季語/初電話(はつでんわ)を使った俳句

「初電話」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初電話」について

【表記】初電話

【読み方】はつでんわ

【ローマ字読み】hatsudenwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初電話を含む俳句例

列車いま全速妻へ初電話/有働亨

故郷の訛に戻り初電話/松本幸代

初電話暗峠を声往き来/鈴木六林男

妻もまた安曇訛よ初電話/玉木春夫

初電話簡潔にして父の情/近藤昌平

初電話母の病状経過良/五十島典子

初電話父に代りて母となり/上野泰

その声の奥の賑はひ初電話/藤陵紫泡

遠き娘に叱言も少し初電話/稲畑汀子

ふる里に雪深きこと初電話/山田弘子

よき事の話みじかき初電話/肱岡恵子

ブラジルは日本の裏よ初電話/長尾修

翼持つ少女のこゑや初電話/杉山哲也

モスクワの遠くて近し初電話/仲澤昭

初電話果して彼の声なりし/高浜年尾

縁談をまとめし声や初電話/広津幾代

総身で聴く孫からの初電話/古市絵未

異国より子の声大き初電話/加納花子

初電話ありぬ果して父の声/星野立子

筆持たぬ盲ひの友の初電話/高橋利雄

俳句例:21句目~

大声で齢問はれたり初電話/渡辺園江

声に張りある父嬉し初電話/山田弘子

初電話母に元気を貰ひけり/大上充子

もてあます酒の機嫌の初電話/白岩三郎

二番目といふ言ひ訳し初電話/谷口桂子

初電話少し用事も述べにけり/白岩三郎

初電話言葉短かくあたゝかく/高木晴子

初電話母臨終のことをきく/多田香也子

初電話阿蘇へと心動きつつ/深見けん二

娘の声の妻に似て来し初電話/嶋田一歩

山の日を讃へやまざる初電話/木村蕪城

星より星へひかり糸曳く初電話/隈治人

無事帰任せし夫よりの初電話/本郷桂子

鳴る頃と思へば鳴りぬ初電話/山田弘子

雪の降る佐渡ヶ島より初電話/北澤瑞史

初電話二人が起ちて姉がきく/五十嵐播水

初電話嫁の里よりかかりけり/久保ともを

初電話親しき声のはづみ来し/天野佳津子

無事に年越せしと告ぐる初電話/吉田きみ

初電話子に新姓を名乗られて/秋月すが子

俳句例:41句目~

初電話ありそれよりの忙しさよ/星野立子

ハネムーンプラン大詰め初電話/山田弘子

兎も角雪降るは降るはと初電話/岩井柳蛙

たらちねの聲を聞かまく初電話/星野立子

初電話鳴りをり吉か凶か知らず/村山古郷

初電話声もうららに癒えたまふ/古賀まり子

初電話伊豆の下田へつなぎけり/稲垣きくの

待つてゐし初電話今ひびき鳴る/今井千鶴子

初電話いたはり合ひておない年/今井つる女

初電話梨のつぶての息子より/田中丸とし子

メモにとりうれしきことの初電話/富安風生

揺り椅子の揺れをのこして初電話/田中/菊

初電話巴里よりと聞き椅子を立つ/水原秋櫻子

初電話にて受く添削の礼ねんごろ/田川飛旅子