季語/鳩吹(はとふく)を使った俳句

「鳩吹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳩吹」について

【表記】鳩吹

【読み方】はとふく

【ローマ字読み】hatofuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳩笛(はとぶえ:hatobue)

・鳩吹く風(はとふくかぜ:hatofukukaze)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

鳩吹を含む俳句例

鳩吹くや藪山口のつぶら家/暁台

鳩吹や寺領の畑の柿林/正岡子規

鳩吹きて唐招提寺築地道/小坂順子

鳩吹の森の中道分れ行く/内藤鳴雪

鳩吹や雨となりつつ遠ざかる/篠原

鳩吹いて島を離るゝ島育ち/大本正貴

男山鳩吹く松ものどかにて/野上豊一郎

藪陰や鳩吹く人のあらはるる/正岡子規

鳩吹くや篠刈りに来る村の者/数藤五城

鳩吹く風日付の判る時計買ふ/高澤良一

鳩吹や己が拳のあはれなる/松根東洋城

失へる山河鳩吹きのみひびく/小松崎爽青

鳩吹いて昔をかへすよしもなし/清水基吉

鳩吹き吹き小家の横に廻るかな/松瀬青々

鳩吹くや犬は夕日にうづくまる/村山古郷

鳩吹いていよいよ峡の奥に入る/松崎鉄之介

鳩吹く風リフトにひとりぼつちかな/鈴木寿美子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ