季語/炉塞(ろふさぎ)を使った俳句

俳句例:101句目~

ささやかに生き来し炬燵塞ぐなり/亀谷麗水

ふるさとの山も見飽きぬ炉を塞ぐ/日野草城

炉塞ぎの伊呂波歌留多は遠くなり/宮崎重作

三月の雪さもあらばあれ炉を塞ぐ/河野静雲

炉塞ぐや四季の句書きし軸一幅/楠目橙黄子

塞ぐべき炉をまらうどの惜みけり/高田蝶衣

木の芽荒しの鳥来て奥炉塞ぎけり/吉田冬葉

炉塞いであるじは旅へ出られけり/五車反古

春の炉の灰かさむともみえざりき/飯田蛇笏

炉塞いで一と間明るく掃きにけり/島田青峰

炉塞の灰やとてつもなく冷えて/能村登四郎

炉塞いで淋しき部屋を去らでゐる/藤田耕雪

自画といふ穴にかも似し炉を塞ぐ/坂巻純子

炉塞いで茶山出る月満ちてをり/大峯あきら

燃え残りたるものゝある炉を塞ぐ/井上明華

御岳を木曽よ飛騨よと春の炉に/猪俣千代子

春の炉や逢うて別るる人ばかり/加藤三七子

駅鈴をしば聞く日なり炉塞ぎぬ/河東碧梧桐

炉をふさぐ名残の灰を篩ふかな/須藤/一枝

照り翳りしてしづかなる春炉かな/山西雅子

俳句例:121句目~

炉塞いで爪の長さを鋏みけり/安斎桜カイ子

春の炉といふ定まらぬ座に在りぬ/岡島礁雨

波飛沫かぶりきし身を春の炉に/久保美智子

春の炉に一人となりて手をかざし/高野素十

春の炉に折り焚く柴のひとつづつ/松村巨湫

誰かれに春炉の火種掘り出され/岩淵喜代子

クレムリン話題となりし春炉かな/岩崎照子

つらぬきしことに傷つき炉を塞ぐ/鈴木真砂女

ははの座の空いてしまひし炉を塞ぐ/馬場修子

炉塞いでぬくき日なりしが夜雨来し/島田青峰

春の炉火意志なくて意志もえたたす/金田咲子

塞がむと思ひてはまた炉につどふ/馬場移公子

炉塞いで出づるや軽きものを履き/波多野爽波

炉塞ぎし宿とも知らで帰り来し/長谷川零餘子

語りべの手持ち無沙汰や炉を塞ぐ/笛木あき子

春の炉におもひて美しきことならず/藤田湘子

暮春の炉ひもじきことは言はずけり/林原耒井

炉塞ぎてよりいとほしむ手炉一つ/後藤比奈夫

くろもじを燻べて春の炉なごむかな/古沢太穂

子の夢のいまは野のどこ春炉焚く/上田日差子

俳句例:141句目~

しゃべりすぎた嫁に炉塞ぎされてゆく/森須蘭

麻痺のわがよりどの炬燵塞がれし/日比野美風

団十郎に似たる人ゐて春炉暑し/長谷川かな女

師に甘ゆこころうるみて春の炉辺/柴田白葉女

春炉焚かれず嫁も姑もみな死んで/成瀬櫻桃子

炉塞いで見る庭に何もなかりけり/長谷川かな女

山炉今塞げりといふに到り着きぬ/長谷川零餘子

テレビだけが豪華炉塞ぎし夜のこと/猿橋統流子

タイトルとURLをコピーしました