季語/驟雨(しゅうう)を使った俳句

俳句例:101句目~

すみずみを叩きて湖の驟雨かな/綾部仁喜

たばこ喫うてをれば驟雨の風起る/瀧春一

とび箱を越えて驟雨の中に入る/対馬康子

驟雨去る二三騎秋日うけて出づ/永井龍男

日の目見ずロンドン二日秋驟雨/河野静雲

若き子らに若きかなしみ春驟雨/木下夕爾

戦争のこと言い出すと驟雨来/宇多喜代子

ふるさとの春の驟雨の馬車の中/石田波郷

若さ子らに若きかなしみ春驟雨/木下夕爾

驟雨来ぬマグドナルドに雨宿り/高澤良一

驟雨来る拓地オルガン弾き苛む/津田清子

驟雨来る肉屋で借りる真赤な傘/初村迪子

葉鶏頭のいただき躍る驟雨かな/杉田久女

山百合や驟雨の壁が押し移る/徳永山冬子

葭切のさからひ啼ける驟雨かな/渡邊水巴

声張るや驟雨の中のほととぎす/朝倉和江

葭切のさからひ鳴ける驟雨かな/渡辺水巴

驟雨過ぐ父を憎みしことありか/対馬康子

驟雨青し兄先き立てて馳せ戻る/原田種茅

江東区荒草そよぐのみ驟雨の鞭/橋本夢道

俳句例:121句目~

夜のプールを過ぎゆく春の驟雨かな/林桂

蝉気負わせて驟雨幾過す誕生日/古沢太穂

迎火のあとすぐ山の驟雨来し/馬場移公子

鮴汁にとなりの山の驟雨かな/藤田あけ烏

阿波踊驟雨の土壇場を惜しむ/佐野まもる

芥子赤し受洗すませし午後驟雨/大野林火

春の驟雨たまたま妻と町にあれば/安住敦

鰍焼く驟雨に赤き火を守りつ/多田てりな

物売の驟雨に濡れしトマト買ふ/宮津澪子

驟雨あり大根台地の地味肥やす/高澤良一

鱚釣の手ごたへ絶えて驟雨きぬ/水谷晴光

鴨はみな沖を見てゐる驟雨かな/仙田洋子

白桃のもたらされたる驟雨かな/山本洋子

春驟雨花屋にさけて人を待つ/成瀬正とし

春驟雨母のうしろの笊にうどん/宮津昭彦

春眠のこの家つゝみし驟雨かな/星野立子

牡牛ゐて小屋軋まする梅雨驟雨/相馬遷子

驟雨の戸閉して燈近み西瓜きる/宮武寒々

あぶら蝉狃れて驟雨に声こぞる/篠田悌二郎

祭に心のこる驟雨のバスに乗り/川島彷徨子

俳句例:141句目~

かもめ飛び沖あかるさに驟雨くる/杉山岳陽

暴飲のものら驟雨をめぐまれて/宇多喜代子

なぐり描き劇画のやうな驟雨くる/高澤良一

ななかまど山の驟雨が湖へ出づ/沼崎八重子

ひるすぎの驟雨しばしや飴湯のむ/佐道赤葉

簾巻く驟雨のしぶき受けながら/横江几絵子

驟雨去る水車たかぶることなしに/津田清子

驟雨来て当麻の雲雀落ちにけり/服部鹿頭矢

伊賀越えの梅の驟雨でありにけり/吉田紫乃

鶏頭つんで漕ぎ出し舟に驟雨かな/宮武寒々

立つ朝の驟雨にロビー灯を殖す/殿村莵絲子

向日葵を黒き実に染むる驟雨かな/西山泊雲

烏賊舟の数珠火かき消す秋驟雨/文挟夫佐恵

谷をつく驟雨ひかりの層をなす/川島彷徨子

赤城野の驟雨桑つみ駈けあるく/加藤知世子

肥後の灯や水を砕いて驟雨来る/鳥居おさむ

水中花驟雨すゞろに過ぎにけり/徳永山冬子

遠き灯はうぶごゑに似て秋驟雨/和田耕三郎

羅甸区の春の驟雨ぞ知らず逝けり/小池文子

驟雨くる気配八つ手に椎にみつ/川島彷徨子

俳句例:161句目~

驟雨到らんとす燕頻にひくゝ飛ぶ/寺田寅彦

繭を日に透かせば驟雨遥かより/河原枇杷男

驟雨来て蝉やまぬ根もと流れそむ/原田種茅

古本を買うて驟雨をかけて来ぬ/鈴木しづ子

さよならを言ひわすれたる驟雨かな/仙田洋子

パイナップル驟雨は香り去るものに/野沢節子

ベートーヴエン頭像春の驟雨かな/八木林之介

どこかで間引/驟雨後ごとに虹伝説/江里昭彦

草原のもりあがらんとする/驟雨/富澤赤黄男

驟雨くるくちなしの香を踏みにじり/木下夕爾

驟雨くるくちなしの香を踏みにじり/木下夕爾

青田に湧くをとこの匂ひ驟雨去る/鷲谷七菜子

あらせいとう春の驟雨に濡れて摘む/岡本まち子

驟雨過の山羊さへものを問ひたげなり/岩田昌寿

夜の驟雨聞きをりリング/サイドにて/浦川聡子

アスファルト驟雨に冷えて灯をうつす/川島彷徨子

砂利にスコップ突きさされしまま驟雨中/古沢太穂

驟雨に洗はる都電屋根からすつぽり青/磯貝碧蹄館

口移し茱萸食むときもさえざえと浴びてゐたりき夏の驟雨を/角宮悦子

夏の季語
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました