季語/梅雨明(つゆあけ)を使った俳句

「梅雨明」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨明」について

【表記】梅雨明

【読み方】つゆあけ

【ローマ字読み】tsuyuake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅雨あがる(つゆあがる:tsuyuagaru)

・梅雨のあと(つゆのあと:tsuyunoato)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

梅雨明を含む俳句例

梅雨明けや影脱ぎ捨てて蝶昇る/林翔

予報官えいと梅雨明宣言す/高澤良一

湖に残りし濁り梅雨明くる/松下芳子

梅雨明けのいの一番の朝雀/清水基吉

妹と東京に逢ふ梅雨明るし/沢木欣一

梅雨明けの鶏を追ふ歩幅かな/今井聖

梅雨明の畳上げたる一夜庵/藤田静古

梅雨明けの一狂者にも人いきれ/原裕

梅雨明けや深き木の香も日の匂/林翔

梅雨明くる雲の饗宴賑かに/遠藤梧逸

辛子黄に梅雨上りけり心太/永井龍男

紫蘇匂ひ多賀城村に梅雨明くる/有働亨

百姓の大きな声に梅雨明くる/木村蕪城

火星にも洪水の痕梅雨明ける/渡辺重昭

沖遠き漁火に梅雨上りけり/金尾梅の門

梅雨明の近き山雨に叩かれて/稲畑汀子

梅雨明けの帽新らしき集金婦/浅見さよ

大手術克服したる梅雨明けぬ/伊東宏晃

小雷病床に梅雨あがりけり/石田あき子

庭石に梅雨明けの雷ひびきけり/桂信子

俳句例:21句目~

牡蠣筏しづかに梅雨の終りけり/大串章

本当は梅雨明けてゐる我が岬/小野元夫

梅雨明けの河口に海の水平線/右城暮石

梅雨あがる同じ顔して鶏百羽/福田蓼汀

梅雨上る潮騒陸にたかぶりて/松村蒼石

鯱の天疑ひもなく梅雨明けし/日比大石

造り溜む桶の杉の香梅雨上る/伊藤敬子

葛少し芒にからみ梅雨あがる/前田普羅

耳鳴か梅雨明蝉かとも訊す/篠田悌二郎

梅雨明の天の川見えそめにけり/加藤楸邨

梅雨明の気色なるべし海の色/笹谷羊多楼

砂浜に棒ひとつ立て梅雨明けぬ/平井照敏

丹の残るインカの仮面梅雨上る/田中英子

光る手のごとき貝がら走梅雨/上田日差子

北上川大濁りして梅雨明けぬ/山田みづえ

半端な月あがりて梅雨の中休み/菖蒲あや

窯変のごとく火の島梅雨明けぬ/野上水穂

笑ひゐてうべなはずをり菜種梅雨/上村占

蒲の花うすうす見えて梅雨終る/松村蒼石

早蝉の絶え入るばかり梅雨上る/前田普羅

俳句例:41句目~

木の匂ひ畳のにほひ梅雨明けぬ/朝倉和江

梅雨あがるすぐに揃ひしごとき蝶/及川貞

梅雨上るらし夕風の太藺うつ/金尾梅の門

梅雨明けて帰化植物に洽き日/下村ひろし

梅雨明けの水に揺れをり竹の影/村沢夏風

梅雨明けのただちに蟻の影の土/井沢正江

梅雨明けの伐るべき枝の荒日射/小澤克己

梅雨明けの夕空に腹ひかる鳥/鷲谷七菜子

梅雨明けや網積む手順子に指図/関森勝夫

梅雨明けの裏富士のこの男貌/雨宮きぬよ

梅雨明けの順序の一つ蟇出づる/池田啓三

梅雨明けや篠懸黄葉の三五枚/楠目橙黄子

梅雨明けや胸先過ぐるものの影/吉田鴻司

梅雨明けや麒麟の首は柵をぬき/杉浦静樹

梅雨明けは木立の風を滝のごとく/松村蒼石

あるきたる足拭いて梅雨上りけり/長谷川双

うしろより忽然と日や梅雨あがる/加藤楸邨

腰据ゑて梅雨明けの山夕日さす/百合山羽公

梅雨明けが間違ひなしの風なりき/高澤良一

罌粟坊主鳴る風に梅雨上りけり/金尾梅の門

俳句例:61句目~

起工式終へし安堵に梅雨明くる/稲畑廣太郎

梅雨明くる黒潮の黒引き締まり/竹本仁王山

梅雨明けの翼自在に尾長鳥どち/石田あき子

子の目にも梅雨終りたる青嶺立つ/谷野予志

雲を負ふ屋久島見えて梅雨明けぬ/小西藤満

梅雨明くる例えばダンボールの色も/岡本眸

梅雨明けぬ市営プールの一帯も/百合山羽公

手花火の子らそちこちに梅雨明けぬ/瀧春一

海より梅雨明けてはためく安全旗/有賀辰見

海亀が頭を上げて見る走り梅雨/上野さち子

梅雨明けて雀の羽音やはらかし/今井杏太郎

梅雨明けず雨夜の煙草ふかしても/高澤良一

無患子の花の空より梅雨明けむ/下村ひろし

梅雨明けし各々の顔をもたらしぬ/加藤楸邨

老斑のうするる梅雨の明けにけり/石川桂郎

蛙音のなか~梅雨の明けきらず/大場白水郎

梅雨明けぬ猫がまづ木に駈け上る/相生垣瓜人

梅雨明けの診察券そわそわ機械から/金城けい

梅雨明けの屑屋と蝶とちらちらす/殿村莵絲子

梅雨明けのもの音の湧立てるかな/本宮銑太郎

俳句例:81句目~

梅雨明けぬつくづく見れば皆疲る/石橋辰之助

穴あかりうごくものゐて梅雨あがり/室生犀星

降って湧きし銭苔長屋に梅雨明けて/香西照雄

梅雨明けしならん木々照り草そよぎ/星野立子

梅雨明けや林の奥のことごとく/阿部みどり女

富士かけて梅雨明け雲の深さかな/大場白水郎

梅雨明けの地図を広げてカーエリア/平上昌子

梅雨明けし今もわびしき夢を見る/相生垣瓜人

梅雨明けの川を越えたるブーメラン/勝田澄子

梅雨明くる旅の奈良なる鴟尾のもと/皆吉爽雨

梅雨明けの夕ベの雑草から牛が顔出す/大橋裸木

目の色も変ふべし梅雨の明けにけり/相生垣瓜人

喜寿といひ梅雨明けと聴くけぢめかな/殿村莵絲子

地震二タ夜梅雨あがる月の澄みやうや/金尾梅の門

あきらめの腫れしまぶたに梅雨明けし/阿部みどり女

緋鯉一つ池ににじみ出て梅雨明けの夕ベの/大橋裸木

遠く鳴きかはす鳥のゐて梅雨あがりし窓の木/大橋裸木

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ