹林の春遅々と老いたまひけり/松村蒼石

遅き春喰ひては寝るよ肝病めば/北野民夫

ぞくぞくと竹がそびえて春遅し/鷲谷七菜子

わが快き日妻すぐれぬ日春遅々と/富安風生

奔流のあをふかければ春遅々と/伊藤いと子

古雛の目もとかそけくなりはててみちのく遅き春をみており/馬場あき子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ