季語/嵯峨大念仏(さがのだいねんぶつ)を使った俳句

「嵯峨大念仏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「嵯峨大念仏」について

【表記】嵯峨大念仏

【読み方】さがのだいねんぶつ

【ローマ字読み】saganodainembutsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・嵯峨念仏(さがねんぶつ:saganembutsu)

・嵯峨大念仏狂言(さがだいねんぶつきょうげん:sagadainembutsukyogen)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

嵯峨大念仏を含む俳句例

一院の小袖の寄進嵯峨念仏/森孝子

嵯峨念仏松に凭り見る花疲/ながし

嵯峨念仏一幕毎に人散りて/平川名潮

嵯峨念仏牛若丸は強かりし/高濱年尾

嵯峨念仏鬼の荒息怺ふなし/西村和子

早鉦に鬼踊り出づ嵯峨念仏/西村和子

土蜘蛛の吐く糸無尽嵯峨念仏/岡本春人

嵯峨念仏楽屋にとどく泥の葱/椹木啓子

松の間の僧の立見や嵯峨念仏/金谷柳青

花の間に嵯峨念仏の舞台見え/福井圭児

寂しくて終りまで観し嵯峨念仏/東野礼子

嵯峨念仏また日が射して終りけり/松本旭

嵯峨念仏鉦と太鼓を一人して/石本かなえ

松の塵しきり降り来ぬ嵯峨念仏/平松葱籠

百僧のなかの沙弥とし嵯峨念仏/毛笠静風

花の雪ちるを知らずに嵯峨念仏/松瀬青々

嵯峨豆腐さげて見てをり嵯峨念仏/福田恵二

見てゐるは里人ばかり嵯峨念仏/五十嵐播水

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ