季語/花(はな)を使った俳句

「花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花」について

【表記】花

【読み方】はな

【ローマ字読み】hana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の花(はるのはな:harunohana)

・春花(はるばな:harubana)

・花の雲(はなのくも:hananokumo)

・花房(はなぶさ:hanabusa)

・花片(はなびら:hanabira)

・花の姿(はなのすがた:hananosugata)

・花の香(はなのか:hananoka)

・花の輪(はなのわ:hananowa)

・花の友(はなのとも:hananotomo)

・花の主(はなのあるじ:hananoaruji)

・花笠(はながさ:hanagasa)

・花の庭(はなのにわ:hananoniwa)

・花の門(はなのもん:hananomon)

・花の都(はなのみやこ:hananomiyako)

・花明り(はなあかり:hanaakari)

・花盛り(はなざかり:hanazakari)

・花便り(はなだより:hanadayori)

・花の露(はなのつゆ:hananotsuyu)

・花朧(はなおぼろ:hanaoboro)

・花の陰(はなのかげ:hananokage)

・花の奥(はなのおく:hananoku)

・花の名残(はなのなごり:hananonagori)

・花を惜しむ(はなをおしむ:hanaoshimu)

・花埃(はなぼこり:hanabokori)

・花の錦(はなのにしき:hananonishiki)

・花の色(はなのいろ:hananoiro)

・花の粧(はなのよそおい:hananoyosoi)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

花を含む俳句例

松山の間々や花の雲/園女

常香も煙絶けり花の山/鉄九

花盛り人の後へ入日哉/田福

足摺や宿守法師花の山/和鶴

花の雲鐘は上野か浅草歟/芭蕉

日日の屎だらけ也花の山/一茶

花の雲言問団子桜餅/正岡子規

黒々と幹走り居り花の中/篠原

山茶花や雀顔出す花の中/青蘿

肴屑俎にあり花の宿/高浜虚子

葛飾の郡はなれし花の雲/杉風

花月夜佛の妻を誘ひ出す/神蔵器

花月夜西行思ひ父憶ふ/大橋敦子

鎌倉の空紫に花月夜/松本たかし

竹林の奥の厠や花の寺/橋本鶏二

花の寺少女の笑ひ二間越ゆ/龍太

花の寺末寺一念三千寺/高浜虚子

遅桜一本ありぬ花の寺/野村泊月

花明り孔子を祀る素読堂/下田稔

人通り淋しき処花の宿/京極杞陽

俳句例:21句目~

櫛の歯をひく人足や花の宿/宗外

馬盥に轡洗ふや花の宿/井上井月

結願の杖千本に花明り/毛塚静枝

総門の奥花明り増上寺/高澤良一

髪むすぶ天井高き花の宿/大高翔

奥付の月日驚く花明り/都筑智子

花の中鐘真黒な音を出す/桂信子

花の中雪片こほる椿かな/中田剛

雀来て障子にうごく花の影/漱石

咲く花の遠目知人や峯の雲/露山

花の雲大和河内の夕けむり/紫洞

谷底の宿を埋めし花の雲/安原葉

野施行の心は空に花の雲/斎藤玄

樓の獨は老や花月夜/松根東洋城

本丸に立てば二の丸花の中/上村占

滝神に飛ばす賽銭花の雲/高井北杜

稲妻や天の一方に花の山/藤野古白

花明りして人体に穴無数/折笠美秋

桃山も伏見も匂へ花明り/筑紫磐井

花明りして遠き日の肩車/芝山吉宣

俳句例:41句目~

花の雲一塊とべる峰の嶮/河野静雲

一合の地酒を分ち花の宿/近藤一鴻

花の雲鳩は五色に舞ひあそぶ/茅舎

雷神の一隠見や花の山/徳永山冬子

花明り蛙もなかぬ心字池/川端茅舎

生霊も死霊も花の雲の下/篠塚佐郷

声明は我胎内に花明り/伊丹さち子

物干や夜着かかへ出て花の雲/岱水

峰の寺花の篝を焚き初めし/早川豊

玄猿の一幅を下げ花の宿/藤岡筑邨

花の山めぐり歩けり小盗人/上村占

花の山一巡りして檀用へ/磯辺芥朗

池にある藤棚低く花の宿/高木晴子

花の山三椏の咲く谷ひとつ/日原傳

藪よけて花の山見る縁柱/西山泊雲

西行の命終の夜の花明り/加藤房子

花の雲十二神将踊るかな/赤嶋千秋

会下僧旅だつ跡や花の雲/立花北枝

花の雲世を一ぱいの入日かな/卯七

麓まで米貰はばや花の雲/内藤丈草

俳句例:61句目~

花の雲一条の滝その上に/千原草之

先へ来て友にしのぶや花の山/文長

大夫格子せめては暮を花の山/調鶴

鶴の毛の黒き衣や花の雲/松尾芭蕉

逢坂は関の跡なり花の雲/服部嵐雪

観音のいらか見やりつ花の雲/芭蕉

焼酎やあたまへあがる花の山/立独

雲中をあゆむ思ひや花の山/石嶌岳

命断つ思切つたる花の中/瀧井孝作

花の中切り札掌にし忌む/加藤郁乎

花の中科学博物館を置く/遠藤梧逸

花人となり花の中人の中/嶋田一歩

葉桜の中ゆかし花の中/高井几董

鴬のたまたま啼や花の山/與謝蕪村

鳥よりも人よく遊ぶ花の山/高澤良一

縊らんとせし鶏に花明り/佐々木六戈

群れ墓に花明りして曽良の墓/杉本寛

耳垢も目刺のわたも花明り/橋石和栲

花の山鳶の乗り来し嵐雲/島村元句集

花明り仏も鹿も薄眼して/伊丹三樹彦

俳句例:81句目~

吉野なる花の雲踏み来し足か/小澤實

稚児達に晝風呂わきぬ花の寺/原石鼎

男なれば胡坐かきたり花の寺/松本旭

鳥ごゑに奥行き深き花の山/高澤良一

花明り夕映の黄が退りつつ/香西照雄

花盛りきけば万歳山といふ/吉田澗城

花の山常にながるる井戸ひとつ/諷竹

雨聞いて枕につきぬ花の宿/清原枴童

見通して奥行のある花の山/高澤良一

初花の寺に四五人女客/有働/清一郎

七百の無縁の仏余花の寺/大賀/賢子

蝉丸が琵琶を所望の花明り/筑紫磐井

をととひはあの山越えつ花盛り/去来

言立ては蝦蟇の膏や花盛り/野村喜舟

花の宿父を愛せし人に逢ふ/横山房子

人体冷えて東北白い花盛り/金子兜太

雨ながら今此の時の花盛り/高浜虚子

鳥の巣も共に一家や花盛り/松瀬青々

花月夜幹退いてをりにけり/山田弘子

からくりの木偶翻る花の山/加藤耕子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ