季語/毛糸編む(けいとあむ)を使った俳句

「毛糸編む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「毛糸編む」について

【表記】毛糸編む

【読み方】けいとあむ

【ローマ字読み】keitoamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・毛糸(けいと:keito_)

・毛糸玉(けいとだま:keitodama)

季節による分類

・「け」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

毛糸編むを含む俳句例

姑の小包お年玉毛糸玉/黒田杏子

光ため影ため燈下毛糸編む/林翔

毛糸玉巣線閾乗り超えし/上野泰

毛糸玉まろぶ日差のある方へ/黛執

天心に太陽膝に毛糸玉/櫛原希伊子

沈黙は妻の反抗毛糸編む/司馬圭子

白毛糸編みをり洗礼式前夜/長田等

毛糸編み持ちて遊びに女来し/篠原

胸中に編込模様毛糸選る/都筑智子

編棒を三本挿せる毛糸玉/京極杞陽

ひとり又解く挫折の毛糸玉/林恒子

烈寒に先んぜられて毛糸編む/林翔

姑との距離まだ少し毛糸玉/伊藤琴

妖精が黙つて押しゆく毛糸玉/林翔

毛糸玉らしき風呂敷包かな/上野泰

浅蜊剥く母毛糸編む娘かな/川端茅舎

涙痕を頬にひとすぢ毛糸編む/長田等

海軍の紺を選びて毛糸編む/鈴木栄子

同情を愛情として毛糸編む/岩崎照子

啄木の歌が大好き毛糸編む/富安風生

俳句例:21句目~

聖書まで転がり毛糸玉止まる/長田等

誰もゐぬ夜へ転がす毛糸玉/宮倉浅子

姑娘は門口が好き毛糸編む/下村非文

毛糸編む船客時を愉しみぬ/飯田蛇笏

雨の駅に夫待つひとか毛糸編む/沢聰

隣席を一切無視し毛糸編む/右城暮石

小指にも役割のあり毛糸編/大西比呂

毛糸編む碧落しんと村の上/飯田龍太

愛情を形にしたく毛糸編む/西塔松月

毛糸玉ころがす妻の老眼鏡/荒川邪鬼

毛糸編む母の心の生れつゝ/稲畑汀子

新しき色を選びて毛糸編む/乙武佳子

川流れいちにち赤き毛糸玉/下山光子

考へを針にひつかけ毛糸編む/上野泰

妻の留守中も糸引く毛糸玉/右城暮石

毛糸編む影婚歴の如く深し/楠本憲吉

石女の妻が夜々編む古毛糸/森川暁水

白指も編棒のうち毛糸編み/鷹羽狩行

編初の毛糸人形みどり児に/山口恵子

看取居の膝にやせゆく毛糸玉/鈴木文子

俳句例:41句目~

いまは居ず暫く毛糸編みゐしが/上村占

毛糸玉頬に押しあて吾子欲しや/岡本眸

毛糸玉芯といふものなかりしよ/辻桃子

毛糸玉膨らむ妻の胸もとに/冨田みのる

毛糸玉繰るや心を繰るごとく/鈴木貞雄

かく癒えて寝惜む汝や毛糸編む/瀧春一

毛糸編む長き睫毛とその影と/木下夕爾

毛糸玉突き放しては今を編む/中村路子

しあはせは遠くたしかに毛糸編む/林翔

毛糸玉ころり余生を多忙にす/中村恭子

毛糸編むまだ水母なす形にて/右城暮石

毛糸玉ころげ飛びたつ如迎へ/高橋笛美

毛糸編む若き母あり子と浜に/高濱年尾

急ぎ立つ膝より走る毛糸玉/木下富士枝

毛糸玉秘密を芯に巻かれけり/小澤克己

人の目を楽しませんと毛糸編む/森田峠

ふとりゆく妻の不安と毛糸玉/福永耕二

人一人無き通り見て毛糸編む/京極杞陽

冬夜背後のふくみ笑ひや毛糸編/中拓夫

毛糸編むわが体温を移しつつ/辻美奈子

俳句例:61句目~

右手は日に左手は陰に毛糸編む/森田峠

夜といふ裾に坐りて毛糸編み/鷹羽狩行

食堂の隅にすわりて毛糸編む/京極杞陽

毛糸編む母の好みの色を混ぜ/鎌田/栄

樫の扉に暖流の紺毛糸編む/中戸川朝人

毛糸編む爪先で楽踏んでをり/行方克巳

船乗りの妻編む毛糸太きかな/今泉貞鳳

膝の上が女の世界毛糸編む/伊丹三樹彦

毛糸編む一つの色にあいてきし/堤澄女

胸おくに第九奏でて毛糸編む/石川文子

愛情は泉のごとし毛糸編む/山口波津女

毛糸編む母に習ひし機結び/堀田千鶴子

雲の色地の色毛糸編みからめ/依光陽子

紺毛糸編み山行の計煮つまる/都筑智子

毛糸編みつづけ津軽の海渡る/木村八重

毛糸編む胸中いまだひと許さず/樋笠文

毛糸編む牀の愛猫ゆめうつゝ/飯田蛇笏

毛糸編む愛は受け身の形して/柴田奈美

空想は翼を得たり毛糸編む/嶋田摩耶子

戦や子に手ほどきの毛糸編/加藤知世子

俳句例:81句目~

白毛糸編むと手濯ぎ来て坐る/大橋敦子

青い鳥ゐるを信じて毛糸編む/菖蒲あや

毛糸編む短い返事ばかりして/谷口桂子

毛糸編み急ぐ心に今日も暮れ/高濱年尾

手を洗ひ来りて白き毛糸編む/高橋笛美

青春のいま静のとき毛糸編む/山田弘子

毛糸編む女をやめてから久し/櫂未知子

毛糸編む妻に戦火の遠けれど/岸風三楼

港で編む毛糸続きは故郷で編む/大串章

毛糸編む一縷の望絶つまじく/香西照雄

毛糸編む手さへ肩さへ細りけり/秦豊吉

銀婚の妻その孫に毛糸編む/百合山羽公

編棒をさせばおちつく毛糸玉/栗生純夫

夫とゐて心独りの毛糸編む/宍戸富美子

新雪の山見えて居り毛糸編む/田中冬二

足もとに鳩を遊ばせ毛糸編む/茂里正治

身ごもれる子に純白の毛糸玉/渡部良子

冬晴れのこの明るさに毛糸編む/角川春樹

子へ孫へことに曾孫へ毛糸編む/都筑智子

宝石を欲しがらぬ指毛糸編む/帰来ふじ子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ