季語/燕(つばめ)を使った俳句

「燕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「燕」について

【表記】燕

【読み方】つばめ

【ローマ字読み】tsubame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・つばくろ(つばくろ:tsubakuro)

・つばくら(つばくら:tsubakura)

・つばくらめ(つばくらめ:tsubakurame)

・乙鳥(つばめ:tsubame_)

・玄鳥(つばめ:tsubame__)

・燕来る(つばめくる:tsubamekuru)

・初燕(はつつばめ:hatsutsubame)

・朝燕(あさつばめ:asatsubame)

・夕燕(ゆうつばめ:yutsubame)

・川燕(かわつばめ:kawatsubame)

・里燕(さとつばめ:satotsubame)

・群燕(むれつばめ:muretsubame)

・諸燕(もろつばめ:morotsubame)

・濡燕(ぬれつばめ:nuretsubame)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

燕を含む俳句例

燕来る遠雪嶺の光負ひ/林翔

御僧に別れ拙僧燕/田中裕明

燕や烈風に打つ白き腹/茅舎

球場に万の空席初燕/今井聖

幼くて燕の貌や扁平に/中田剛

流燕や調律ピアノ若返り/林翔

月花を軒へ寝にくる燕哉/五雲

燕てふ鳥匕首を携ふる/中田剛

雨に残る花少々や燕/松瀬青々

燕にしばし預ける舎かな/園女

潰えたる朱ヶの廂や乙鳥/篠原

天網を繕っている夏燕/山口剛

契おく燕と遊ばん庭の猫/園女

山本山御茶処や初乙鳥/龍岡晋

盃に泥な落しそ群燕/松尾芭蕉

燕にしばし預ける舎かな/園女

筍の皮のあまさよ初燕/龍岡晋

ほそ~と塵焚く門の燕哉/丈草

燕啼て夜蛇をうつ小家哉/蕪村

電線のたるみに並び乙鳥/篠原

俳句例:21句目~

燈台の旗は紺色夏燕/高木晴子

燕の下腹さはる早苗かな/胡布

川中や島田金谷の燕/子規句集

出雲崎燕街道貫けり/高澤良一

燕や赤士道のはねあがり/素牛

牡丹の棟瓦より夕燕/西本一都

乙鳥や本町石町油町/野村喜舟

燕麦の滞りなき薄緑/京極杞陽

若者に縁談生れ燕来る/滝青佳

乙鳥飛び海道筋の大社/高澤良一

伊勢手毬針返すよう夏燕/鱸久子

燕の恋蒼空の毬と逐ぐ/石塚友二

燕やつばめ返しを徐ろに/松本長

燕やぬれ足並ぶ橋の上/藤野古白

山国の雨したたかに夏燕/瀧春一

燕来ぬ伊能忠敬先生に/川端茅舎

燕来ぬ海の玄関横浜に/高澤良一

山里は梅さく頃の燕哉/正岡子規

峡燕上昇煙雨かい潜り/高澤良一

遠刈田郵便局に入る燕/高澤良一

俳句例:41句目~

燕や忽ちふえし渓の空/野村泊月

燕や流のこりし家二軒/高井几董

運動場一面の水燕翔く/茨木和生

朝顔の瑠璃に愕く燕かな/原石鼎

燕や天ノ鈿女の臍をみせ/龍岡晋

身の細る思ひに光る夏燕/北光星

燕旅の蹠のかなしさよ/小林康治

弔うに燕一羽の口の泥/和田悟朗

燕や泥をべたりと紙の上/森鴎外

燕のかへる日柳ちる日かな/知十

観音の胸元よぎる初燕/高澤良一

紫の燕の翼の下に貧し/古館曹人

藍壺に泥落したる燕哉/正岡子規

採石の一山白し夏燕/下村ひろし

燕来てなき人問ん此彼岸/炭太祇

古里は未だ屋号や軒燕/松本正弘

泥運ぶ燕律儀に栢山村/高澤良一

燕や酒蔵つづく灘伊丹/正岡子規

土臭き洲をひるがへり海燕/原裕

燕や酢の看板を抜けて行く/也有

俳句例:61句目~

城壁に影とび交す夏燕/高木晴子

藍壷に泥落したる燕哉/正岡子規

幾万の飢つのる目ぞ燕/加藤秋邨

夏燕壱号議案通りけり/橋本榮治

燕二羽電線の如並び飛び/上野泰

初燕仰ぐ黒人黒瞳秀で/香西照雄

鵯の笛燕の舞も御田植/大橋敦子

焼跡を雨にさまよふ燕かな/美清

大学の石畳にも燕来ぬ/香西照雄

大津絵に糞落しゆく燕かな/蕪村

大津繪に糞落しゆく燕かな/蕪村

はつ燕右左に阿吽の渦/橋本夢道

燕や馬の草鞋の落し物/野村喜舟

天金の書を繙くや初燕/山川安人

改築の門を喜び燕来る/西浦末寿

断崖の硫黄剥落して燕/古舘曹人

燕腹擦る高遠の花の坂/細見綾子

燕や渦が揉み出す夕茜/古舘曹人

青むらに燕飛ぶや古館/会津八一

沈みたる艦船の数海燕/三橋敏雄

俳句例:81句目~

雨燕怒濤がふさぐ洞の門/原柯城

寒月の空に確む終の燕/羽部洞然

乙鳥や小路名多き京の町/井上井月

乙鳥や赤い暖簾の松坂屋/夏目漱石

乙鳥や轍の小つかみゆく/高井几董

燕や合掌を解く地蔵岩/田川飛旅子

乳いろの空にあそびて乙鳥/中田剛

燕や嘉屋じるしの鬢だらひ/龍岡晋

二番子の育ち盛りの夏燕/高橋利雄

燕や子の曳き歩りく炭俵/富田木歩

監督の若き声飛ぶ夏燕/小林ふく子

人混みの背の雨乾く燕の駅/中拓夫

村深し燕つるむ門むしろ/高井几董

仔燕に往生極楽院の天/山田みづえ

燕来る囲炉裏の中の母の櫛/中拓夫

松の形よき日本へ燕来る/右城暮石

燕や淋しき町に淋しき坂/野村喜舟

燕や短剣つけし御陵守/五十嵐播水

棒状に燕来る日の海の紺/千田一路

棒鱈の荷も片づきぬ初燕/石井露月

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ