季語/都忘れ(みやこわすれ)を使った俳句

「都忘れ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「都忘れ」について

【表記】都忘れ

【読み方】みやこわすれ

【ローマ字読み】miyakowasure

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野春菊(のしゅんぎく:noshungiku)

季節による分類

・「み」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

都忘れを含む俳句例

紫は都忘よ花氷/平野青坡

愁なき紫都忘かな/後藤夜半

紫の厚きを都忘れとて/後藤夜半

雑草園都忘れは淡き色/高濱年尾

その花を都忘と覚えゐて/後藤夜半

むらさきは都忘れや虚子の塔/原裕

蕾はや人恋ふ都忘れかな/倉田紘文

都忘れ胸に点れる人の言/相馬遷子

雲のなか都忘れや都なし/赤尾兜子

人恋し都忘れが庭に咲き/高橋淡路女

仕立て屋の都忘れの花窓に/加古宗也

時国家都忘れが今も咲く/長谷川虚水

桜見え都忘れ見え朝が来る/相馬遷子

灯に淋し都忘れの色失せて/稲畑汀子

祇王寺の都忘れに籠る尼/竹内万紗子

世話なしの都忘れの株殖やす/高澤良一

山涼し都忘れと聞くからに/阿波野青畝

教へ子の来る日よ都忘れ買ふ/辻恵美子

此処にして都忘れとはかなし/藤岡筑邨

花の名は都忘れと書きとどむ/椎橋清翠

俳句例:21句目~

都忘れ山々の照り昃る町/長谷川久々子

とほく灯のともりし都忘れかな/倉田絋文

むらさきのはつきり都忘かな/後藤比奈夫

吾れに足すいろこそ都忘れかな/鈴木節子

喪に替ふる白衿都忘れ咲く/野見山ひふみ

多摩冷ゆる都忘れの花の雨/長谷川かな女

老ゆらくをさやさや都忘れかな/岩城久治

都忘れ夜はむらさきの沈みけり/鈴木桜子

都忘妻の手まざと老いにけり/八木林之介

都忘れふるさと捨ててより久し/志摩芳次郎

都忘れ濃くてつち降る日なりけり/百合山羽公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ