季語/梅(うめ)を使った俳句

俳句例:201句目~

白梅や淵よりあがりきたる泡/中田剛

白梅や呵呵大笑のごと夕陽/仙田洋子

梅林や学生寧ろ海を見る/榎本冬一郎

白梅の白きに堪へず鳴雪忌/佐藤紅緑

梅林に雪積む彼岸詣でかな/浦野栄一

白梅や喉元過ぎて一海あり/桑原三郎

耕さぬ人に見らるゝ野梅哉/高井几董

梅林の蜂舎ころころ凍死蜂/右城暮石

臥竜梅からくり人形展開図/高本紅女

白梅や父に未完の日暮あり/櫂未知子

白梅やごそと崩れし崖の土/島田青峰

自家倒壊の大震難や白梅忌/永田耕衣

白梅や皇族下馬と筆大なり/寺田寅彦

色として白梅の白なかりけり/齋藤玄

白梅の枝伝ひなる谷戸の風/高澤良一

白梅や禰宜の姿で電話かく/北野民夫

蕾見てをり紅梅か白梅か/鈴木須美生

梅林の入口この世にひらき/宗田安正

盆梅のさかりの白き夕かな/安藤立詩

梅林の光りて落つる雨雫/山内年日子

俳句例:221句目~

空問は梅林を容れなお余る/和田悟朗

酒買の戻りは樽に野梅かな/内藤丈草

盆梅に雪玉吸はせ炉辺の春/西本一都

暮れそめてにはかに暮れぬ梅林/草城

白梅も紅梅も雨遍路かな/佐々木六戈

盆梅が満開となり酒買ひに/皆川盤水

梅林に干大根の痩せてをり/高木晴子

白梅や蕊の黄解けて真盛り/鈴木花蓑

点眼のしみて盆梅紅うるむ/福本天心

梅園や誰もひろはず捨て扇/飯田蛇笏

炭を焼く煙いちにち梅林へ/宮田正和

梅園や雲ゆく月の十日ごろ/飯田蛇笏

梅林の端をあたゝむ雑木林/右城暮石

梅林の今日ヘだたりて荒田打/斎藤玄

雑木原白梅ぬれて鵯の啼く/飯田蛇笏

梅林の疎密を透きて浪幾重/福田蓼汀

月ひかりだすまでゐたり梅林/飴山實

白梅やまなじり寒き多聞天/角川春樹

正午とは梅林表裏入替はる/後藤立夫

白梅は枝さし交し日は微塵/福田蓼汀

俳句例:241句目~

梅林の梅ケ枝空へ地へ烈し/京極杞陽

白梅の月夜となりし墓詣り/中川宋淵

白梅や賤が軒端のこぼれ種/井上井月

白梅の放屁声をば拭うなり/永田耕衣

鷺さはに水の下総野梅咲く/石原舟月

梅咲くや十国颪沖を打ち/佐野青陽人

梅林を上りてきたる海鼠捕/斉藤夏風

梅咲くや米に酒買ふ藪の家/僧-如円

梅咲けり少年院の高囲ひ/文挟夫佐恵

墨の番や奈良の都の古梅園/夏目漱石

白梅や道を説くなる人淋し/島田青峰

白梅の夕べほつほつ歩きかな/石嶌岳

白梅の蘂に光つてゐたる蝿/岩田由美

梅散つて指より細き佛かな/会津八一

白梅の薄紅梅の暮色かな/片山由美子

白梅や風蘭なぞを幹の老/東洋城千句

梅散りて古郷寒しおぼろ月/松岡青蘿

門前やまづ老梅の一木あり/高野素十

白梅の余白の余命我に在り/永田耕衣

百齢を越える酒蔵梅ひらく/手塚美佐

俳句例:261句目~

竹藪へ透明な距離梅咲けり/川村紫陽

紅白に空を分ちて梅ひらく/高橋悦男

耕や梅咲き初めの終りまで/尾崎迷堂

白梅やたしかな家もなきあたり/千川

白梅や小桶乾ける夕まぐれ/野村喜舟

白梅や鯉の水面のうすぼこり/石嶌岳

梅林に突如湧きたる笑ごゑ/高澤良一

雪催ふ江の黝々と梅ひらく/松村蒼石

白梅をはなれてありぬ昼の月/飴山實

鳥さしを尻目に藪の梅咲ぬ/蕪村遺稿

鶲来てふと見し枝は梅咲けり/及川貞

鷺さはに水の下総野梅咲く/石原舟月

白梅の日向にゐたり船大工/大峯あきら

白梅の水に映らぬところなし/岩田由美

白梅の白を持さんと帯ぶる蒼/大橋敦子

白梅の白を食べたる鳥のこゑ/関戸靖子

白梅の盛りの枝の飛沫くごと/西村和子

白梅の老木のほこり今ぞ知る/高浜虚子

白梅の莟と花といりみだれ/長谷川素逝

白梅の蘂ぱつちりと雨後の山/高澤良一

俳句例:281句目~

白梅は坂なりにして別れけり/田中裕明

白梅やちるさへ青き苔のうへ/立花北枝

白梅やわすれ花にも似たる哉/蕪村遺稿

白梅や北野の茶屋にすまひ取/與謝蕪村

白梅や旅装でもどる通夜の家/橋本榮治

白梅や機婦にねたまぬ花一重/高井几董

白梅や焔中にひろふ喉ぼとけ/鈴木貞雄

白梅や生れきて乳を強く吸ひ/名取里美

白梅のひともとゆゑに崖の家/川崎展宏

白梅や臥せば満身創痍なる/上野さち子

白梅や語られずとも師に近し/影島智子

白梅や雨後の山気の透明に/徳永山冬子

白梅をくぐり抜けては紅梅ヘ/原コウ子

白梅を塗りつぶしたるごとき家/大串章

白梅乏く鴉飛び交ふ翔び違ふ/高島征夫

紅梅と白梅咲いてすぐに川/高橋謙次郎

紅梅の咲き白梅をはるけくす/野澤節子

紅梅も白梅もよしまだ死ねず/木村敏男

紙づつみほどける音を白梅に/高澤良一

胸白き鳥来て枝垂梅こぼす/町田しげき

タイトルとURLをコピーしました