季語/鷹匠(たかじょう)を使った俳句

「鷹匠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷹匠」について

【表記】鷹匠

【読み方】たかじょう

【ローマ字読み】takajo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鷹師(たかし:takashi)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鷹匠を含む俳句例

鷹匠の蒲脛布もて足固め/関俊雄

鷹匠や人を嫌ひて吊洋燈/村上麓人

鷹匠は聞く大鷹の告白を/対馬康子

鷹匠の涕すすり込旭かな/井上井月

鷹匠は母郷の空を裏返す/平尾知子

鷹匠の系図を蔵し狩の宿/島谷王土星

鷹匠の虚空に据ゑし拳かな/橋本鶏二

初月の鷹匠町に来てゐたり/関戸靖子

鷹匠の足ごしらへの蒲脛巾/清崎敏郎

鷹匠が二人一人は鷹を手に/京極杞陽

歩きつゝ鷹匠小手を確かむる/森田峠

鷹匠の鷹を据ゑたる腕かな/清崎敏郎

遠目して鷹匠弓子掲げ立つ/加藤耕子

雪沓の鷹匠誰も跡継がず/百合山羽公

手負鳥深追ひせざる鷹師かな/森田峠

鷹匠のはしりつぎたる清水かな/徐寅

鷹匠の五十越したる寒かな/横井也有

鷹匠の声を聴きゐる槊の禽/宮田祥子

鷹匠の妻も朱綱の鷹放つ/佐藤林太呂

鷹匠の指さしこみし鷹の胸/橋本鶏二

俳句例:21句目~

鷹匠の放ちし鷹の日に光り/田中王城

ポプラ立つ土手を一列鷹匠ら/京極杞陽

三日はや鷹匠の目に戻りけり/宮坂静生

荒鷹もその鷹匠も頭巾かな/彦根-朱廸

鷹匠のまなざし眉は白けれど/清崎敏郎

鷹匠の指の撓ひし合図かな/藤田鶴之丞

鷹匠の顔せに紐を垂らしたり/橋本鶏二

鷹匠の鷹なくあそぶ二月かな/安東次男

鷹匠の日の出日の入り鷹と在り/上村占

鷹匠のひとりは風を測りをり/中村翠湖

鷹匠は風を見ることいと敏し/京極杞陽

鷹据ゑし鷹匠の目も発つ構へ/太田昌子

手に据へて鷹匠鷹と息合わす/梶田ふじ子

鷹匠の目の鋭さをもてりけり/田村ひろし

鷹匠のにぎりこぶしは鷹支ふ/阿波野青畝

鷹匠のいつくしみつゝ厳しき眼/山田凡二

翔けもどり鷹師を掴む鷹の爪/平井さち子

夕づつの野より鷹匠消えにけり/阿波野青畝

鷹匠の鷹にきびしき二た三言/坊城としあつ

鷹匠らうれしさうなるかほをして/京極杞陽

俳句例:41句目~

鷹匠の老いて威のある鷹づかひ/川津ひな子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ