季語/鯛焼(たいやき)を使った俳句

「鯛焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯛焼」について

【表記】鯛焼

【読み方】たいやき

【ローマ字読み】taiyaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鯛焼屋(たいやきや:taiyakiya)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鯛焼を含む俳句例

鯛焼や内職仲間妻にあり/細川加賀

旧交を又鯛焼と暖めき/相生垣瓜人

鯛焼や餡に焼きたる口の端/森澄雄

鯛焼の腹の温みや秋深し/今泉貞鳳

釣銭で鯛焼買ふも年の市/下村ひろし

鯛焼の屋台に並ぶ塾帰り/相河美智子

髪染めし男も並ぶ鯛焼屋/中村しげ子

鯛焼の背鰭の焦げて麦の秋/松村多美

鯛焼のはらわた黒し夜の河/吉田汀史

鯛焼の鯛の尾遺る涅槃西風/中島斌雄

鯛焼の売れ残りゐる花の雨/長谷川櫂

春雨や鯛焼売つて別所の湯/田中冬二

鯛焼のドレミの順に裏返す/鈴木栄子

鯛焼の頭は君にわれは尾を/飯島晴子

鯛焼の袋のしめり冬の月/下沢とも子

鯛焼を二つに割って餡くらべ/富田潮児

ぐつたりと鯛焼ぬくし春の星/西東三鬼

鯛焼を人には告げず好みけり/富安風生

鯛焼を買ひもて食へり年忘/八木林之介

鯛焼を頬から食べてゐて女王/櫂未知子

俳句例:21句目~

悪びれず鯛焼食ぶる舞妓かな/松村幸一

熱あつの鯛焼つかむ銭出して/平畑静塔

鯛焼に面窶れてふありしかな/中尾杏子

鯛焼のへの字の口を結ぶかな/大橋敦子

鯛焼となる顛末を見つめをり/須川洋子

鯛焼の尾鰭と言へる柔きもの/有馬朗人

鯛焼の順を待ちをり田舎医師/堀口星眠

鯛焼やいつか極道身を離れ/五所平之助

鯛焼や庭の木叢を出しぶる月/友岡子郷

まどかなる鯛焼の眼よ月見ずや/堀口星眠

初弥撒へ鯛焼持つていきにけり/仙田洋子

前へ進む眼して鯛焼三尾並ぶ/中村草田男

細き灯やスモッグ街の鯛焼屋/本宮夏嶺男

鯛焼の頭尾のいづれより喰べむ/品川鈴子

鯛焼の餡のあたたかかりしかな/上野初穂

禰宜平服白紙に鯛焼横たへて/平井さち子

懐手解けば鯛焼の香なりけり/水原秋櫻子

鯛焼のまんまんなかをください/櫂未知子

子がふたり鯛焼の餡あたたかし/中山純子

霙れつつ鯛焼の火を落しをり/水原秋櫻子

俳句例:41句目~

軍の影鯛焼しぐれてゆくごとし/赤尾兜子

血を採られゐて鯛焼の餡恋し/大木あまり

くすり湯を出て鯛焼を買へりけり/草間時彦

鯛焼のあんこの足らぬ御所の前/大木あまり

鯛焼の鰭よく焦げて目出度さよ/水原秋櫻子

鯛焼のまづ尾の餡をたしかめし/能村登四郎

鯛焼もほかと食ふべきものならし/相生垣瓜人

鯛焼のあつきを食むもわびしからずや/安住敦

鯛焼を手にささげ持ち冬三日月/長谷川かな女

鯛焼をふたつに頒けて尾がさみし/ながさく清江

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ