季語/清水(しみず)を使った俳句

「清水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「清水」について

【表記】清水

【読み方】しみず

【ローマ字読み】shimizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山清水(やましみず:yamashimizu)

・岩清水(いわしみず:iwashimizu)

・苔清水(こけしみず:kokeshimizu)

・岨清水(そばしみず:sobashimizu)

・磯清水(いそしみず:isoshimizu)

・底清水(そこしみず:sokoshimizu)

・門清水(かどしみず:kadoshimizu)

・家清水(いえしみず:ieshimizu)

・寺清水(てらしみず:terashimizu)

・庭清水(にわしみず:niwashimizu)

・浅清水(あさしみず:asashimizu)

・涸清水(かれしみず:kareshimizu)

・草清水(くさしみず:kusashimizu)

・真清水(ましみず:mashimizu)

・朝清水(あさしみず:asashimizu_)

・夕清水(ゆうしみず:yushimizu)

・清水が源(しみずがもと:shimizugamoto)

・清水影(しみずかげ:shimizukage)

・清水掬ぶ(しみずむすぶ:shimizumusubu)

・清水汲む(しみずくむ:shimizukumu)

・清水堰く(しみずせく:shimizuseku)

・清水茶屋(しみずぢゃや:shimizujaya)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

清水を含む俳句例

強清水母は一日影育て/原裕

柳散り清水涸れ石処々/蕪村

関の清水古里恋し生鰹/青雲

山町や清水祭に盆踊/滝井孝作

正宗が刃をわたる清水哉/正巳

山清水願かけの水二掬ひ/藤井光

山清水靭左りへまはりけり/雁宕

草清水汲むや一切空の刻/風早郷

春雨の中におぼろの清水哉/蕪村

清水や桜の上の鉄燈籠/正岡子規

暁時鳥小林一茶清水哲/黒田杏子

草清水太陽珠と冷されて/斎藤正

庭先の清水に白し心太/正岡子規

庭清水藤原村の七番戸/正岡子規

藪入の祗園清水清関寺/正岡子規

汗臭き手拭洗ふ清水哉/正岡子規

清水の上から出たり春の月/許六

錢龜や青砥もしらぬ山清水/蕪村

かけ出の髭をしぼりて清水哉/召波

石槽に清水を落す筧かな/岩木木外

俳句例:21句目~

石工の飛火流るる清水哉/與謝蕪村

石垣に仏彫る寺の清水哉/正岡子規

旅人の汗の玉散る清水哉/正岡子規

清水のともし火深し夕桜/正岡子規

仙人の鬚洗ひ居る清水哉/寺田寅彦

石に針生姜も入らず清水かな/秋色

旅人の顔洗ひ居る清水哉/正岡子規

側の岩に仏を刻む清水哉/正岡子規

眼に力戻りぬ深山清水飲み/菰田晶

真清水や棟が下に昔より/野村喜舟

先馬の沓しめし行く清水かな/猿雌

真清水や冬温う茎漬くる/巌谷小波

其下に清水流るる芭蕉哉/正岡子規

其底に木葉年ふる清水哉/正岡子規

百里来し人の如くに清水見る/綾子

橋立の磯清水とて葭の中/西山泊雲

白山の清水に白し堅豆腐/熊田鹿石

春光を片手掬ひに苔清水/高瀬哲夫

春雨の木下につたふ清水かな/芭蕉

清水の浮みて高し花の雲/正岡子規

俳句例:41句目~

剣客と袂を分つ清水かな/石井露月

十本の指しみじみと山清水/原石鼎

玉あらば玉あらひたき清水哉/江涯

獨すむ友よ朧の糒雪清水/榎本其角

有明の雪の清水灯殘れり/正岡子規

葛を得て清水に遠きうらみ哉/蕪村

片手桶傾き移る清水かな/野村泊月

炭窯の十能冷やす庭清水/石川桂郎

朝顔の大輪清水湛ふごと/高澤良一

炭焼や朧の清水鼻を見る/榎本其角

鶺鴒の黄の滴れり山清水/堀口星眠

鮎鮓の駅の山北清水かな/野村喜舟

高清水閣一睡の時雨かな/青木重行

ねらはれしの命や山清水/正岡子規

湯治場の天下一品山清水/高澤良一

海底に真清水は湧き寒鮃/長谷川櫂

堅横に清水流るゝ小村哉/正岡子規

馬柄杓を岩に割込む清水かな/野径

清水飲む山の緑を傾けて/森内定子

清水汲む車の列や大江山/河本益夫

俳句例:61句目~

落合ふて音なくなれる清水哉/蕪村

馬方の山で飯くふ清水哉/正岡子規

清水引く茶店の庭の筧哉/正岡子規

洗面の清水拓地を貫流す/津田清子

丈六のそびら音して苔清水/飴山實

強力の毛脛にあたら清水哉/森鴎外

霧降るに清水掬むなり皆旅人/林翔

清水の灯は暗うして鉢叩/藤野古白

苔清水底砂にして青松葉/正岡子規

絶壁の巌をしぼる清水哉/正岡子規

霍乱や関の清水は草の中/増田龍雨

清水汲む影のそとなる水の碧/原裕

姨捨のくらき中より清水かな/一茶

秋雨や柄杓沈んで草清水/村上鬼城

青竹の樋の山清水寒も鳴る/及川貞

孟秋の真清水さぶし踝も/攝津幸彦

二人してむすべば濁る清水哉/蕪村

山清水汲みに木花咲耶姫/上野澄江

銅盤に溢るゝ清水秋の風/西山泊雲

釵を落して深き清水かな/正岡子規

俳句例:81句目~

富士暮れて清水港の秋灯/田中玉夫

極楽や清水の中に蓮の花/正岡子規

西行庵これが栖か苔清水/氏家頼一

西行も翁も飲みし苔清水/小山陽子

清水の小雪おっとり店構/高澤良一

秋の空清水流るゝ思ひあり/正岡子規

あとさまに小流るゝ清水哉/高井几董

笈あけて仏を拝む清水かな/正岡子規

筒鳥や桶より溢れ山清水/早川とも子

筧して絶えずの清水洗ひ飯/小澤碧童

筧にも道にも副流村へ清水/香西照雄

結びさる清水かるゝな柳沢/松岡青蘿

女のむあとの柄杓や岩清水/正岡子規

脛入れて短く見ゆる清水哉/正岡子規

苔のなき石を踏場の清水哉/正岡子規

苔清水掬ふに杖を岩に立つ/岸風三樓

宝舟の葢沈み居る清水かな/会津八一

苔清水落花一ひら又一ひら/内田園生

草刈の足をつけたる清水哉/寺田寅彦

かち栗に喉の乾きや山清水/正岡子規

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ