季語/冬眠(とうみん)を使った俳句

「冬眠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬眠」について

【表記】冬眠

【読み方】とうみん

【ローマ字読み】tomin

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬眠を含む俳句例

鋼なす道一筋の冬眠村/岸田稚

冬眠す大道芸の帽子中/対馬康子

金色の蛇の冬眠心足る/加藤楸邨

冬眠の蛙道風は神となり/丸山海道

冬眠の虫も聖堂近く居む/村越化石

冬眠す蛙の鼠蹊おもはるる/中田剛

冬眠の虫を蔵して切株は/村越化石

冬眠に入る北山の杉の精/大島民郎

冬眠のごと奥阿蘇に峡籠/河野扶美

蝸牛玉と変りて冬眠す/百合山羽公

鰻池鉄管曲げて冬眠す/百合山羽公

新月の仄めく艇庫冬眠す/飯田蛇笏

冬眠の鰐巌よりもしづか/福田蓼汀

冬眠の始まる土の匂ひかな/小島健

冬眠の蛇に滅びし社あり/有馬朗人

終止のごとし冬眠の鰐乾く/津田清子

金も小便小僧も冬眠に/阿部みどり女

冬眠の蝸牛やこぼれ龍の髭/下村槐太

冬眠の泥鰌を起し田を起す/堀口星眠

冬眠の虫と別るる片眼向け/村越化石

俳句例:21句目~

冬眠の蛇をおこして蛇遺ひ/有馬朗人

冬眠の蛙ごと一枚田を売れり/山口伸

冬眠の蛙掘り出す井戸を掘り/林栄光

冬眠の蝮のほかは寝息なし/金子兜太

冬眠の蝸牛ときに羨まし/百合山羽公

蝸牛も己に処して冬眠す/百合山羽公

土起しおれば端より冬眠す/高田律子

天敵を穴にのがれて冬眠す/浜渦美好

文鎮へ冬眠に来してんと虫/太田土男

森寒と神冬眠し湖沈む/長谷川かな女

狂気満つ亀冬眠の前ぶれに/対馬康子

獰猛と記され鰐の冬眠す/山口波津女

南無帰命冬眠の亀もくちなはも/上村占

地震来て冬眠の森ゆり覚ます/西東三鬼

冬眠のものの夢凝る虚空かな/竹岡一郎

藁出しにさやと冬眠の蝶零れ/松村蒼石

蛙ら冬眠妻が米とぐ周辺に/磯貝碧蹄館

蜘蛛の囲の主冬眠したるさま/高木晴子

冬眠てふ札をかかげて槽の蛇/窪田英治

眷族は冬眠せるに香具師の蛇/谷野予志

俳句例:41句目~

冬眠すわれら千の眼球売り払い/中谷寛章

冬眠の土中の虫につながり寝る/大野林火

冬眠の地のむらさきに藁を撒く/佐野美智

壷二つの照り冬眠の覚めるころ/栗林千津

蓬莱で冬眠せむとにはあらず/徳永山冬子

戸締りをして冬眠の金見る/阿部みどり女

冬眠せぬ金気魄をかなしめり/殿村莵絲子

顔すこし日へ向け冬眠界のわれ/村越化石

ひとつ灯りてつひにひとつや冬眠村/岸田稚

冬眠を決めかねてをりかたつむり/高澤良一

冬眠のけものの位置と星座かな/佐怒賀正美

冬眠のまま植えられて街路樹とされている/吉岡禅寺洞

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ