季語/杉の実(すぎのみ)を使った俳句

「杉の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「杉の実」について

【表記】杉の実

【読み方】すぎのみ

【ローマ字読み】suginomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・杉鉄砲(すぎでっぽう:sugideppo)

季節による分類

・「す」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

杉の実を含む俳句例

杉の実や黄昏あをき能の郷/篠田豊

杉の実を採る一本の命綱/近澤杉車

日々好日と杉の実干してあり/石井露月

杉の実のま青き五百羅漢かな/細川加賀

杉の実の沈めるのみの春の水/岸本尚毅

杉の実の満ち~し山年暮るゝ/萩原麦草

杉の実の真青き五百羅漢かな/細川加賀

杉の実やつちくれ色に墓乾き/杉山恵子

杉の実や同宿の友に土産買ふ/相原茲明

杉の実や渓へ下りざる風蒼し/花田春兆

杉の実や神戸が裏のほとの神/岡井省二

杉の実や魔羅重さうに土地の馬/小澤實

樹から樹へ杉の実採は空渡る/三星山彦

沖に船杉の実鉄砲して遊ぶ/村上しゆら

神渡したゝか杉の実を降らす/下村梅子

この墓に杉の実降るも近からむ/下村梅子

大比叡の檜の実杉の実僧の播く/和気魯石

山国や追はれて杉の実が生りし/竹本健司

杉の実のほろほろ墓に詣でむか/増成栗人

杉の実やぎくりと風の古巣箱/山田みづえ

俳句例:21句目~

杉の実を採る杣天によぢのぼる/山口峰玉

杉の実を真青き風が保ちをり/関根黄鶴亭

火の見杉の実耳の大きな少年に/藤田湘子

杉の実のよく見えて村氷るなり/大峯あきら

杉の実の見ゆるほどなる山月夜/大峯あきら

杉の実も男鹿も汚れそめにけり/加倉井秋を

杉の実に峡は暮れゆく音にあり/坊城としあつ

杉の実の日影にばかりこぼれけり/今井杏太郎

杉の実を植ゑつゝ居れば雉子遠し/岡本癖三酔

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ