季語/秋思(しゅうし)を使った俳句

「秋思」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋思」について

【表記】秋思

【読み方】しゅうし

【ローマ字読み】shushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋懐(しゅうかい:shukai)

・傷秋(しょうしゅう:shoushu)

・秋容(しゅうよう:shuyou)

・秋あわれ(あきあわれ:akiaware)

・秋さびし(あきさびし:akisabishi)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋思を含む俳句例

琴爪に映る篝火秋思祭/山田弘子

木の秋思石の秋思の仏たち/濁水

山鴉鳴けば秋思の神楽面/大島民郎

竹林に石を抛つ秋思かな/山崎きぬ

やや沖に孤礁秋思の水柱/原子公平

奪衣婆の瞳にも秋思か風の中/千冬

一燭に秋思の凝れる大耳佛/角光雄

如意輪の秋思に放恣なる腕/稲岡長

秋淋しおのがつたなき心より/去来

頬杖に深き秋思の観世音/高橋淡路女

鉈薬師鉈もて我の秋思断て/西田/誠

ことごとく秋思十一面観音/鷹羽狩行

曇日の石とむきあふわが秋思/桂信子

退職の秋思罅入り茶碗にも/藤陵紫泡

船の揺れ両手にささへゐて秋思/占/

善福寺池のベンチの秋思かな/皆吉司

ぽろぽろと外す秋思の耳飾/杉野郁世

静けさは子の水鏡われ秋思/中村明子

わが秋思水わたりきし一羽鳩/草田男

文机や秋思のうちの筆撰ぶ/石川桂郎

俳句例:21句目~

盃中に秋思の翳の移りけり/京極杜藻

海荒れのまま暮れわたる秋思かな/脩

秋淋し人の声音のサキソホン/杉本零

秋思濃き仏に己れ空しうす/大橋敦子

白線の内側に佇ち秋思なる/内田美紗

人参酒齢のほどの秋思なる/河野南畦

山々の藍重ねたる秋思かな/廣瀬直人

小面の秋思のひたと我に向く/千原叡子

少年の秋思に雲はかかはらず/田阪笑子

山塊にゆく雲しろむ秋思かな/飯田蛇笏

庭くもり火屑ころがる秋思祭/宮武寒々

この秋思五合庵よりつききたる/五千石

旅恋へば深む秋思のますほ貝/山田弘子

星つぶの深息とあふわが秋思/三橋迪子

ガラス屑しみみと踏むも秋思なる/憲吉

河童が渕河童も秋思に耽る頃/高澤良一

波郷句を切れば血の出る秋思かな/林翔

海上にあり秋思また大いなり/中村明子

パンちぎる一口大の秋思かな/対馬康子

温顔の遷子あらばと秋思の夜/大島民郎

俳句例:41句目~

澤水のつめたさ秋思にも似つる/上村占

白樺をぬけしばらくの秋思かな/岬雪夫

水の上すでに秋思の櫓音過ぐ/伊藤京子

石投げて水の音聴く秋思かな/甘田正翠

秋思にはかに抽出の一書簡/つじ加代子

秋思果て暮るる野面の芯となる/美佐子

空になき翳りを海に見て秋思/菊池洋子

貝割の何とはしらず秋思かな/下村槐太

貝殻に潮騒を聴く秋思かな/川村はるか

秋思濃し河口が海に変るとき/中村明子

共に秋思人見て檻の熊動く/松原地蔵尊

力杖秋思の杖となりにけり/鷲谷七菜子

千手仏一手は胸に秋思の手/日暮ほうし

鞍馬路に石彫る音の秋思かな/大東晶子

塩を置くこんな秋思の入口に/櫂未知子

騎馬俑の眉目と秋思同じうす/山岸治子

大暑過ぎすでに秋思に胸満たす/及川貞

鳥屋の鵜の秋思の翼相触れず/黒田杏子

寬沓と重き秋思や未完の絵/藤本フミ子

あまたなる秋思の石の一つなる/中杉隆世

俳句例:61句目~

人里をさらに離るる秋思かな/中尾寿美子

秋思やがて父母を恋ひをりにけり/蝉之助

健康診断受けて秋思の始まれり/下山宏子

この秋思断つべく海に足濡らす/北澤瑞史

時計打つ秋思の闇をふるはせて/金堂豊子

てのひらを開けば秋思何もなし/佐藤吟秋

漁火のひときは明き秋思かな/鈴木真砂女

墨つぎて秋思の筆に迷ひあり/石川テキ子

アバドいま秋思のかたち緩徐草/橋本榮治

永劫の涯に火燃ゆる秋思かな/野見山朱鳥

眉根寄せ賜ひ秋思の阿修羅像/来栖三代子

不知火の浜の風紋わが秋思/鍵和田ゆう子

並木座を出でて並木の秋思かな/斎藤一也

秋思また飢ゑをともなふ厄介な/大石悦子

秋思濃きロンドン塔の雀たち/大木さつき

秋思湧く井ほとり旅の汗拭けば/皆川白陀

人憎し秋思の胸に釘うちこむ/稲垣きくの

秋思祭禰宜は互ひの影踏まず/竹中碧水史

窓閉ぢて海鳴りを絶つ秋思かな/青木重行

忘れ潮それぞれに照り秋思かな/脇本星浪

俳句例:81句目~

綿飴にたどり着きたる秋思かな/長峰竹芳

藍甕の藍にはじまる秋思かな/市村究一郎

弊衣破帽の秋思小脇に資本論/高木青二郎

秋懐といふも端無く来るらし/相生垣瓜人

開くまで秋思の無音オルゴール/鈴木まゆ

書籍小包の小窓を覗く秋思かな/内田美紗

願ひ懸け鶴に折り込む夜の秋思/古市絵未

目薬の落ちくるまでの秋思なる/内田美紗

鹿せんべい束ねし嵩の秋思かな/内田美紗

寄りあひてはなれて石の秋思かな/桂信子

秋あはれ山べに人のあと絶ゆる/室生犀星

秋あはれ啼く聲をさめ蟲のゐぬ/室生犀星

秋思また波のごとくに寄せてきし/高倉和子

秋思やがて白刃の手入れ始めけり/鈴木鷹夫

秋思やがて紙飛行機となりて翔ぶ/工藤克巳

秋思なきごとし彼方へ路つづき/殿村菟絲子

手相見に呼びとめられし秋思かな/影島智子

秋思祭すみしやすらぎ月にあり/後藤比奈夫

うちつけに水見えてゐる秋思かな/山西雅子

爪切れど秋思どこへも行きはせぬ/細見綾子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ