季語/酢海鼠(すなまこ)を使った俳句

「酢海鼠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「酢海鼠」について

【表記】酢海鼠

【読み方】すなまこ

【ローマ字読み】sunamako

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「す」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

酢海鼠を含む俳句例

硬直の酢のもの海鼠勘弁な/高澤良一

酢海鼠や桂郎酒筆讃へつつ/福永耕二

酢瓶いくつ最昔矢岐の大生海鼠/松意

坂東の血が酢海鼠を嫌ふなり/藤田湘子

酢海鼠に錆つく顎を使ひけり/高澤良一

酢海鼠や昔日の丈夫いまの惰夫/花岡昭

酢海鼠や窓に雪雲圧し来たり/鈴木柏葉

海鼠酢に漬ける殺生いたしけり/高澤良一

酢海鼠に顎の運動いちにっさん/高澤良一

酢海鼠や父をあやしむ子らの顔/堀口星眠

酢海鼠を掌皿に漁夫の咽鳴らす/榊原碧洋

酢に逢うて石となりたる海鼠かな/野村喜舟

酢海鼠が好きで無口で意固地者/築城百々平

酢海鼠となり果てし身を箸に懸け/高澤良一

酢海鼠を背中さびしく食ひにけり/野中亮介

雪の夜の酢を効かせたる海鼠かな/角川春樹

シャンソンと酢海鼠いまも好きですか/吉澤利枝

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ