季語/梅雨空(つゆぞら)を使った俳句

「梅雨空」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨空」について

【表記】梅雨空

【読み方】つゆぞら

【ローマ字読み】tsuyuzora

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅雨の空(つゆのそら:tsuyunosora)

・梅天(ばいてん:baiten_)

・五月空(さつきぞら:satsukizora)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梅雨空を含む俳句例

梅雨空へ三十六峰雲を吐く/滝青佳

梅雨空や水も昔の色ならず/林原耒井

梅雨空に罅はしらせて雷一つ/相馬遷子

梅雨空のずり落ちて来る馬の尻/石寒太

梅雨空の突っかえ棒の外れ月/高澤良一

梅雨空を押上げのぼる観覧車/中里泰子

送電線無限梅雨ぞら鷺倦めり/宮武寒々

梅雨空と吾子の泣声かぶり病む/吉野義子

痢にこやる妻に梅雨空けふも低し/臼田亞浪

梅雨空となるオルガンの踏みごたへ/奥坂まや

梅雨空や独楽屋の独楽のみな横倒れ/細谷源二

風邪永びく梅雨空垂れておびやかす/河野南畦

日が割る梅雨空洗罐婦に水云ひなりに/磯貝碧蹄館

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ