季語/唐辛子(とうがらし)を使った俳句

「唐辛子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「唐辛子」について

【表記】唐辛子

【読み方】とうがらし

【ローマ字読み】togarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蕃椒(とうがらし:togarashi_)

・南蛮(なんばん:namban_)

・南蛮胡椒(なんばんこしょう:nambankosho)

・高麗胡椒(こうらいこしょう:koraikosho)

・天井守(てんじょうもり:tenjomori)

・さがり(さがり:sagari)

・天竺まもり(てんじくまもり:tenjikumamori)

・鷹の爪(たかのつめ:takanotsume)

・ピーマン(ぴーまん:piman)

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

唐辛子を含む俳句例

新涼や豆腐驚く唐辛子/普羅

闘鶏実を倒や蕃椒/高橋馬相

今一奮発~唐辛子/高浜虚子

枝々に別るる秋や唐辛子/酒堂

腸に酒の爛れや唐辛子/小杉余子

秋深し日暮れの畑の唐辛子/龍男

真白な皿に一本唐辛子/中嶋秀子

百姓の重き足過ぐ唐辛子/岸田稚

和尚芋寺男唐辛子かな/小杉余子

風幾重唐辛子畑ほの泛ぶ/岸田稚

西瓜さへ表は青し蕃椒/正岡子規

蓑虫の鳴く時蕃椒赤し/子規句集

五月雨や硯箱なる番椒/服部嵐雪

唐辛子泪枝折や鬼の角/井原西鶴

波だちし刹那の空気唐辛子/斎藤玄

お年忌のくる軒先に唐辛子/原田喬

片意地を通し捻れて唐辛子/長田等

唐辛子つれなき人に参らせん/百池

買初にかふや七味唐辛子/石川桂郎

米櫃に米屋が呉れし鷹の爪/森重夫

俳句例:21句目~

細きかな縁切寺の唐辛子/有馬朗人

老僧の古りし箱膳唐辛子/古賀虹坡

唐辛子真昼影なき海の音/秋田志峯

葉陰なる花蕃椒なき如く/稲畑汀子

蕃椒広長舌をちゞめけり/子規句集

蚊柱や青唐辛子焼く匂ひ/大谷句佛

鶏頭やされども赤き唐辛子/森澄雄

赤鬼も青鬼もゐて唐辛子/藤岡筑邨

軒先に唐辛子垂れ癩一家/菖蒲あや

辛辣の質にて好む唐辛子/高浜虚子

わが胸に阿修羅一本唐辛子/関礼子

雪沓に唐辛子入れ山の僧/河村静香

唐辛子二束八十歳の朱さ/和知喜八

唐辛子鮮烈人に遇はぬ村/和田祥子

三つちぎり得させよ青き蕃椒/蕪村

喰かゝり残すべからず唐辛子/来雨

世を疎み奥の柱に唐辛子/古館曹人

奥久慈の野の叫喚は唐辛子/松本進

京は今愚庵の柚味噌蕃椒/寺田寅彦

尼寺の戒律こゝに唐辛子/高浜虚子

俳句例:41句目~

今日も干す昨日の色の唐辛子/林翔

唐辛子暗き色もて爭へり/松村蒼石

悪の利く女形なり唐辛子/子規句集

新米に葉唐辛子を目分量/高澤良一

古釘や今年はつるす蕃椒/会津八一

時雨るるや古き軒端の唐辛子/炉柴

いつこくに徹す棟梁唐辛子/高木静花

補陀落や曲り角には唐辛子/柿本多映

蕃椒人は奢りて老いにけり/倉田萩郎

母方の山遠くする唐辛子/小島千架子

煮る前の青唐辛子手に久し/日野草城

唐辛子山の入日は色濃くて/福西一刀

漬物に主人が世話や蕃椒/赤坂美代女

唐辛子沢山干して恐ろしき/遠藤梧逸

唐辛子風筋軒をうかがへる/河野南畦

とりもちて蕃椒枯れそ唐錦/飯田蛇笏

とり入るゝ夕の色や唐辛子/高浜虚子

料峭や藁でくくりし鷹の爪/佐藤信子

ほんものよ復元村の唐辛子/奈良文夫

みづからの辛さで曲り唐辛子/檜紀代

俳句例:61句目~

色に出る前の唐辛子の気持/清水径子

真紅とは瞼にともる唐辛子/中村明子

一聯の世にも真赤な唐辛子/遠藤梧逸

一莚唐辛子干す戸口かな/河東碧梧桐

秋風の八方に吹き唐辛子/柴田白葉女

地蔵会の日暮に赤き唐辛子/角川春樹

唐辛子溂としていびつなり/中嶋秀子

何見るとなく水上の唐辛子/飯田龍太

冬ざれの牛に真赤な唐辛子/大貫弘司

唐辛子烏の嘴程赤きかな/広江八重桜

滝津瀬に獲しならね唐辛子/尾崎迷堂

唐辛子ぐいぐい曲り爺婆村/熊谷愛子

干し上げて漆びかりや唐辛子/浅井啼

唐辛子必ず畝のはしにあり/鈴木花蓑

秋すでに種唐辛子その夕日/草間時彦

唐辛子は赤し新酒は酒倉に/田中冬二

墓裏の人の背に似る唐辛子/古舘曹人

盗みたる新酒の味や唐辛子/寺田寅彦

唐辛子まだ芯青く灘へ干す/尾崎隆則

白馬の辛さはからし唐辛子/会津八一

俳句例:81句目~

唐辛子一ツ二ツは青くあれ/正岡子規

登校のこゑを好める唐辛子/飯田龍太

心して塵に染まらぬ鷹の爪/高澤良一

唐辛子両手にうけて立話/相生垣秋津

唐辛子忿怒の口を押へ込む/佐原トシ

唐辛子思ひこなさじ物の種/松尾芭蕉

唐辛子絲瓜の國を忘るゝな/寺田寅彦

唐辛子勾玉吊りに飛鳥みち/長谷川翠

唐辛子千枚漬に染みにけり/瀧井孝作

唐辛子台風すぎし天を指す/水谷晴光

父病みて火種のごとき唐辛子/上田操

燗もせぬ新酒の味や唐辛子/寺田寅彦

唐辛子君子庖厨に遠からず/寺田寅彦

母下げし高さに赤し唐辛子/田中愛子

唐辛子日に~秋の恐ろしき/子規句集

牛小屋の夜からからと唐辛子/中拓夫

松過やよろづに七味唐辛子/岸本尚毅

唐辛子雲を流浪の塊と見し/斉藤夏風

那須野過ぐ芒のあとの唐辛子/森澄雄

隠さぬぞ宿は菜汁に唐辛子/松尾芭蕉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ