季語/唐辛子(とうがらし)を使った俳句

俳句例:201句目~

唐辛子はづして鯊を吊りかふる/伊丹丈蘭

秋の日の弱りし壁に唐辛子/阿部みどり女

乾らびゆくものに土蔵と唐辛子/廣瀬直人

上むいていろいろの赤唐辛子/内田/じすけ

唐辛子色に出でたり花圃荒るゝ/五十嵐播水

唐辛子一絲まとはず熟れにけり/田川飛旅子

唐辛子わすれてゐたるひとつかな/加藤楸邨

唐辛子少女にげ腰にて干しをり/加藤知世子

熟れいろのにはかにしげき唐辛子/飯田蛇笏

日かげりて朱けのしづまる唐辛子/塚原麦生

目に見えて夜がちかづく唐辛子/木附沢麦青

唐辛子吊りて百姓の喪はながし/榎本冬一郎

からき身を責めあからむる唐辛子/平井照敏

唐辛子一途に嫁きてしまひけり/板谷清太郎

唐辛子日暮は海女も子に帰る/野見山ひふみ

われを知る妻にしくなし葉唐辛子/富安風生

唐辛子干す手きびきび坑夫の妻/加藤知世子

踏み入りし足ほかほかと唐辛子/加藤知世子

きじやうゆの葉唐辛子を煮る香かな/草間時彦

青唐辛子シルクロードの汽車揺れて/兼近久子

俳句例:221句目~

逆さ吊りに唐辛子乾し血を降ろす/田川飛旅子

怒り型なる唐辛子真赤くふもならず/加藤知世子

母をいじめていわれなき日や唐辛子/津沢マサ子

タイトルとURLをコピーしました