季語/凍死(とうし)を使った俳句

「凍死」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「凍死」について

【表記】凍死

【読み方】とうし

【ローマ字読み】toushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・凍え死(こごえじに:kogoejini)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

凍死を含む俳句例

凍死ぬ身の暁や樽たたき/其角

凍死の躯ちひさし籠の鳥/上村占

片膝をついて深雪や凍死人/紅実

凍死体運ぶ力もなくなりぬ/原田喬

東あり望楼がある凍死体/寺田京子

いざさらば花吹雪まで凍死行/仁平勝

一山の凍死の記録棚にあり/奧坂まや

凍死者に朝の太陽躍り出づ/結城昌治

梅林の蜂舎ころころ凍死蜂/右城暮石

足迹や凍死者耳朶に血一痕/北野民夫

アイゼンの片方がなし凍死人/小林樹巴

凍死また美し食事の席にゐて/細谷源二

凍死人つけし守の金ン耀らひ/宮武寒々

凍死人常に微笑を湛ふちふ/相生垣瓜人

凍死人戸隠の神救ひ得ざりし/福田蓼汀

凍死人枯木ほどにも惜まれず/大場白水郎

虚空にて凍死の者のむさし出身/阿部完市

さながらと眠るが如と凍死哭す/中村草田男

凍死しようか情死するには髭剛き/細谷源二

凍死人見てきしことを阿蘇の湯女/小坂蛍泉

俳句例:21句目~

地のはてに山わだかまり凍死せる/森川暁水

ランドセル背負ひしまゝの凍死子よ/小中忽思

死ぬる方法凍死ときめて寝につけり/栗林千津

ひらき直つてみても凍死といふほかなし/岩田秀一

凍死があつたという朝の地の氷をふむ/吉岡禅寺洞

凍死者のたましいが一枚のむしろの下から昇天する/吉岡禅寺洞

凍死者にかゝわりなくデパートは胡の煙をこくあげている/吉岡禅寺洞

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ