季語/春日祭(かすがまつり)を使った俳句

「春日祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春日祭」について

【表記】春日祭

【読み方】かすがまつり

【ローマ字読み】kasugamatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・申祭(さるまつり:sarumatsuri)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

春日祭を含む俳句例

王朝の絵巻現つや申祭/佐藤千兵

申祭人より多き鹿の群/木下星林

懐しき山をかさねて春日祭/田口冬生

老勅使春日祭をさむがられ/飯田京畔

奈良の春まだ定まらず申祭/平田晄青

水を来る風寒ければ申祭/藤田あけ烏

申祭むべ山風の冷えに冷え/村上麓人

申祭三笠青みてゐたりけり/山之内基

申祭人を乗せざる馬曳いて/猪股洋子

春日祭粧ひし馬馬酔木嗅ぐ/清川とみ子

春日祭鹿もつどひて賑はへり/梶原五道

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ