季語/朧(おぼろ)を使った俳句

俳句例:201句目~

さしかかる町に魚の香初朧/鷲谷七菜子

樹の上の少女に喚ばれゐる朧/中村路子

父の世へまはす朧の蓄音機/藤井寿江子

行き行きて朧に笙を吹く別れ/夏目漱石

行く川のあなた北斗の朧かな/立花北枝

つややかな管つけ父は朧なり/櫂未知子

街朧言つてしまへば皆嘘めく/品川鈴子

牛守の古稀の白髭おぼろかな/太田土男

はづかしき骨を許してくれ朧/櫂未知子

病めるとも亭主関白夕おぼろ/松岡友江

癌負うて一家族山おぼろなり/中山純子

白魚のどつと生るゝおぼろ哉/小林一茶

窓いくつ重ねて灯り町おぼろ/島田青峰

柳の下に物ありと思ふ朧かな/寺田寅彦

ふる里は基地のつぎはぎ朧なり/嘉陽伸

言の葉にきせたき衣の朧ほど/坂本京子

立枯の木々おぼろなり黒斑山/堀口星眠

花朧吉野格子を漏るる燈に/小川斉東語

花おぼろとは人影のあるときよ/比奈夫

貝こきと噛めば朧の安房の国/飯田龍太

俳句例:221句目~

むかう岸朧や寝釈迦山ありて/加藤耕子

花おぼろ遺句の切字の重きかな/渓槐三

街おぼろ硝子張りなる昇降機/北元多加

観音の腑中のおぼろ男女上る/嶋野國夫

足元に潮の満ち来て海おぼろ/斉藤葉子

身も業も骨となりたる朧かな/橋本榮治

釘を打つ顔をおぼろや峡の屋根/飴山實

波音のをりをり漏るる朧かな/林千恵子

鐘おぼろ強く指組む懺悔台/きりぶち輝

降参か歓呼か諸手おぼろなる/仙田洋子

朧濃く他界の言葉吐きしかな/齋藤愼爾

ビル朧どこにでもある中央区/中田美子

メロンパン体内すこし朧なり/奥坂まや

一病に吾が行く先の朧なる/吉村ひさ志

水おぼろ首あぐる馬の唇鳴りぬ/瀧春一

沼囲む樹々なまめきて朧かな/永井龍男

不老不死てふ花活けてみて朧/稲畑汀子

郵便船泊まりとなりし朧かな/松山足羽

丹田のちからをぬけば朧なる/濱田俊輔

酒蔵に人の入りゆく朧かな/豊田八重子

俳句例:241句目~

笑ひごゑ通つてゆきし朧かな/細川加賀

仮縫の身におよびたる朧かな/杉本雷造

仮縫ひの糸曳き朧にもなれず/齋藤愼爾

漱ぐ朧を鳴らすごとくにて/佐々木六戈

初朧菓子買ふための寄り道よ/大野林火

長生きの朧のなかの眼玉かな/金子兜太

刻過ぎて行けば悲しみさへ朧/川口咲子

動く灯も動かざる灯も朧かな/伊藤孟峰

朧よりぬけきし猫の白さかも/白岩三郎

卒塔婆より身におよびたる朧/齋藤愼爾

青僧の経の滲み出す朧かな/鳥居おさむ

顔剃りし傷を朧がうづめゆく/都筑智子

右心房より左心房へ朧の血/高野ムツオ

風呂の戸にせまりて谷の朧かな/原石鼎

喉越しに残るワインや星朧/安藤マチ子

朧よりうまるる白き波おぼろ/藤田湘子

温室にトマト熟れたる朧かな/岸本尚毅

国外へ朧ひつさげ僧らの旅/赤松ケイ子

国生みのはじめにありし草朧/齋藤愼爾

園朧雨呼び花の我に咲いて/廣江八重櫻

俳句例:261句目~

水飲んでゐる晩年の朧かげ/鷲谷七菜子

堂朧絵を出て歩く鳥けもの/猪俣千代子

甕ひとつ朧の国に居りにけり/村越化石

朧めく庭より上る獨り言/阿部みどり女

如逝輪寺ぽつんと灯り谷朧/石井とし夫

妻と磯を行くどこまでも朧なり/有働亨

生きて候花の朧をつぎ合はし/齋藤愼爾

媼てふ遠きわたくし朧の木/正木ゆう子

子を取ろの来さうな村の夕朧/富永小谷

黒姫山かかる朧を雪崩れけり/松村蒼石

おぼろにて一樹紅白の落椿/水原秋櫻子

寝に落つるきはの死に似て朧闇/内海守

浄め塩浴びてより身の朧なる/平野直子

能舞台朽ちて朧のものの影/鷲谷七菜子

ビルと云ふ直方體の夕おぼろ/高澤良一

幾度も歩をとめて坂朧なり/古賀まり子

仏像と僧と等身おぼろにて/猪俣千代子

佛像と僧と等身おぼろにて/猪俣千代子

御百度を踏むに朧よ近江の陸/高柳重信

急ぐことなければ朧濃くなりぬ/岸田稚

俳句例:281句目~

息吸うてからだ浮く湯の朧かな/澁谷道

戒名で呼ばれてをりし朧かな/齋藤愼爾

六地蔵ひとり戻らぬ花おぼろ/中嶋秀子

接骨木の芽の揃ひたる朧かな/前田普羅

夕おぼろ葉深く樫の花見たり/栗生純夫

日めくりに大納言ゐる朧かな/大屋達治

春めくや築地は海の朧より/大場白水郎

夢おぼろ寝あけば坐る昼の蚊帳/上村占

晩年のひと日過ぎゆく朧かな/広谷春彦

水朧ながら落花を浮べけり/芥川龍之介

太夫町揚屋町てふ路地おぼろ/徳永亜希

魂魄を身近かにしたる朧かな/橋本榮治

妻あらば衣もぞ掛けん壁おぼろ/原石鼎

応へつつ和上おぼろに桶使ふ/角川春樹

朧なる枝くねりゐる並木かな/原田種茅

花朱欒香ふかぎりの朧なる/千代田葛彦

星おぼろにて本流に力あり/千代田葛彦

草の戸の閉め忘れある朧かな/坊城春軒

朧よりうまるる白き波おぼろ/藤田湘子

灯を消して朧に慣れて寝まるなり/林翔

タイトルとURLをコピーしました