季語/露時雨(つゆしぐれ)を使った俳句

「露時雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「露時雨」について

【表記】露時雨

【読み方】つゆしぐれ

【ローマ字読み】tsuyushigure

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「つ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

露時雨を含む俳句例

神祀る燈明二つ露時雨/福田蓼汀

門前や一本槇の露時雨/松瀬青々

猫拾ひ来て長子立つ露時雨/原裕

朝風の零す旋律露しぐれ/湯川雅

赤玉の木の実も降や露時雨/一茶

露時雨老鶏鶏冠血の色に/川村紫陽

花を葉へしばし授て露しぐれ/青眤

裸灯に生るる暈や露時雨/福田蓼汀

月うらとなる山越や露時雨/原石鼎

みみづくの赤き眼や露時雨/会津八一

凡兆の行方しらずも露しぐれ/神崎忠

垣越の山や松たけ露しぐれ/立花北枝

探鳥のレンズの中の露しぐれ/下田稔

父恋ふる我を包みて露時雨/高浜虚子

明方の夢撫子や露しぐれ/廣江八重櫻

露時雨方十尺を踏ましめず/伊藤観魚

露時雨月代あかり華やかに/西山泊雲

露時雨榎の下の板屋かな/大須賀乙字

露時雨猿蓑遠きおもひかな/石田波郷

三笠山町は日あたる露しぐれ/松瀬青々

俳句例:21句目~

微熱いまひく摂理かや露時雨/川端茅舎

日出でて華やかなりし露時雨/野村泊月

角矯めてなお黒牛や露しぐれ/橋石和栲

露しぐれ一磴欠いて夜の戸口/石川桂郎

露しぐれ鱈下げて手頸現はるる/齋藤玄

露時雨川音しぐれ副へりけり/臼田亞浪

いち早く経済醒める露しぐれ/鈴木六林男

声かけて人の庭ぬけ露しぐれ/稲垣きくの

旭をうけつゝ軒端の椎や露時雨/西山泊雲

袖つまにもつれし雲や露時雨露/服部嵐雪

真夜中の入谷通るや露しぐれ/大場白水郎

よみがへる抜かれし草や露時雨/軽部烏帽子

煙草すてゝ闇いよゝ濃し露時雨/大谷碧雲居

露しぐれ子を蜜月に入らしむる/赤松ケイ子

露しぐれ詩より命を惜しむ日も/鍵和田釉子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ