季語/夜光虫(やこうちゅう)を使った俳句

「夜光虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜光虫」について

【表記】夜光虫

【読み方】やこうちゅう

【ローマ字読み】yakochu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・しき(しき:shiki)

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夜光虫を含む俳句例

纜に躓く波や夜光虫/小池森閑

団蔵の終焉の海夜光虫/大橋敦子

夜光虫古鏡の如く漂へる/杉田久女

鞆の夜の夜光虫にも旅心/高濱年尾

船員が又物捨てに夜光虫/高濱年尾

夜光虫海にかなしき物語/福田蓼汀

洞の壁波打ちのこる夜光虫/原柯城

本船に通ふ伝馬や夜光虫/中原花鳥

殉教の島夜光虫数しれず/辻田克巳

夜光虫船腹より吐く水に湧く/篠原

夜光虫夜の舷に吾は倚る/橋本多佳子

夜光虫尚漕ぎ戻る船のあり/高野素十

客船の闇やはらかき夜光虫/安田晃子

夜光虫燃ゆる底より抜錨す/猪島蘇風

夜光虫身に鏤めて泳ぎたし/右城暮石

橋立の内つ海なる夜光虫/鈴鹿野風呂

夜光虫杖の先なる浪がしら/岡田耿陽

夜光虫枕の下をただよへる/橋本榮治

一湾の月下なりけり夜光虫/中島斌雄

夜光虫眠れる家は安らけく/福田蓼汀

俳句例:21句目~

夜光虫したたらせ運ばるる/朝倉和江

横たはる礁はそれと夜光虫/高濱年尾

纜をたら~おちぬ夜光虫/井上烏三公

纜のゆるみつ張りつ夜光虫/井門/伸

一漕ぎに千の星降る夜光虫/石本秋翠

玄海の今宵も荒し夜光虫/栗原みよ子

浪騒ぐ礁の見ゆれ夜光虫/水原秋桜子

月昏き小木の港の夜光虫/鈴鹿野風呂

夜光虫をりし礁に今朝の波/清崎敏郎

流人島の墓灯流れ来夜光虫/石原八束

昨日今日船便りなし夜光虫/高野素十

夜光虫体臭しるく残りけり/大庭紫逢

夜光虫燃え天上に銀河濃く/木村蕪城

船は今対馬にそひぬ夜光虫/高濱虚子

環礁に飛び散る波の夜光虫/合田丁字路

甲冑にくるたましいの夜光虫/和知喜八

たましいは行き航跡の夜光虫/和知喜八

籠揚げて膝にこぼるる夜光虫/中村翠湖

蜑が戸に高潮ふけぬ夜光虫/水原秋桜子

足もとに走せよる潮も夜光虫/杉田久女

俳句例:41句目~

高浪のいただきを染め夜光虫/橋本鶏二

籠の目を噴き出す潮や夜光虫/岡田耿陽

みな陸を向き陸前の夜光虫/高野ムツオ

一条が舟につながる夜光虫/米澤吾亦虹

一湾の縁のかなしみの夜光虫/鷹羽狩行

五月はや舳にはやる夜光虫/佐野まもる

十月の浪はくだけず夜光虫/軽部烏頭子

夜をかけて海の呼ぶ声夜光虫/野澤節子

夜光虫したたる櫂を収めけり/工藤義夫

夜光虫ゆるるは海の吐息かな/倉田素香

夜光虫乳房ふくらむ頃に見し/対馬康子

夜光虫医師を迎への船おろす/村田眉丈

夜光虫岩を蝕ばむごとく燃ゆ/大野林火

夜光虫恋には恋のあかし欲し/仙田洋子

夜光虫掬ひこぼるる波の上/村中/美代

夜光虫泊り重ねて隠岐にあり/細田恵子

夜光虫波の言葉を語りけり/徳永山冬子

夜光虫石投げて父母遠かりき/山崎明子

夜光虫破船の闇のがらんどう/黒木野雨

夜光虫闇に殺意のあるごとく/西岡正保

俳句例:61句目~

夜光虫闇より径があらはれ来/加藤楸邨

尼御前の消えたる浜の夜光虫/木村孝子

島唄は待つ恋ばかり夜光虫/益本三知子

廃船に波のつぶやき夜光虫/遠藤若狭男

引く潮について戻れず夜光虫/大島蘇東

波を手に掬へば消ゆる夜光虫/清崎敏郎

波懈きひかりも秋の夜光虫/篠田悌二郎

海をあがる股間一滴の夜光虫/三橋敏雄

海底に死者居て夜光虫光らす/菅八万雄

漂へるものゝかたちや夜光虫/岡田耿陽

かたむきて海ながれゐる夜光虫/萩原麦草

夜光虫真黒き島が来て過ぎぬ/山口波津女

なほ底に深くきらめく夜光虫/今井千鶴子

ふるさとに帰りし娼婦夜光虫/成瀬桜桃子

濤うらの嘆きの洩るる夜光虫/つじ加代子

ふるさとは心のよりど夜光虫/鈴木真砂女

まなぶたを風がそだたく夜光虫/深谷雄大

大勢で来て夜光虫燃えたたす/島田たみ子

夜光虫眠るを覚まし櫓を漕げり/秋光泉児

泳ぎ来て髪にとゞめし夜光虫/黒坂紫陽子

俳句例:81句目~

夜光虫燃えて平戸の瀬戸荒く/有働清一郎

夜光虫手足の神を呼びおこす/宇多喜代子

夜光虫波の秀に燃え秀にちりぬ/山口草堂

夜光虫一人泣くとき声洩らし/鈴木真砂女

夜光虫掬ひし指を漏りて光る/殿村菟絲子

河口灼けゆうべの夜光虫を見ず/栗生純夫

夜光虫燃ゆるうしろに波が見ゆ/山口草堂

夜光虫のむ息吐けば婀娜熱く/河野多希女

航跡にざうと燃えたつ夜光虫/小原菁々子

仄かにも渦ながれゆく夜光虫/橋本多佳子

わだつみは真夜の闇なる夜光虫/鈴木花蓑

船沈みゆく波がしら夜光虫/坊城としあつ

船音も暮れきし波止の夜光虫/山本登茂子

釣りあぐる穴子はなやか夜光虫/春木狂花

釣り落すものに湧き立つ夜光虫/勝尾艸央

ゆきずりの夜光虫なり始発駅/小野口正江

手にふれて波さざめかす夜光虫/稲畑汀子

夜光虫蚰波の湧けば燃ゆるなり/橋本多佳子

夜光虫燃えゐて家郷まぎれなし/富田みのる

曳き捨てる水尾にきらめく夜光虫/山本暁鐘

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ