季語/朧(おぼろ)を使った俳句

「朧」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朧」について

【表記】朧

【読み方】おぼろ

【ローマ字読み】oboro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朧夜(おぼろよ:oboroyo)

・草朧(くさおぼろ:kusaoboro)

・谷朧(たにおぼろ:tanioboro)

・燈朧(ひおぼろ:hioboro)

・鐘朧(かねおぼろ:kaneoboro)

・庭朧(にわおぼろ:niwaoboro)

・海朧(うみおぼろ:umioboro)

・岩朧(いわおぼろ:iwaoboro)

・家朧(いえおぼろ:ieoboro)

・朧めく(おぼろめく:oboromeku)

季節による分類

・「お」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

朧を含む俳句例

雁の声朧々と何百里/支考

沫雪の日の中消て朧哉/成美

朧より水運び来し塵芥/原裕

花曇朧につづく夕べかな/蕪村

夕朧笈摺堂に白ふやす/杉本寛

朧々ふめば水也まよひ道/一茶

辛崎の松は花より朧にて/芭蕉

浪音の今宵は遠し草朧/本井英

誰訪ひて心満たさむ夕朧/林翔

初朧大蛤を僧の焼き/関森勝夫

狩くらす花の朧を歩路かな/東助

章臺や柳に妓楼朧なり/寺田寅彦

春雨の中におぼろの清水哉/蕪村

夕明り麦笛既に朧めき/河合凱夫

病妻を曳く肉片の朧の手/斎藤玄

美しき学校あらば草朧/攝津幸彦

朧なり甍をうめて山の道/中田剛

外濠の向う朧に牢屋町/石黒裕運

此國の山皆まろき朧哉/寺田寅彦

石棺の蓋あいてゐる朧かな/黛執

俳句例:21句目~

わが窓の灯の果の草朧/星野立子

鳥眠る沼の朧を櫂の音/佐野美智

鬼橋の朧を渡る狐かな/椎橋清翠

湯煙りの白粉臭き朧哉/寺田寅彦

花朧樹の脈拍を感じおり/大高翔

大仏の真正面の朧かな/岡田史乃

中幕は延寿太夫の朧かな/龍岡晋

辛崎の朧いくつぞ与謝の海/蕪村

十一面千手観音朧へ手/松山足羽

億兆の魚介眠れる海朧/岡安迷子

朧とは桜の中の柳かな/正岡子規

見送りし朧々の後ろ影/高浜虚子

西山や花の朧に日の落つる/士巧

蛙ともならまし悔や草朧/原石鼎

朧なる湖に瀕死の白樺/堀口星眠

初朧隣へひとつ届け物/村越化石

眼界や朧に消ゆる蝶の翅/石塚友二

雛の軸おぼろ少女と老婆寝て/原裕

炭焼や朧の清水鼻を見る/榎本其角

船溜り船の素顔の朧にて/出田洋子

俳句例:41句目~

朧の灯すこし離れて屍室/橋本榮治

藍玉の立方体の朧かな/伊藤いと子

いつの世も朧の中に水の音/桂信子

鳥塚を経て虫塚へ草朧/櫛原希伊子

千枚田朧へ影を重ねけり/松岡悠風

雨音やいとゞ朧と思ひしに/原石鼎

南麓に灯の帯展け朧富士/川村紫陽

水郷の橋みな低く朧かな/浅野右橘

朧中二人の心一つかな/大場白水郎

閉さでおく坊の雨戸や滝朧/峰山清

家の鍵換えて朧の鈴の音/中里行雄

一斉に客の帰りし朧かな/塩谷康子

家中の柱が芽吹く朧かな/齋藤愼爾

寄宿舎に賊を捕へし朧哉/寺田寅彦

万亭は土蔵ある庭朧濃し/渡邊水巴

朧人一人ベンチに来てかけし/篠原

還らじの人指折りて花朧/千原叡子

辻仏灯して朧ふやしけり/毛塚静枝

燈明に離れて坐る朧かな/斎藤梅子

古都五山朧の鐘の響き合ふ/沖鴎潮

俳句例:61句目~

浅草寺扉しめたる朧かな/増田龍雨

自らを緊めて朧の壺の首/河合凱夫

浜朧芥焼く火の高からず/関森勝夫

吾れ朧世も朧なり猫を膝/村越化石

身に一つ加へし忌日初朧/目迫秩父

谷ごとに仏のおはす朧かな/飴山実

灘御影酒倉つづき朧なる/田中冬二

伴天連を伝へし島の朧かな/上村占

深深と朧思いの瓦礫かな/永田耕衣

山おぼろ檻に納まる穴仏/高松遊絲

狂乱や朧の影は鐘にあり/島田青峰

暁の夢かとぞ思ふ朧かな/夏目漱石

管楽器絃楽器眠り朧かな/松山足羽

角力取露けき旅をつゞけけり/朧雨

はや~と巣雀ねむり朧かな/原石鼎

朧とはなりぬ昴も西の星/山本歩禅

竹の根が岬を縛る朧かな/大屋達治

朧なり次の朧はまだ見えず/原田喬

灯明に離れて坐る朧かな/斎藤梅子

朧なり猫がもどりて蜜柑箱/中田剛

俳句例:81句目~

少女の絵みな鳥となる昼朧/原コウ子

岩山の岩押しあへる朧かな/小川軽舟

道の辺に堰く水高き朧かな/尾崎迷堂

金粉の袖に附きくる朧かな/竹内悦子

鉄鉢のすがたと思ふ朧にて/岡井省二

鉦提げて叩かぬ鬼の朧かな/小澤碧童

庖丁の香を逃しやる朧かな/安東次男

弓張かそれかれこれも皆朧/広瀬惟然

雨そぼ~灯籠の灯の朧なる/寺田寅彦

鞆の津の浮燈台の朧かな/伊藤いと子

夫婦箸の在り処おぼろや桜鯛/草田男

鯉の見る夢の知りたき朧かな/大串章

急須の茶しぼりたらすよ夕朧/原石鼎

鯉二つ二の字にゐたる朧にて/森澄雄

鳥好きの人と聞きゐる家朧/高澤良一

手を洗ひ顔を洗つて朧かな/細川加賀

折鶴をひらけばいちまいの朧/澁谷道

黒潮の沖に島ある朧かな/福島せいぎ

おぼろの灯集めて湾の形とす/蔦三郎

おぼろより仏のりだす山の寺/桂信子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ