季語/霜枯(しもがれ)を使った俳句

「霜枯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霜枯」について

【表記】霜枯

【読み方】しもがれ

【ローマ字読み】shimogare

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

霜枯を含む俳句例

霜枯の萩草枯の芒かな/八千渓

青桐の實の霜枯れて水鏡/竹田節

霜枯に見ゆる北斗の力かな/齋藤玄

霜枯の練兵場や町はづれ/寺田寅彦

霜枯や従容として至仏岳/堀口星眠

霜枯に咲くは辛気の花野哉/松尾芭蕉

霜枯の鶏頭墨をかぶりけり/皆吉爽雨

霜枯るるこの山陰や松の蔦/広瀬惟然

霜枯るる都の高台人遅々と/飯田蛇笏

一塊の霜枯の富士あざみなり/皆吉爽雨

極まりし霜枯のわが通ひ路や/中村若沙

霜枯の中に紫紺の龍の玉/阿部みどり女

霜枯の罠に吊られし鶏の首/福田甲子雄

霜枯れに大霜枯れの今朝至る/皆吉爽雨

丹精も放つたらかしも霜枯るる/吉年虹二

犬吠えてをり霜枯の芋の葉に/佐々木六戈

霜枯れし黄菊の弁に朱を見たり/高浜虚子

霜枯れて押し倒しある芭蕉かな/河野静雲

霜枯れの糸瓜が吹かれ妙義みち/土屋秀穂

おとのして花壇の零余子霜枯れぬ/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

霜枯れし黄菊こぞりて日をかへし/茂呂緑二

霜枯れやはじめからある熔岩の隙/津田清子

玉葱苗霜枯れぬつぎつぎ風邪に寝る/古沢太穂

霜枯れの山家へ戻つて来た娘の長い首巻/大橋裸木

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ